精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

最近、血液検査や光トポグラフィーを使って精神疾患を客観的に診断できるという迷信が流行しています。多くの人々は、関連する研究や成果を伝える報道によって完全に勘違いさせられています。私のところにも、今は画像診断などで精神疾患も科学的に診断できるのですよね?と質問がよく来るのですが、それは100%嘘だと返答しています。その理由を説明していきます。

まずはこちらをご覧下さい。統合失調症に対する早期介入の研究を進めてきた東大精神科は、このような研究を発表しました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130913-00000038-mycomj-sci
東京大学医学部附属病院(東大病院)は9月6日、「プロトン核磁気共鳴スペクトロスコピー」という方法を用いて、統合失調症にかかる危険が高い状態にある群、発症後の間もない時期にある群、慢性化している群の、脳内化学物質の濃度を調べたところ、慢性化群のみ、脳の「内側前頭前野」の「グルタミン酸-グルタミン総和」と「Nアセチルアスパラギン酸」の濃度低下が認められたと発表した。

勘の良い人ならすぐに疑問が浮かんだことでしょう。日本で統合失調症と診断され、慢性化している患者で、はたして向精神薬を飲まされていない人などいるのだろうか?慢性化している群とは、向精神薬で散々脳の中をいじくり回された群のことではないだろうか?と。

やはり、言い訳のように付け加えていました。「今回の研究の参加者は統合失調症の治療薬を内服中の患者が中心となっていたことより、治療薬の影響について考慮しながら注意深く解析が行われた。しかし、これらの結果が治療薬の影響から完全に離れ、統合失調症そのものの影響を反映しているかどうかについては確定できないという限界がある。」ということです。

脳に直接作用する向精神薬と、統合失調症と言われる症状と、どちらの方がより脳に影響を与えるのか。普通に考えたらわかることです。

日本で早期介入を進める精神科医らは、精神疾患を放置することがいかに脳に悪影響をもたらすかをしきりに説きますが、長期的な向精神薬服用とどちらの方が脳に悪影響があるのでしょうか?

そして本題です。
同じく東大精神科の笠井教授の研究です
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=84210&cx_text=06&from=yoltop
東大病院など国内7医療機関が光トポグラフィー検査で行った大規模研究(精神疾患の人673人、健常者1007人)によると、臨床診断でうつ病の診断基準が明確に当てはまった人の75%、同じく双極性障害の77%、統合失調症の90%で正確に鑑別ができた。

このような数字に騙され、光トポグラフィーが客観的に精神疾患を正しく判定することができると勘違いしてしまう人がほとんどでしょう。

実は、少し考えたらわかることです。

①そもそも、精神疾患の正確な定義、線引き、診断手法が一切存在しない
ということは、臨床診断が正しいかどうか、光トポグラフィー検査の判定が正しいかどうかすらそもそも評価できないのです。だから、この一致率は診断の正しさを表す数値ではありません。たとえば、DSMを用いてうつ病の診断をする場合、精神科医同士でも診断の一致率はそれなりに高くなりますが、それが診断の絶対的な正確さを示すものではありません。

わかりやすい例を挙げます。女性の「美しさ」とは絶対的なものではありません。主観での評価です。男性間で「美しい」と評価が一致する率はそれなりに高いかもしれませんが、それが絶対的な美しさを保証するものではありません。あるプログラムを作り、女性の美しさを機械で判定するという試みをしたところ、人間が美しいと評価したものと約75%が一致したとします。その試みは興味深いかもしれませんが、それは美しさの測定の絶対的な正しさを示すものではありません。機械による判定を、人間の主観的な評価とそれなりに一致させることができたというだけの話です。

②測定されているのは、あくまで「症状」つまり結果であり、病原ではない
例えば「発熱」は症状です。体温計は「高熱」「微熱」「平熱」を判定してくれますが、その原因を特定するわけではありません。決定的な診断ツールにはならないということです。

③その症状ですら、治療に使われた向精神薬の影響という可能性がある
これが重要なポイントになります。先ほど紹介した、同じ笠井教授の研究と全く一緒です。病気ではなく向精神薬の影響こそが違いを作り出している可能性があります。正常な人が抗うつ薬を飲み続けたら、「うつ病」とされている患者が示す脳画像と同じパターンを示すかもしれません。

したがって、血液検査でうつ病を正しく診断できる、光トポグラフィーで精神疾患を正しく診断できる、音声分析でうつ病を客観的に正しく診断できるなどという主張は100%嘘です。

付け加えるならば、もしも向精神薬の影響ではない具体的な脳の異常(※単なるパフォーマンスの低下や、通常範囲内の分布の偏りではなく、物理的に損傷や欠損などが認められるもの)を正しく判定することができ、そしてその異常が病気の原因であると特定できたとしたら、それは精神科ではなく、脳外科、神経内科等で取り扱うべき問題になります。それはそれで歓迎します。

