精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

精神保健指定医の不正を生み出した精神医療機関の紹介 シリーズその②

②京都府立医科大学
府立医科大精神科は、由緒のある精神医療機関であると言えます。明治28年に開設されてからその伝統が受け継がれています。

この度、精神機能病態学の成本迅教授までもが処分対象となりました。教授職の精神科医が指定医の資格をはく奪されるのは大スキャンダルです。

ところが、京都府立医科大は厚生労働省の発表後、ずっと沈黙を保ってきました。HP上のスタッフ紹介の欄からは、該当者の「精神保健指定医」の肩書がひっそりと削除されていただけで、記者会見を開くわけでも、HP上にお詫び文を掲載するわけでもありませんでした。

酒井雄希医師(35)、水原祐起医師(38)、西沢晋医師(40)は不正なケースレポート作成が認められました。酒井医師は現在も同病院に勤務、水原医師は綾部市立病院に勤務、西沢医師の現在の勤務先は不明

中前貴医師(37)、柴田敬祐医師(41)、北林百合之介(43)、成本迅医師(45)、松本良平医師(40)が指導医として確認を怠ったために資格はく奪となりました。

中前、柴田、成本医師は現在も同病院に勤務し、松本医師は医療法人中川会飛鳥病院の院長を務め、北林医師は医療法人財団北林厚生会五条山病院の院長を務めています。

今回、私が抗議のメールを同大学まで送るや否や、処分が発表されてから9日も経過した11月4日、とってつけたような声明を発表しました。不正ではないけどカルテに記載しなかっただけだと開き直っています。
精神保健指定医の行政処分について

 この度、京都府立医科大学附属病院精神科・心療内科の医師が厚生労働省から「精神保健指定医」の資格を不正に取得したとして、この資格を取り消す行政処分を受けました。

 本院精神科・心療内科では、各患者さまごとに地位・経験の異なる医師複数名で構成される主治医グループによる「チーム医療」により診療を行っております。
この中で、診療録に記載の不備があったことは事実ですが、診療録の改ざんなどはなく、診療自体は適切に行っております。

 しかしながら結果として診療録の記載に不備があったことにより取消し処分に至り、これによりご心配をおかけしたことは大変申し訳なくお詫びいたしますとともに、必要な対処を行い、かかる事態が再発しないよう指導を徹底してまいります。

 なお、本院においては診療自体に問題はないことから、通常どおり診察を行っておりますが、受診いただく患者さまに対しましては、経過を丁寧に説明し、ご了解を得た上で診療にあたるよう徹底しております。

京都府立医科大学附属病院長

あまりにも馬鹿げた言い訳です。チーム医療で関わることは問題ありませんが、ケースレポートを作成する医師が主治医として主にその症例に関わりがなければなりません。それがカルテ上で認められなかったということです。

医師であれば、カルテには書いていないけどちゃんとやったという言い訳が通らないことは自明なのです。そもそもですが、「主治医」がした行為がちゃんと記録されてないこと自体がおかしいとおもいませんか?厚生労働省もそう簡単には処分できません。十分処分に値する不正があったということを認定したのです。

他の医療機関はほぼ平謝りであったのに対して、京都府立医科大は逆切れとも言える開き直りです。結局保身ばかりで全く患者の人権上重大な問題だとも考えていないのです。全く信用ならない医療機関です。

この記事に

閉じる コメント(11)

顔アイコン

筑波大学附属病院と同じだな。

筑波大学附属病院で新人看護師の抑うつ度が悪化し、SDS得点50点以上の「中程度の抑うつ状態」 の方もいる。

★通報から9か月後の回答(平成26年7月1日付け「コンプライアンス通報に関する調査結果について(通知)」 より抜粋)

1.コンプライアンス通報(平成25年9月24日)事項
第23回体力・栄養・免疫学会大会での発表「新人看護師の職業性ストレスと抑うつ度の関連に対する縦断研究」において、新人看護師のSDS(抑うつ度)の平均得点が抑うつ状態にあたることから労働災害でありながら、必要な措置がなされていない。
2.調査結果
ご指摘のSDSの得点をもって、直ちに労働災害に該当すると判断することはできず、コンプライアンス推進規則第10条第1項に規定する違法行為等が行われているとは認められません。

