精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

介助中に患者大けが 2年後に死亡、県警捜査 傷害致死容疑も視野に 千葉市の病院
千葉日報2015年06月20日 09:02

 千葉市中央区の精神科病院「石郷岡病院」で2012年1月、いずれも60代の男性准看護師2人が介助していた当時30代の男性患者に大けがを負わせたとして、県警が傷害容疑で捜査していることが19日、捜査関係者への取材で分かった。男性は14年4月に死亡しており、県警は傷害致死容疑も視野に暴行と死亡との因果関係を慎重に調べる。

 遺族は13年2月、約2億円の損害賠償を病院側に求めて千葉地裁に提訴。訴状によると、男性は統合失調症で11年9月に入院。准看護師2人が12年1月、男性の下着を交換するなどの介助をした際、1人が体を押さえ、別の1人が頭を踏んだとしている。男性は首の骨が折れ、数日後には一時心肺停止となり、寝たきり状態が続いた末に14年4月に死亡した。

 事故防止のため病室に設置されているカメラには、准看護師が足で男性の頭を踏みつけるような様子や、膝で男性の腹部を押さえつけるような様子などが映っていた。

 石郷岡病院は男性が大けがをした後、准看護師2人に介助時の状況について聞き取り調査を実施。担当者は「准看護師が故意に男性の頭を踏んだのか分からない。足が当たってしまった可能性もある。男性にはある程度の拘束的な処置が必要だった」と説明した。

 同病院は今後、事故調査委員会などの設置を検討する。担当者は「病院内で事故が起きたことについては重く受け止めている。看護師にはあらためて患者との接し方について指導を行っていく」とする一方、「看護行為として不適切な部分があったかもしれないが、警察の捜査が進まなければ真相が分からない」とコメントした。

同病院は今後、事故調査委員会などの設置を検討する。

すごいですね。何年前の事件でしょうか?民事訴訟も起こされています。今まで何やっていたのでしょうか?
2. 安全に医療を提供するために、常に細心の注意を払うことは言うまでもありませんが、さらに医療事故防止のための取り組みに積極的に参加します。
3. 精神医療の基本は「人の気持ちに配慮すること」を常に念頭におき、受療している方々のみならず、そのご家族等のご意見、ご批判も十分に傾聴し、改善すべき点は積極的にその努力をすると同時に、丁寧に説明し、安心感を持って治療を任せていただけるように努めます。

ここまで基本方針と真逆のことをできるとは、「基本方針」の意味もわからないのでしょう。そして、理事長以下がそれを守る必要性も感じていないのでしょう。
事故当時の理事長は別人でしたが、遺族の神経を逆なでし続け、ついには大きなニュースとまでなった責任は現理事長にあるでしょう。
http://www.ishigooka-hosp.jp/introduction/rijichou
その理事長は精神医学会の重鎮です。聖マリアンナの事件といい、石郷岡病院事件といい、ごく一部の下っ端の問題ではなく、精神医学会に大きな影響力を持つ人々が関係しているのです。

閉じる コメント(4)

マスコミもフラッシュバック起こして思い出したんじゃね

2015/6/21(日) 午前 9:30 [ - ]

顔アイコン

この「主治医(笑)」とやらの「診断(笑)」および「治療(笑)」を法廷であきらかにしましょう。

2015/6/21(日) 午後 7:41 [ おおのゆたか まさこ ]

こんな悪いことをした病院、医師、看護師を野放しにしておく必要はありません。
精神医療は駆逐されるべき

2015/6/25(木) 午前 9:40 [ yak*g*i ]

顔アイコン

うつ病・うつ状態の時に新しい勉強なんて、普通は出来ないものだ。
それに、医療機関経由で生活保護を申請するなんてことは絶対に無い。
制度や手続の仕方を教えるとか、せいぜい同行とか?
どこどこのデイケアに行かないと
生保を打ち切るなんて言う福祉事務所の職員が本当にいるのなら、
それこそ、問題にするのはたやすいわな。

2015/6/30(火) 午前 7:15 [ tora ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事