精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

山口龍郎医師の情報を求めています。先日お伝えしたように、山口医師は一審で3月に有罪判決を受け、今月控訴審が始まる刑事事件の被告人であるにもかかわらず、京都の病院と大阪のクリニックに勤務していました。

やはりそこでも問題を起こしたようで、先月末にはそれぞれの医療機関のホームページの外来担当表から山口医師の名前が削除されました。

しかしこれで懲りるような男ではありません。彼は必ず医療現場に戻ります。そしてそれを食い止める法律はありません。常に監視し、警鐘を鳴らさなければ一般市民がその餌食となります。

どうやら彼は今でも同じ手口を使っているようです。鹿児島にいた時代と何ら変わりません。以下に心当たりありませんか?

・山口医師から「死にたい」というメールを受け取りませんでしたか?それは彼が女性の気を引く手口です。今まで何十人、いや何百人に対して「死にたい」とメールをして一度も死んだことがありません。要するに死ぬ死ぬ詐欺です。

・山口医師から、「医師会にハメられた」「従業員に裏切られた」「患者家族から逆恨みされている」という言葉を聞かされてませんか?自分はかわいそうな被害者だと演出してますが、彼以外の関係者に聞けば全て嘘だとすぐにわかります。彼は被害者ではなく常に加害者です。

・貴女だけが僕のことを理解してくれる、貴女だけには心を許せる、などという言葉を山口医師から聞かされて舞い上がってませんか?「貴女だけ」というのは嘘です。何十人がその言葉を聞かされてます。

・私だけが山口先生のことを理解してあげられる!助けてあげなければ!支えてあげなければ!という気持ちになってませんか?それは錯覚です。そのような錯覚を引き起こして性的に、金銭的に搾取できる対象をコントロールする山口医師の手口です。

・お金を貸してませんか?貢いでませんか?彼は今まで女性から何十万、何百万とお金を支援してもらいながら返してませんよ。約束を守る人ではありません。証言者はいくらでも存在します。

心当たりある方は至急ご連絡ください。これ以上被害を増やさないようにするためです。既に被害は鹿児島から近畿にまで広がっているようです
kebichan55@yahoo.co.jp

閉じる コメント(2)

顔アイコン

そういう業界だし、そういう国なんでしょうね・・・
にしても背後に電磁波テクノロジーが見え隠れする精神医療業界の異常性は突出していて、まさに現代世界のタブーですね。
医療でもその利権構造の異常性を指摘されると、事あるごとに医師の長時間労働とか過労死とかが取り上げられて国民の同情を引く印象情報工作がされたり、精神医療についてもお約束の統合失調症患者に逆恨みされて云々とか、キレさせて犯罪者に仕立てあげる事件のリークで反感の矛先は患者というか被害者に向けられるんですよね。
で、追求への興味が逸らされ、有耶無耶にされてしまうんです。

2019/8/3(土) 午前 11:43 [ もりおちゃん ] 返信する

顔アイコン

そうかもしれません。精神科医並びに医療従事者には逆らってはいけません。隠された支配には目を向けなければなりません。
お互いに生活があるので話し合いで解決したいものです。 削除

2019/8/3(土) 午後 7:28 [ 1111 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事