精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

破壊される労働力

これを見たら一発でわかるでしょう。精神科の治療や、精神科のメンタルヘルス対策が何らの成果も上げていないことを。いや、成果が上がらないどころか実際には極端に悪化させているのです。
https://www.kokuho.or.jp/whlw/lib/20140707iin1.pdf

平成10年と比べたら、職場のメンタルヘルス対策は確実に広がっているはずです。多くの会社員が早期に専門家である精神科につながれ、早期に治療を受けているはずです。
ところが、この統計を見て下さい。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

これは大惨事以外の何物でもありません。若者を中心に、治療を受けているはずの人が確実に蝕まれているのです。彼らは治らず、何度も何度も傷病手当を受け、しかもその数は激増しているのです。
職場のメンタルヘルスの専門家はこの統計をこう解釈するでしょう。「職場のメンタルヘルス対策が行き届いていないからだ。もっと予算をとって対策を強化すべきだ」
犯人はお前だ!

開く トラックバック(1)

晋精会の正体

「晋精会」が再び出てきました。

東京・丸の内のパレスホテル東京着。宴会場「橘」で精神科医らでつくる首相の後援会「晋精会」会合に出席し、懇談。萩生田光一自民党総裁特別補佐同席。

晋精会との会合は毎年2月だったのに、今年はもう2回目です。

次の日のニュースでわかりました。まあわかっていましたが、晋精会=日本精神科病院協会ということです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150612-00000000-cbn-soci
日精協・山崎会長、政策発信に意欲−安倍首相の要望受け、社員総会で
医療介護CBニュース 6月12日(金)14時4分配信

日精協の政策提言に意欲を示す山崎会長(12日、東京都内)
 日本精神科病院協会(日精協)の山崎學会長は12日、東京都内で開催された定時社員総会で、日精協の政策などについて今後、積極的に発信していく考えを示した。これは、11日に開かれた精神科医らでつくる安倍晋三首相の後援会で、安倍首相から要望されたことを踏まえたもの。【松村秀士】
 山崎会長は、11日に開かれた後援会で、安倍首相から国民にきちんと理解してもらえるような政策を発信するよう要望されたことを明らかにした。その上で今後、日精協の政策や取り組み、精神科医療などについての発信に注力する考えを示した。
■地域移行の精神障害者支援、「熟慮を」―日医・横倉会長
 12日の社員総会で、来賓として招かれた日本医師会の横倉義武会長は、厚生労働省の「長期入院精神障害者の地域移行に向けた具体的方策に係る検討会」が取りまとめた具体的な方策の方向性について言及した。
 横倉会長は、「病院から地域に移行する精神障害者の支援の在り方などは、今後も熟慮を重ねるべき課題だ」と指摘。長期入院精神障害者の地域移行に向け、日精協など関連団体の連携が不可欠との考えを示した。

さて、安倍首相の意図はどちらでしょうか?
①説明が足りない。国民は混乱している。国民にちゃんと説明しなさい
②どんどん洗脳しなさい

まあ、現在の法審議の進め方を見てみると・・・

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事