脳科学、脳研究は確かに発展してきています。様々な測定機器も開発されてきました。それに伴い、精神病理学もさぞかし発展しただろうと皆考えるでしょう。しかし、いくら最新の機器を導入しようが、結局それが何かを解明するわけでもなく、単に非論理的な主張やアプローチの上に科学的装いをほどこしているだけです。そして、一般市民は報道を通してそれを科学だと誤認し、精神科医に誤った期待を寄せるのです。

閉じる コメント(41)

顔アイコン

コピペの嫌がらせでも良いじゃないですか。

>今謝ったらとことん言われそうで

何を甘い事を言っているのかと思いますよ。
とことん娘さんに言わせて、娘さんが両親を許す時がこなければ
解決しない問題です。
そんな事も怖がって自分の保身に走る・・・
自分の事は棚に置いておいておく最低な親だと思いますよ。

2013/9/26(木) 午後 5:48 [ いっつ ]

顔アイコン

ops*jp さんのコピペURL見てきました。
質問者、レスポンス書けば書く程に手の施しようがない。
こちらに書かれたって親の擁護のしようもない。

2013/9/26(木) 午後 5:58 [ いっつ ]

顔アイコン

>勘の良い人ならすぐに疑問が浮かんだことでしょう。日本で統合失調症と診断され、慢性化している患者で、はたして向精神薬を飲まされていない人などいるのだろうか?慢性化している群とは、向精神薬で散々脳の中をいじくり回された群のことではないだろうか?と。

確かにその通りだとは思いますが、逆に統合失調症と診断され慢性化している人に抗精神病薬を使わないで病気がどこまで悪化するかなどという研究が倫理的に許されるのでしょうか。

2013/10/18(金) 午前 5:30 [ kuyki ]

顔アイコン

そのような研究が倫理的に許されるかどうかは別として、統合失調症との診断を受けながら薬物療法を受けなかった群と受けた群との比較研究、あるいは初発急性期で短期間のみ薬物療法を受け、その後は薬を服用しなかった群とその後も維持療法として薬物療法を受けた群を比較した研究ならあります。どちらの研究でも、薬物療法を受けなかった群での回復率が高く、再発率も低かったとされています。また、「統合失調症は放置することで悪化する疾患ではない」とする研究もありますが、そのあたりのことは「心の病の「流行」と精神科治療薬の真実」 ロバート・ウィタカー に詳しいですよ。

2013/10/18(金) 午前 11:41 [ myu ]

myuさん、お久しぶりです。よい情報ありがとうございます。

倫理的には完全に許されるでしょうね。

むしろ、悪化させる麻薬覚せい剤類を使った治療を積極的に行う精神医療従事者の正当化は倫理的道徳的に許されるものではありません。

精神医療従事者が働けば働くほど被害が増えるので、ストリートドラッグの売人と同じ。みんなのために社会から消えて欲しいものです。そのために、大勢に精神医療の問題を伝えていきます。

「ダメな嫁だから教育しなければ。」といって、嫁に家庭内暴力をふるって結局殺しちゃうとか、
「ダメな子だから教育しなければ。」といって、子を虐待して、やはり結局殺しちゃう、とか、

「病気だから、麻薬で治療してあげなければ。」といって、患者を結局殺しちゃう。

そういうのを正当化っていいます。

薬物治療は目に見えにくいだけで、完全な暴力です。
暴力の結果が知りたければ、病院に長期入院している元気ではない患者を観察するとよいでしょうね。
精神医療従事者は観察力が完全に欠落しているので、見ても無駄ですが、一般人にはすぐわかります。

2013/10/18(金) 午後 1:04 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

> satoshiさん

お久しぶりです。

神戸でお会いしてから、もう何年になるでしょう。
あの頃、いくら早期介入の危険性を伝えようとしても、自分の教え子を含めて周囲からは嘲り笑われ、「このすばらしい早期介入研究の邪魔をするな、訴えるぞ」などと脅されるだけで、ほとんど孤立無援の中、CCHR の方々には大量の配布用DVDを頂くなど、力強いご協力をいただきました。

感謝しております。

当時はウィタカーの翻訳本もまだ出版されておらず、一部を訳して発信したものの、ほとんど見向きもされませんでした。

そのことを考えれば、今や天地の差。

DSM−犬諒垰疾嫻ぜ圓任△辰織▲譽鵝Ε侫薀鵐札校畆身が早期介入を批判するようになり、今年の8月にはアメリカ国立精神衛生研究所 (NIMH) 所長のトーマス・インセル氏までもが、「医療介入(薬物療法) のないほうが長期的には予後が良い」とするいくつもの研究結果を踏まえ、NIMH のブログで次のように発信するに至りました。

2013/10/19(土) 午前 5:01 [ myu ]