2016/11/5(土) 午前 5:34 [ cho*k*o ] 返信する

顔アイコン

(つづき)
情報公開・個人情報保護審査会の平成28年度(独情)答申第39号(平成28年10月11日)に、「本件研究は、・・ ・、特定事象の発生により, 当初の研究期間を満了せず平成25年度で終了させることとなった 。」とある。
★「特定事象」とは?(コンプライアンス通報は平成25年9月)

★筑波大学は「研究の一環として実施したアンケートは、あくまでグループの研究のために使用されるもので、法人組織としての利用を予定しているものでない。」とまで主張する。

笹原信一朗らには、新人看護師は「グループの研究」のための“ データ(=モルモット)”でしかないのである。
精神科医笹原信一朗被害者連絡会結成呼びかけ人 長 秋雄

2016/11/5(土) 午前 5:42 [ cho*k*o ] 返信する

顔アイコン

ええ加減すぎて笑える 削除

2016/11/7(月) 午前 2:36 [ もは ] 返信する

顔アイコン

これは一般社会ならクビ(免許その物の剥奪)が当たり前なのに 何故厚生省はこんな軽い指定医取り消しだけにしたのでしょうか?
病院事態 廃棄すべきです。こんな医療虐待拷問医師達により、未来ある若者や子供達の命が危険であるのが恐ろしいばかりです。この狂った医師達の暴走を厚生省が止めないと日本の未来はありません。 削除

2016/11/24(木) 午前 4:00 [ 撫子 ] 返信する

顔アイコン

成本迅さんは、教授先生。北林さんと松本さんと、この成本さんらは奈良県関係の人たち。北林さんか、松本さんかのどっちかが訴訟を提起されてます。それによれば、「6人がかりでアル中の患者を診療した。自分はカルテを殆ど書かなかったが十二分に患者に関わった。主治医以外の医者はカルテを書かないのがグループ診療の基本だ」との事らしいです。
ちなみに私は中嶋照夫から、そんな事は一度も習った事はありません(笑)。 削除

2017/1/11(水) 午前 2:27 [ Vajra ] 返信する

顔アイコン

例のニュースになったのは北林医師のようですが、他の指導医も訴えているようですね。もちろん、逮捕歴のある松本医師も

2017/1/11(水) 午後 3:53 [ kebichan55 ] 返信する

顔アイコン

松本良平医師(40)が指導医として確認を怠ったために資格はく奪となったそうだけど、逮捕されたのは、なぜですか?

また、中川会飛鳥病院の院長を務めたそうだけど、4月7日の新聞に、「奈良こころとからだのクリニック」を大和八木駅すぐに、4月10日から開院、8日に内覧会というチラシが入ってました!
精神保健指定医、精神科専門医など書いてました。ここらは奈良医大出身が多いのに、HPみても本人の紹介がないし、?と思い検索したら、ここにきました。
カウンセリングとかは認知行動を主に、睡眠衛生指導や生活指導もあるからいいかなと思ってただけに、ここの記事をみて愕然です。
HPは、https://narakokoro.comです。

2017/4/8(土) 午前 1:18 [ nei***** ] 返信する

顔アイコン

診ていただいた先生方の名前があることに、どこか診療自体に対する不満があることに気づきませんか?話したいことばかりで解決できる精神科の医療はまだまだ殆どの方に理解されていないのですが、こちらこそ医師を選ばなければならない条件下です 削除

2017/4/15(土) 午後 6:23 [ ik ] 返信する

顔アイコン

精神科(笑)はすべからくインチキ、詐欺

関わってはいけない
即、撲滅すべき! 削除

2017/4/30(日) 午後 1:15 [ 大野裕→雅子卑の主治医(笑) ] 返信する

医師法第24条
医師は、診療をしたときは遅滞なく診療に関する事項を診療録に記載しなければならない。

2017/5/27(土) 午前 6:00 [ kon***** ] 返信する

この先生方を必要としている患者もいます。

2018/8/22(水) 午後 2:15 [ amq***** ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事