精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

いつも富士経済の医療用医薬品データブックを参考にしていますが、今回から少し分類などが変わったようです。以前の情報と少し相違があるかもしれません。
イメージ 1

イメージ 2

日本はまさに向精神薬の在庫処分場となったようです。

実は、向精神薬の開発は行き詰っています。
http://gigazine.net/news/20131017-psychiatric-drug-crisis/

米国、欧州では特許失効に伴い、市場も縮小してきています。
http://www.dreamnews.jp/press/0000080199/

日本では、第一次うつ病キャンペーンによって抗うつ薬市場が開拓されました。特にパキシルの売り上げが伸びました。しかし、それもジェネリックが出始め、初期に認可された薬(ルボックス、デプロメール、パキシル)の売り上げは急落しました。そこに目をつけたのがイーライリリーです。

本土米国では特許失効の危機ですが、日本はこれから在庫処分一掃セールです。「痛み」という、誰もが共通するキーワードを使い、あたかもそれがすべてうつ病に関連づけられるような広告キャンペーンを始めました。それが第二次うつ病キャンペーンです。
https://www.lilly.co.jp/pressrelease/2013/news_2013_041.aspx

もちろん、欧米で市場が縮小してきたのは、単に特許失効が理由ではありません。集団訴訟や捜査などにより、向精神薬をめぐる様々な問題が露呈したからです。評判が傷つけられた市場よりも、まだまだ国民を欺けるアジアという市場に目が向けられるのも当然でしょう。

閉じる コメント(3)

顔アイコン

”痛み”を使ったコマーシャル見ました。新しい作戦と言う事なのですね。
精神科薬で問題を解決しようとすると、より複雑で根が深い問題をドサドサ抱える事になります。私はこれに10年精神科にかかってやっと気付きました。これはkebicyannさんや東洋医先生、栄養療法、同種療法などのおかげです。
ここまで私を支えてくれた方々に本当に感謝です。私が元気になると子供が元気になりました。それが何よりも嬉しいです。本当に本当に有難うございます。

2013/10/28(月) 午後 7:57 [ - ]

顔アイコン

今晩は
TPPで大量に処分藥を日本に持ち込み売り捌くのね。
怖い怖い
転載します。

2013/10/28(月) 午後 8:30 bug*nno*e

「うつの痛み」を使った、第二次抗うつ薬販売キャンペーン。
広がっていますね。

これほど、被害の声があふれているのに、まだ、精神医療側の販売攻勢は全く止まることがなく。おどろいています。
まだまだ、人の健康を奪ってでも金儲けをしたくてしたくてたまらないのでしょう。

多くの方に伝えてください。

精神医療提供者がいくら麻薬を売りたくても、買い手がいなければ潰れる産業です。
精神医療の危険性を伝えていきましょう。

2013/10/29(火) 午後 7:30 [ satoshi_3210 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事