精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

先日厚生労働省が「平成29年度における保険医療機関等の指導・監査等の実施状況 」を発表しました。

今回は特段精神科が取り上げられているわけではありませんが、精神科領域では不正請求など珍しいことではありません。ただ発覚しにくいだけの話です。

指導・監査は犯罪捜査ではありません。そのため、家宅捜索のような強制的なカルテ押収はできません。ですから、発覚していない、あるいは怪しいとわかっていても処罰まではできなかったケースなど、この数十倍、いえ数百倍はあることでしょう。

実際、私はどこの行政機関も見つけなかったある精神科医(山口龍郎被告)の不正の手口を暴き出し、告発しました。最終的にその精神科医は詐欺で起訴され、現在公判中です。

公判を通して明らかになった山口被告の手口の一つ(※あくまで数ある手口のごくごく一部)は、患者や従業員に対して親の保険証を持ってくるように促し、一度も診たことのない人物のカルテを作り、保険請求するというものでした。

それに対する彼の言い訳はひどいものでした。
・精神科の患者は本人が来院できないということも多く、家族の伝聞で診察することは一般的
・本当は従業員を診察したが、精神科の治療を受けたことが記録に残ってしまうと生命保険などで不利益になるので、本人の将来を考えて本人ではなく親を診察したようにしてあげた
・従業員が勝手にカルテを作っていた。私が記載する以外のところは作られた状態で机に置かれていた。

当然こんな拙い言い訳はすぐに検察に論破されていました。
・伝聞で診察したというのなら、なぜその旨をカルテに記載しないのか?どうみても本人が来院したとしか読み取れない
・(カルテに表情まで記載されていたことについて)あなたは会ったこともない人の表情までなぜわかるのですか?
・たとえ従業員が勝手にカルテを作っていたとしても、それに追記して保険請求に回したのはあなたなのではないですか?

それに対して、山口被告は小さい声でうなずいたり、(表情についての記載は)慣用句みたいなものだと意味不明な言い訳をするだけでした。

勝手に保険証を使われた親本人が傍聴席にいるのに、親の保険証を使うことは了承を取っていたと平気で証言する始末です。

それにしても遺族にとって腹立たしいのは「本人の将来のため」という言い訳でしょう。将来のことなど何一つ考慮せず、逆に将来を奪った当事者が平気でこんな言い訳をするのですから。

公判と通して一貫している被告の態度は、お金を不正に儲けようという意図は一切なかった。患者のためを思うあまりに、意図せずにルールを破ってしまった。そこについては反省する。だから医療現場に復帰したい。というものです。

つまり、反省するフリをして全く反省などしておらず、しかも再犯の恐れがあるということなのです。家宅捜索から公判まで一連の彼の態度を見ても、更生など見込めません。なぜならば、何度も何度も謝罪も反省するチャンスはあったのに、それをことごとく蹴り、自分は悪くない、自分は被害者だとする態度を決して改めなかったからです。

裁判長!市民の命と財産を守るためにも厳罰を!!

閉じる コメント(3)

顔アイコン

最近精神科医がCIAを中心とした分業によるジェノサイドに巻き込まれている可能性が指摘されています。これはナチスの時と同じ要領で医者にもそれが殺人の一部に加担していると伝えずに電磁波拷問を統合失調と診断するように医学部で教育しているようです。実際には人工知能と電磁波、ナノチップなどを用いて遠隔人体実験を行っているのですが、これが精神医療業界できちんと共有されていないようです。ブログ、読んでいただけますと幸いです。

この電磁波兵器に関してはSF小説のレベルですが、ソビエトでモスクワシグナルなる脳波を読み取る技術がすでに開発されていたようです。また昨今バラバラ殺人で殺されている人々が人体実験被害者ではないかとも言われています。さらに現在ウイグルでジェノサイドが言われていますが、この技術を用いて兵士を育成し、ISISに送っているとの噂です 削除

2019/1/29(火) 午後 11:27 [ 匿名 ] 返信する

顔アイコン

> 匿名さん
管理人さん、匿名さん、貴重な情報とコメありがとうございます。
日本では明らかになっていませんが、例えばアメリカには実際に医学的な実験のための死体の売買をする、闇のブローカーがいます。
死体のバラバラ事件は日本でもたびたび起こっていて、これは聞いた話ですが、集団ストーカーなどの特定人物や特定組織への嫌がらせや脅しなどにこういう事件が間接的に絡んでいるようです。
バラバラ殺人事件としてリークしそれにターゲットの個人情報などを関連づけた偽証言や偽情報を含ませて、特定の人物の脅しに利用するというものです。有名な例では、だいぶ前ですが兵庫県の酒鬼薔薇事件があります。自主した犯人の自供と全く食い違っている現地住民の何人もの証言があり、真相究明HPもできた事件です。
こういった事件などの関連性にも絡んでる疑いがありますから、日本にも死体ブローカーがいても全く驚きません。

2019/2/27(水) 午前 2:16 [ もりおちゃん ] 返信する

顔アイコン

電磁波案札は日常的にたくさん行われていると確信してます。実際には電磁波で頃されたりしているものが、病気や事件、自殺としてそれを処理し、真相を隠す役割を病院や警察が担っているのではないかと思われます。
最近はあまりニュースに出なくなりましたが、亡くなった有名人や一般人などの死体の傍に、遺書や練炭など自殺を臭わせるものが置いてあるパターンなどもそうかもしれません。集団ストーカー行為に間接的に関与する人物らが、それを幇助したり偽の証言で周囲の印象を操作するというものです。
いまは、電磁波の指向性技術がたいへん進歩してます。数キロ先からビームを照射して鉄板を溶かすほどの車載兵器が、現実にあります。公表されていないものはもっと進んでるのではないかと思います。アメリカ西海岸のおかしな燃え方をしていた山火事、日本でもこういったテクノロジーの火事がいくつもあるはずです。
家電製品からの発火なども相当怪しいです。
もちろん、人間を頃すのにこんな強いビームや電力密度はいらないです。既に配置済みの発信設備群から照射されてるのではないかと疑ってます。

2019/2/27(水) 午前 2:18 [ もりおちゃん ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事