精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

警告!!!!!!!!!

超有害図書が発行されます。皆さん、注意して下さい。これは精神疾患啓発出前授業につなげるための戦略です。

http://prtimes.jp/a/?f=d8812-20131119-8623.pdf
http://psycience.com/

いよいよ中学校に侵入する準備が整ってきました。

これを発行した公益財団法人 精神・神経科学振興財団とはどんな団体でしょうか?

この財団への寄附金を調べました。
イーライリリー:50万円
ファイザー:2000万円
大塚製薬:20万円
田辺三菱:1500万円
Meiji:1000万円
塩野義:150万円
MSD:1750万円
わかっている寄付金の合計で6470万円です

東京大学精神医学系には、製薬会社から合計8300万円支払われています。大塚製薬の3000万円と大日本住友製薬の4500万円が目立ちます。

さすがに、以前のような露骨な絵本(宮田雄吾著)な内容ではなく、マイルドに仕上げていますが、その意図と目的は何ら変わりません。非常に危険な予防精神医学、早期介入推進グループの一派です。
 
もうこうなったら、逆に彼らの言う「メンタルヘルス教育」に乗っかりましょう。モノアミン仮説は正しくないと正しい情報を教育しましょう。何の科学的根拠もなく、将来を左右する烙印となる診断名を気軽につけ、平気で有害な薬物治療を人体実験のように行う精神科につなげることは、子どもの未来を破壊するということを徹底的に教育しましょう。これが本当のメンタルヘルス教育です

※製薬会社による出前授業では、モノアミン仮説を使った説明がされています。
https://www.lilly.co.jp/data/static/pdf/report_kokoro.pdf

閉じる コメント(12)

顔アイコン

お医者さんのほとんどが薬漬け、アルコール漬けなのですよ。

ずっと不思議に思っていたのですが、お酒とか、お薬とか、人間の頭をボケさせるのですが、自分では気づかないようなのです。

病識がないので、説得しても無駄かもしれません。

暴力でしか、人を黙らせることができないのです。

2013/11/20(水) 午前 7:00 [ bhaloo04150819 ]

顔アイコン

食べたいと訴えている患者を裸にして、手足をベッドに縛りつけ、2週間も一日一万カロリーを越える点滴を入れるとか、穴が掘ってあるだけの部屋に閉じ込めるとか、正常な人間では出来ないことです

一般人にはとうてい信じられない暴力行為を平気でやってのけるようになる。

2013/11/20(水) 午前 7:32 [ bhaloo04150819 ]

これはひどい、ワイロですね。

日本は
中学生に薬を売るために営業用の巨額のワイロが許される国だったでしょうか?

国際的な製薬会社や、そういうのに買収された製薬会社の倫理観の無さには、あきれてしまいます。

大人たちは、自分の息子たちや娘たちを守るために、製薬会社のバカげた依存薬物マーケティングをやめさせるために、何ができるか、考えましょう。

2013/11/20(水) 午前 10:44 [ satoshi_3210 ]

公益財団法人 精神・神経科学撲滅財団を作ったら、6000万円くらい集まるかな?
精神医療関係者は金の使い道が愚かだから、振込先間違えてくれるだろうと、予想するんだけど、、、

あ、こんな事いってると、妄想だと言われて強制入院されて、監禁被害者になってしまうかな。

2013/11/20(水) 午前 10:49 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

家庭に居場所がない小・中学生は学校でもイジメにあったりして、学習や生活にも支障が出てくる。

そうして、親に連れられて、精神科を受診することになる。

中学生から精神科通いなんて、本当に可愛そう。

大人は大人で、疲れ果て、追い詰められて、他に行く場所も思いつかず、最後の救いを求めて受診するのではないかと思う。

それなのに、患者さんの痛みを理解しようとするお医者さんはごくわずか。傷ついた人たちを癒すどころか、マニュアルに載っているとおりに診断を下して、薬を出したり入院させたり・・・。

最も愛を必要としている人たちに対して、どうしてあんなにひどいことができるんだろうか?

誰もが精神的に追い詰められる可能性がある時代。

最後の救いを求めて受診する人を地獄に突き落とすような、残酷なシステムは一刻も早く無くしてほしい。

2013/11/20(水) 午後 5:10 [ bhaloo04150819 ]

顔アイコン

>これを発行した公益財団法人 精神・神経科学振興財団とはどんな団体でしょうか?

