精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

あってはならないこと

恐れていたことが起きています。

三歳児健診→発達障害者支援センター→精神科受診→向精神薬投与という筋書き通りのプロセスのことです。

発達障害者支援法の理念など最初から守られるはずがないと理解していましたが、いざ現実を見せられると改めて憤りを感じます。

発達が遅れているとか、落ち着きがないとか、寝付きが悪いとか、そんな些細なことを三歳児健診で指摘し、親を不安にさせて発達障害者支援センター等に送り込み、即精神科受診へとつなぐというやり方です。

そして、恐ろしいことに「広汎性発達障害」などという診断に対して、3歳児に抗精神病薬が投与されているのです!!!!!!!

私が知っている実例では、いきなりリスパダールとエビリファイの併用ということでした(3歳ですよ!!)

その医療機関では、小学校1年生に対して、リスパダール+エビリファイ+ストラテラ+インヴェガとか、信じ難い処方がされています。

さらに恐ろしいことは、その医療機関の院長が、岡山県で権威中の権威であるという事実です。児童相談所、発達障害者支援センター、県や市の審議会など、児童福祉や教育のあらゆる分野に影響力があります。さらには、県レベルにとどまらず、こういったところにまで名前を連ねています。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kenkou/bunka1/dai1/1gijiyousi.html

岡山県の母親、子どもたちが本当に心配です。

それに加えて、先日紹介したあの恐ろしい「医療ネグレクトにより児童の生命・身体に重大な影響のある場合の対応について」という通知がもうすぐにでも効力を発することになるのです。
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000023yot-att/2r98520000023yu5.pdf

つまり、3歳児に抗精神病薬を投与するような精神科医に不信感を抱いた母親がその治療を拒否しようものなら、児童相談所が乗り出し、「医療ネグレクト」と認定して親権を剥奪するという事態が起こり得るということなのです。正しい選択をした親が虐待者にされてしまうのです。

3歳児に抗精神病薬を平気で投与し、親にはリスクの説明もしないという精神科医の「権威」が日本に存在しています。本当に児童虐待をしているのは誰でしょうか?

岡山県で被害に遭われている方、是非ご連絡下さい。「権威」の実態を暴かないといけません。このモデルを全国的に許したら、完全に日本は「詰み」です。ただでさえ少子高齢化で子どもたちが貴重な時代です。

自国の経済問題を解消させ、相手国を破綻させる手段としてアヘンが使われた時代がありました。日本は歴史に学ばなければなりません。トヨタ叩き、不自然な円高、TPPなどの経済的抑圧と並行した精神医療包囲網と向精神薬大量消費・・・ここで手を打たないと、比喩ではなく本当に日本は終わります。

kebichan55@yahoo.co.jp

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事