精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

今回(平成30年度)の診療報酬改定によって、初めてベンゾジアゼピン系薬剤の長期処方にペナルティが課されるようになりました。

しかし、読めばわかるように、ザルです。網目の大きさが5㎝、いや20㎝くらいです。12か月という期間の設定も残念ですし、いくらでもすり抜ける手段はありますし、何よりも「精神科医から抗不安薬等の処方について助言を得ている場合等特に規定する場合を除く」という、馬鹿らしさです。

なぜ、薬の専門家である薬剤師ではなく、処方薬依存を作り出している専門家の精神科医に抗不安薬等の処方について助言を得るのですか?

まあ、それでも大きな意味はあります。なぜならば、これによってスタンダードが示されたからです。今まではどんなデタラメな長期漫然多剤大量処方であったとしても、基準が存在しない上にむしろそのようなデタラメ処方が普通に見られたために、標準的な治療からそれほど逸脱していない、とみなされ、被害に対する責任を追及することができませんでした。言うなれば、無法地帯から悪法ができたという段階です。

ペナルティの対象となる多剤処方は以下の通りに変遷してきました。
平成24年度:1回の処方において、抗不安薬または睡眠薬を
3剤以上投与した場合
平成26年度:1回の処方において、3種類以上の抗不安薬、3種類以上の睡眠薬、4種類以上の抗うつ薬又は4種類以上の抗精神病薬を投与した場合
平成28年度:1回の処方において、3種類以上の抗不安薬、3種類以上の睡眠薬、3種類以上の抗うつ薬又は3種類 以上の抗精神病薬を投薬した場合
平成30年度(予定):1処方につき3種類以上の抗不安薬、3種類以上の睡眠薬、3種類以上の抗うつ薬、3種類以上の抗精神病薬または4種類以上の抗不安薬および睡眠薬の投薬

わかりにくいのですが、平成24年度の時は網目10㎝くらいのザルでした。なぜならば、同じベンゾジアゼピンであっても、「抗不安薬」と「睡眠薬」と別物として扱われていたからでした。つまり、抗不安薬2剤と睡眠薬2剤にすれば、セーフだったのです。ところが、今回はようやくそこも制限されるようになったようですね。

とにかく、悪法であってもそれが新設されるだけでも意味があり、そこから徐々に締め付けることができるのです。0から1を作るのよりも、1を2にする方がはるかに簡単なのです。とにかく今回処方期間の制限を設けた以上、これからはその期間の短縮などを要求し、網目を密にしていきましょう。悪法を良法へと変えていきましょう。

閉じる コメント(3)

顔アイコン

悪質精神医療の延命措置と言えなくもない。早く
メ凡
木又してあげた方が…

2018/2/21(水) 午後 8:49 [ gom***** ]

顔アイコン

インターネットライブ配信で、放送者がデパスを酒と一緒に飲む
所を堂々と流して、お金を得るような行為が罷り通る現代日本。
酒との併用を注意しても、全く聞かず管理者に言っても放置。
「適当に演技すれば、俺ならいくらでも向精神薬は手に入れられる!」と、不気味な顔でニタニタ笑いながら言っていたのが忘れられません。確信犯的な薬物依存者にとっては、歯止めになりそうですが
抜け道も多そうで、こんなものかと思いますね。

2018/2/25(日) 午後 8:29 [ max***** ]

確かに悪用する輩、金儲け重視の
医者が蔓延している以上
仕方ない措置。

ただ私の場合、睡眠薬2種類
抗不安薬2種類

これがないと現状厳しいです、好きで
薬に頼っている訳ではない。

四月から突然、一種類減らされて
勝手に抗うつ剤にされました。
もちろん合いません。

このような場合
今までの処方でも問題はないですか?
病院側の診療報酬は減りますが。

2018/5/5(土) 午後 5:32 [ ath***** ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事