★公益財団法人 精神・神経科学振興財団は、平成23年度に1,000,000円を、筑波大学附属病院精神神経科教授に寄付しています。
(筑波大学開示文書「奨学寄付金および寄付講座受入れ一覧(平成20年度〜平成25年度)」より)

このことから、同財団は他の大学附属病院(精神科教授)にも寄付を行っていると考えます。

2013/11/21(木) 午後 8:52 [ cho*k*o ]

顔アイコン

>どうしてあんなにひどいことができるんだろうか?

彼ら自身がかわいそうな(心が乾いた)育ち方をしているからですよ。自分で知らない「愛」は他人には教えられない、たとえ学力が高くても。

2013/11/22(金) 午後 0:01 [ ph4*e*o3bk*spq*e*jkn ]

顔アイコン

「イジメ」とは対人関係において「好きか嫌いか」「損か得か」「関わり方のモチベーション」の自己コントロールの未完結なことが原因だと思う。「いじめられる立場の人たち」とは、その感情すら持てないままか(両極的に)完成しきった人たちなんだと思う。中学校までへ進出させるだなんてこれからの子供達は製薬会社と悪徳医師たちの「いけにえ」になっていく影響しか与えないと思う。「いじめる」本質からの見直しが教育じゃないんだろうか。未成熟な者ほど「いじめ」に走ることを教えていくべきことと!ネット社会になって将来に希望を見出せない子供達が増えているという生活環境の相関関係が「いじめ」か「うつ」を導いていく危険因子なのだと思うので!鬱になってもお薬ありますよ・・・・・じゃぁないです!(怒)

2013/11/27(水) 午後 8:53 佳句恋慕

死んじゃったから。と、あきらめさせようとする、くだらない周囲の言葉をはねのけて、
他の人たちに同じつらい思いをさせないために
あきらめず、精神医療の真実を伝えるお母さんの話が「致命的な誤り」のドキュメンタリーとして公開されています。

うちのブログで紹介しているので、どうぞ。

これから育つ子たちと、育てる親御さんが悲劇に巻き込まれないで欲しいです。

子供達を守るために、精神医療の問題を明らかにしていきましょう。

2013/11/27(水) 午後 9:32 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

20年も30年も閉じ込められたまま、身体機能、精神機能が低下して、亡くなってゆく人々を目にしてきました。

悲惨でした。 お医者さんは何も感じないのですか?

***

震災が起きれば、動けない患者さんを置き去りにして平気で逃げる

一難去ってから、睡眠薬を配りに行く

がんやうつ病、過労死、就活自殺、離婚の増加

発達障碍やらパーソナリティー・ディスオーダー、ADHD,
摂食障害、全般性不安障害、子どももうつ病

ひきこもり、不登校、家庭内暴力etc

精神科医は誰からもうらまれず、かえって繁盛。

棚から牡丹餅なんだろうね。

不安にならない方がどうかしてるよ。

2013/12/2(月) 午前 9:39 [ bhaloo04150819 ]

うちの話ですが…
うちは母子家庭で子供が中学生と小学生です。私が10年間精神薬づけにされ、洗脳され、子供も発達障害と診断されました。
今私は薬は飲んでいませんが、頭が完全に働かないので子供を守るのに必死です(涙)
学校の先生も洗脳されているので下手に子供の相談なんて出来ません。相談して助けを求めると管理されてしまい恐い結果になります。
生まれ育ったところではなくずっと薬づけ状態だったので知り合いも友人もほとんどいないので、うちは標的にされやすいです。
一応恐る恐るインターネットなどの情報をコピーして先生にお渡ししたりして、自分なりに行動したりするのですが、洗脳されている人相手は恐ろしく感じます。
もうこれ以上子供たちを精神薬の犠牲になるような世の中は地獄すぎるよ。

2014/1/30(木) 午後 2:11 [ yuppi ]

顔アイコン

私たち敏感な者にとって、誰を信じるかというのは生き延びるために大切な能力です。

ネットでの繋がりが現実のつながりへと発展すれば良いのですが・・・まだ血族、親族にこだわる人が多いのですね。


権威に依存する傾向がある場合、本人かその親族がメンタルのクライアントになってしまいます。 医療関係者の家族や親族には、ひとりはクライアントがいるものです。

お薬が自由に手に入るのですから。

傍らに居て、そっと見守ることができる人、気取らずにありのままで居られる誰かを探しましょう。 信頼できる人というのは、直感です。

最終的な治療法は、自問自答を繰り返すことです。

2014/2/1(土) 午前 10:36 [ - ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事