顔アイコン

つづき

「精神病の初期段階では非常に重要だと思われた抗精神病薬による薬物療法も、長期的には回復の見込みを悪化させているようだ。現在、「統合失調症」と呼ばれるものは、全く異なる軌道をもった複数の障害から構成されている可能性がある。人によっては長期間服薬を続けることが十分な健康を取り戻すことへの妨げとなる可能性があり、また断薬することが悲劇となる場合もある。」
http://www.nimh.nih.gov/about/director/2013/antipsychotics-taking-the-long-view.shtml

2013/10/19(土) 午前 5:03 [ myu ]

顔アイコン

つづき

また先月は、うつ病や不安症、物質使用障害など、非精神病性精神障害についても、「何らの治療的介入なく寛解する傾向が強い」とする研究が発表され、国・行政が取り組む「アウトリーチ・プログラム」には疑問のあることが示されました。
"Common mental disorder diagnosis and need for treatment are not the same"
(一般的精神障害の診断と治療の必要性は同義ではない)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23217846

しかし残念ながら、今もこうした情報は日本の精神科医をはじめ、コメディカルや福祉、教育関係者には十分に共有されているとはいえず、おそらくは"善意の無知"の中で今も数多くの精神医療被害者を生み出しているのだろうと思います。

精神医療の「倫理」を問うなら、一番に問題にすべきは精神科医の薬に関する十分な知識の欠如、そして強制収容・強制服薬という拷問に等しい行為であるというのが私の考えです。

2013/10/19(土) 午前 5:04 [ myu ]

顔アイコン

薬についてネット上であ〜だこ〜だ言うのは無駄。
医者も薬剤師も充分な知識など持っていない。
大人ならそのときそのとき納得できるまで自分で調べるか、信頼できる誰かに尋ねるのは最低限患者の義務。

2013/10/19(土) 午前 10:42 [ - ]

顔アイコン

自分も薬地獄を体験したし、失業もした。新聞配達から初めて半日の仕事ができるようになった。今は必要なときしか飲んでいない。

2013/10/19(土) 午前 11:23 [ - ]

顔アイコン

立派な職ではないが、警備員なら社保つきで月10日勤務、17万くらいもらえる。やる気のない患者には、やる気のない対応しかできないのだろう。精神科医はそう簡単に変わらない。無責任な家族に統合失調症にされる前に気づかないと。

2013/10/21(月) 午前 11:01 [ - ]

myuさん。こんにちは。なつかしいお話です!

いま、自分の書いたボランティア報告書を調べたら、あれは2009/08/23(日) でした。

4年も経ってたんですね。

myuさんの孤立無援感は
メディアの中の人、出版社の中の人、医療関係の中の人、DSMの中の人、みんな、本当の事を見抜いている人は、孤立無援だった当時でしたね。

CCHRも社会の中で孤立無援感はかなり感じていました。

神戸の時は、神戸国際展示場での日本うつ病学会の正面玄関での展示会だったのでゲリラ戦のように盛り上がるものだったですが

実際の所、他の場所での展示会では
何百人と来場があってもDVDが売れる事もほとんどなく、それほど人々はこの問題に真剣になることもなく通り過ぎていく状態。

ボランティア仕事をしても焼け石に水状態だったことを、とてもよく覚えています。

4年後の今、まるで状況は異なってきましたね。

2013/10/21(月) 午後 0:37 [ satoshi_3210 ]

精神医療の真実 聞かせてください、あなたの体験
http://ameblo.jp/momo-kako/
の、かこさんが精神医療問題を伝えまくっていてくださり

精神医療被害連絡会の中川さんも勉強会を全国で開き、

現在おそらく世界初の断薬専門クリニックDDClinic院長の内海さんはラジオや講演会書籍雑誌など多方面でこの問題を取り上げていただき、CCHRのサイクバスターゆずるさんとともに各地で講演会を開いてくれています。
講演会は満員御礼ばかりの様子で、ますます情報が広がっています。

それぞれの人たちが、自身の信じる正しい事を行なう事で、この精神医療問題が異様な速度で多くの人に伝わっていることを感じます。

今まで精神医療に味方してきた方々が正しい情報を知る事で、オセロの駒のようにひっくり返り、精神医療に異を唱える状況です。

これで自殺者数統計と、精神病患者数統計の減少が2013年に見る事が出来たら、状況は完全に逆転してきたと言えるでしょう。

もっともっとこの問題が社会に広がって欲しいものです。

2013/10/21(月) 午後 0:41 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

いつも有難うございます。どの資料も参考になります。

2013/10/22(火) 午前 9:36 [ - ]

