精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

ものすごい情報があります。
http://kie.nu/1vLy

向精神薬を製造販売している主要な製薬会社各社のHPで公開している情報から、精神科医や精神医学会、大学精神医学関連教室との金銭関係について徹底的に調べた生情報です。(※精神科医はキーマンと思われる人物をピックアップしただけですので、ここに名前がないからといって製薬会社と関係がないわけではありません)

使用例その1:
1.何か変だなと思う情報を見つける。一例はこちら
http://www.utsu.ne.jp/voice/doctor/

2.すかさず、ダウンロードしたエクセルで該当する精神科医を調べる
産業医科大学の中村純教授と金銭的つながりのある製薬会社:グラクソスミスクライン、イーライリリー、ファイザー、大塚製薬、アステラス、ヤンセンファーマ、武田薬品、田辺三菱、Meiji、大日本住友、塩野義、旭化成、ノバルティス、MSD

3.大学教授であれば、所属先に対する寄付金も調べる
産業医科大学精神医学教室に対する寄付金は、グラクソスミスクライン200万、イーライリリー100万、ファイザー50万、大塚製薬400万、アステラス250万、ヤンセンファーマ50万、武田薬品50万、田辺三菱100万、Meiji100万、持田100万、塩野義100万、ノバルティス100万円

4.上記の情報を頭に入れてもう一度中村純教授の発言を読む


使用例その2:
1.なぜ毒であるパキシル(※製剤は劇薬指定ですが、原体は毒薬指定です)がPTSDの効果・効能を簡単に取得したのか?その経緯(東日本大震災発生→精神科医が被災者を次々にPTSDと診断→PTSDに使える薬を認可しろと精神科医が騒ぐ→日本トラウマティック・ストレス学会と日本不安障害学会が圧力をかける→新たな治験をすることなく厚生労働省が承認)に不自然さを感じる。
http://glaxosmithkline.co.jp/press/press/2013_07/P1000818.html

2.圧力をかけたキーマンについて調べる
http://jpsad.jp/about_jpsad.php

http://www.jstss.org/about/04/


このようにして調べていきましょう。特に、怪しげな情報番組に出演して、精神科を早期に受診しましょうと呼びかけるような精神科医の背景は絶対に調べておきましょう。

閉じる コメント(5)

顔アイコン

製薬会社としては、自社薬剤の売り上げを上げたいので、疾病の
治療ガイダンスを作る医大の関連指導教授に研究への賛助金の様
な形で寄付し、自社薬剤をオーソライズして貰う。その結果、そ
のガイダンスに則った処方が臨床医に件の薬剤が採用され繁用さ
れるように成るのでしょうね。かくして薬害が拡大して行くので
すね。転載します。ナイス☆

2013/11/28(木) 午後 5:10 bug*nno*e

顔アイコン

被災地の方々は悪名高いパキシルを処方されているのですか。
ネットでこの薬の被害者さん達に沢山会ってきました。
きっと未成年の子達にも勧めていますね。精神科医とは本当に恐ろしい仕事だ・・

2013/11/28(木) 午後 8:24 [ - ]

顔アイコン

精神医学会とか、団塊世代以上の精神科医は、ご自身がほぼ全員、何らかの薬物依存に陥っているでしょう。

大学時代、統合失調症と躁うつ病、てんかんくらいしか習っていない。多剤大量処方が普通だった世代です。

患者さんを取り押さえて暴力をふるう、なんてことも平気で行われていた時代です。


私立の精神病院院長とか、同世代で、開業しているお医者さんでも、その昔、精神病院に勤務していたお医者さん。


経済的な恩恵を受け、西欧に対する憧れも、劣等感も強い。「強いもの」への憧れが強いので、たいていは右翼です。

DSM犬箸、ICD10とか、西欧基準のものを崇拝し、社会現象とも見られる新しい概念を、病気としてそのまま取り入れ、お薬を導入するのも疑いの余地をはさみません。

それだけではない。イッキ、イッキの時代だったので、お酒も飲める、だから暴力的なのです。

時代背景とか文化の影響もあるんですけどね。

私は絶対に信用しません。説得しても無駄です。

2013/11/29(金) 午前 5:53 [ 休憩中・・・ ]

顔アイコン

調べてみました。国立大学法人●●大学開示文書「奨学寄附金および寄付講座受け入れ一覧(平成20年度〜平成25年度)」からの集計結果です。
1.附属病院精神神経科教授への奨学寄附金額(平成23年度分)
11医療法人から計840万円、20製薬会社等から計2010万円で、総額2850万円にもなりました。

2.医療法人からの寄附金は、平成20年度60万円、21年度910万円、22年度100万円、23年度840万円、24年度100万円、25年度(8月分まで)710万円でした。
★他の診療科と比べ、医療法人からの寄付額が特段に多いことも特徴であった。

3.製薬会社等からの寄附金は、平成20年度〜24年度では、それぞれ1180万円、1680万円、1280万円、2010万円、1630万円でした。

2013/11/30(土) 午前 6:10 [ cho*k*o ]

顔アイコン

「痛みとうつ」。
「何、今更言っているの?」
ホームページを見て感想を持ちました。
線維筋痛症を抱えている私に言わせたら
「とっくに解明している医師がいる。しかし、うつ薬を服薬しただけ
では痛みが取れるとは限らない。」
慢性化している場合はペインクリニックの力が必要です。
恐らく企業側は「○イ○バ○タ」を売り込むために立ち上げたのかも
しれません。
騙されてはいけません。
患者さんは勉強して知恵をつけるのが大切です。
正しい情報を得てほしいです。

2014/2/2(日) 午後 8:40 [ マグナム富里 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事