精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

耳を疑う言葉が出てきました。

http://www.m3.com/open/iryoIshin/article/285822/?category=report
日本精神科病院協会常務理事の高宮真樹氏は、「自殺は、患者の精神症状に起因し、提供した医療に起因することはほとんどない」と述べ、自殺の防止は、医療そのものの取り組みとして対応していくべきものであり、今回の制度の対象にはならないとした。

今さら驚くことではありませんが、この言葉に全てが集約されていますね。精神科医は患者が自殺したとしても、自分たちの責任とは全く考えていないのです。でたらめ投薬、でたらめ強制医療で患者を追い込んだとしても、全て患者の病気のせいになるそうです。

「専門家」「権威」であれば何をやっても許され、失敗は全て患者のせい。精神科医は何の責任も取らなくて良い。こんな都合の良い話がまかりとおっているのです。

閉じる コメント(5)

顔アイコン

自殺の原因が向精神薬に因るものがかなりの%有る事は知られているのに責任が無いって、如何いう事でしょうか。
転載致します。
ナイス☆

2015/1/15(木) 午前 9:38 bug*nno*e

顔アイコン

そしてこの言葉を鵜呑みにする教師・弁護士・裁判官・政治家・その他多くの日本国民。
私はだまされない

2015/1/15(木) 午後 1:29 [ - ]

顔アイコン

騙されてるんじゃなくて悪用してるんだよ。共産主義国であったことと同じ。ホントは誰もがなんとなく知ってるんじゃないすか

2015/1/17(土) 午前 8:36 [ - ]

「ほとんどない」と言う部分は深く掘り下げていく価値がありそうですね
頭の弱い精神医学会が墓穴を掘っています

2015/1/23(金) 午後 5:18 [ r35**t_r_v_**ec ]

訂正

×精神医学会
○精神科医

2015/1/23(金) 午後 5:20 [ r35**t_r_v_**ec ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事