顔アイコン

かこさんのブログにもコメントしましたが、非常に気になるニュースがあります。

{オーストラリア サンデー・タイムズ 13日}
電気ショック療法(ETC)や脳の一部を切り取る外科手術(ロボトミー)を、未成年者(14〜17歳)であっても親の承諾なく本人の意思だけで決定できるようになる西オーストラリアの法案に、ヘレン・モートン精神保健大臣も前向きな姿勢であることが、このほどリークされた本人のメモから明らかになった。

「ETCに強力に反対するCCHRなどの団体もあるが、医療従事者や家族からは支持されており、大うつ病や双極性障害には特に効果がある。」

「本人への十分なインフォームド・コンセント、および神経外科医の合意等を含む裁判所の厳格な確認作業も行われる。」

http://www.perthnow.com.au/news/western-australia/wa-government-memo-shows-electro-shock-therapy-laws-to-go-ahead/story-fnhocxo3-1226738867248

2013/10/24(木) 午前 2:56 [ myu ]

顔アイコン

日本でも同じような理屈をつけて今年6月、精神保健福祉法が改正されましたね。

先日、アレン・フランセス氏がオーストラリアについて「Australia's unproven, risky & premature prevention model goes for profit and markets internationally」(実証もなく危険かつ未熟なオーストラリアの予防モデル、利益を追求し、国際マーケットへ)とツイッターでつぶやいた記事には、例の児童青年(12歳〜15歳)を対象にした"ヘッドスペース"早期介入プログラムを、ビジネスモデルとしてアメリカ、カナダ、イギリス、香港、シンガポール、中東に売り出す計画であると述べられています。

http://m.theage.com.au/national/youth-at-risk-in-health-move-20131019-2vtxv.html

三重・長崎・東京などを中心に、すでに「売り出し」前から最前列に陣取り、並ぶ状態の続く日本。

西田、岡崎、そしてカメリア・・・。

危険です。

2013/10/24(木) 午前 2:57 [ myu ]

myuさん、情報ありがとうございます。

精神医療は、西欧では成功して、まあ、だいたい、10%から20%の人を薬に漬けるのに成功したので、今後のビジネス成長として、アジア全土がかなり重要なターゲットになっていると聞いています。

韓国はひどい有様ですし、もちろん日本はかなり重要なターゲットです。

現在のうつ病キャンペーン。

だまされない人が増えないように、情報を伝えたいですね。

2013/10/27(日) 午前 0:40 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

>,修發修癲∪鎖声栖気寮騎里閉蟲繊∪引き、診断手法が一切存在しない

◆↓については、分からない(kebichan55さんの意見が正しいのかも知れない)ですが、,砲弔い討蓮逆に精神疾患の客観的な定義などというものが存在したらどのようになるか、私ならこのように考えます。

内科で血糖値が基準以上ということで、特に症状が無くとも糖尿病と診断するように、精神科で光トポグラフィーなどで異常があるという理由で、特に症状が無くても統合失調症やうつ病と診断され、向精神薬が処方されることになると思いますがこのようなことをkebichan55さんは望んでいるのでしょうか。

精神科が十分に解明されていないという理由でこのような議論ができないと考えるなら、私は内科も十分に解明されていないと思います。

2013/10/27(日) 午後 6:28 [ kuyki ]

顔アイコン

精神医学は宗教弾圧にも活用されています。悪用ではなく活用です。
中村古峡は『大本教に就て』や『大本教の解剖』や『天理教の解剖』などで、その宗教の教主や信者たちは
妄想性痴呆 政治狂 常同症 宗教性妄想患者だと述べています。
ttp://onido.onisavulo.jp/modules/ond/index.php?content_id=166
【『学理的厳正批判大本教の解剖』には東洋大学学長の境野黄洋、哲学者の井上哲次郎、インド学の権威・高楠順一郎、社会主義者の堺利彦、河上肇、国粋主義者の三宅雪嶺などが序文を寄せており、また私が持っている刷では付録として哲学者・姉崎正治による同書への書評が転載されている。彼らはいずれも当時を代表する一流の知識人ばかりである。彼らが中村を支持したということに当時の知識階級一般が大本教に抱いていた反感がうかがえる。】ttp://www.mars.dti.ne.jp/~techno/text/text2.htm 頭にhを付けてくださいね。直リンク回避のためです。

2013/10/27(日) 午後 11:55 [ いじめ被害者 ]

歓迎すると表現したのは、例えば梅毒による精神症状のようなことです。一見して精神疾患ですが、これには明らかな原因がみつかりました。当然、そこは精神科が扱うべき範疇ではなくなります。

こういうことを想定しましたので、血圧が基準値より高いから血圧降下剤を投与するというような対処を望むわけでは決してありません。

測定値の異常を精神疾患だと確定診断できるようなことが仮に起こるとしたら(そうは思えませんが)、その頃には向精神薬が脳に損傷と異常をもたらすメカニズムも完全に解明されているはずでしょう。

2013/10/28(月) 午前 0:31 [ kebichan55 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事