精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

これを見たら良くわかるでしょう。ナチスが解体した後も同様の虐待が続いていたということは、ナチスが主体なのではなく精神医学が主体だということです。
http://www.afpbb.com/articles/-/3121421?cx_part=txt_topics
子ども殺害のナチス病院、戦後にも虐待 オーストリア当局
2017年03月15日 13:00 

【3月15日 AFP】ナチス・ドイツ(Nazi)が障害のある子どもを大勢殺害したことで悪名高いオーストリア首都ウィーン(Vienna)の医療施設で働いていたスタッフのほぼ全員が、戦後もそこで働き続け、患者たちを虐待していたとの報告書が公表された。

 オーストリア当局の報告書によれば、第2次世界大戦が終結した1945年から1980年代初めまで、「パビリオン15(Pavilion 15)」と呼ばれるこの施設に600〜700人の子どもたちが収容され、「暴力の包括的なシステム」にさらされていたという。

 元患者やスタッフらへのインタビューを元に作成されたこの報告書は、「不適切な雇用とナチス時代との思想的決別がこのような非人道的な状況を招いた」と指摘している。

 スタッフの大半は適切な資格を持っておらず、子どもたちを静かにさせるために薬を「多用」し、柵で囲んだベッドと拘束衣を用いていたという。

 現在は閉鎖されているが、この病院では少なくとも70人が死亡している。そのうち約80%は虐待や栄養不良による肺感染症が原因だったと報告書は記した。

 この施設は、ナチスが800人近い子どもたちに対して疑似科学的な実験を行ったり、彼らをガス室送りにしていたクリニック「アム・シュピーゲルグルント(Am Spiegelgrund)」の一部だった。

 子どもたちの遺体は、彼らの科学的目的のために戦後長きにわたり使われていた。

 驚くべきは、今回の報告書によると、ここで亡くなった子どもたちの脳は、ナチスの医師でこうした死体の実験を行っていたハインリッヒ・グロス(Heinrich Gross)氏に戦争終結後も渡されていたという。

 グロス氏は裁判にかけられたが有罪判決を受けることはなく、戦後も医師としてのキャリア築いた。子どもたちの脳を入手できていたために、彼は1945年以前に始めた研究を続けることが可能だったと、報告書は指摘した。同氏は2005年に死去している。(c)AFP


そして、このナチス病院と同じことがここ日本でも起きています。

「スタッフの大半は適切な資格を持っておらず、子どもたちを静かにさせるために薬を「多用」し、柵で囲んだベッドと拘束衣を用いていたという。」
↓↓↓
日本でも精神保健指定医と一度も会ったことがないのに強制入院や拘束、隔離をされた経験のある人がいます。書類上は指定医の署名がありますが、会ったことすらありません。つまり、指定医ではない職員の判断で隔離や拘束が行われ、指定医は後付けでサインするだけなのです。適切な資格を持たない人々に不当に人権が奪われているのです。

多剤大量処方や隔離・拘束で静かにさせており、大量の死亡者が出ているのは、典型的な現在の日本の精神科病院です。
イメージ 1

イメージ 2



虐待に関わった人がちゃんと司法で裁かれていないのも一緒ですね。石郷岡病院事件の判決が物語っています。

そろそろ気付きましょう。ナチスが精神医学を狂わせたのではありません。同様に、司法が精神医学をおかしくしているのではありません。精神医学が「司法」という領域に侵入し、おかしくさせているのです。精神医学が「医療」に入り込むことで医療全体をおかしくさせているのです。

なぜならば、私が「精神医学」と呼ぶものは、医学の一分野としての狭義の精神医学のことではなく、拷問や虐待そのものであり、人の命に価値をつけ、不当に人権を奪って人々を支配する思想や実践だからです。

この構図が理解できたら、この社会の腐敗の根底にあるものが自ずと浮かび上がってくるでしょう。

開く コメント(1)

昨日の石郷岡病院事件に対する判決は不当です。冷静に考えてもおかしなことばかりです。

精神科病院での虐待は日常茶飯事ですが、それは全て密室で起きています。そしてしばしば死亡事件も起きていますが、死人に口なしの言葉通り、加害者が口裏を合わせたらほぼ全て隠蔽できてしまいます。

しかし、石郷岡病院事件では、映像という証拠が残っていました。この事件が立件されたことで、圧倒的に不利な立場にある精神科病院の入院患者に対する希望となるはずでした。

ところがその希望は絶望へと変わりました。映像という証拠があったにもかかわらず、求刑8年に対して無罪及び暴行罪の罰金のみという結果になりました。

この理屈がまかり通るなら、たとえ精神科病院で首が折れるなどの不自然な死亡事件が起きても、「証拠がない」「正当な治療・看護の一環」などで全て片付けられてしまうからです。

遺族の無念さははかりしれません。

もしもこれで検察が控訴を断念し、判決が確定したらどうなるでしょうか?

それは、法治国家の崩壊を意味します。国民の命を守るべき司法が完全に機能しなくなるということです。精神医療のやりたい放題にお墨付きを与えるということです。今後、精神医療従事者が患者に暴行を働いたとしても正当な業務とされるのです。

これはまさに絶望です。しかし、まだ可能性は残されています。いや、むしろ高裁で覆る可能性は十分にあります。我々は絶望を怒りへと昇華させ、声を上げて司法の良心を取り戻す必要があります。

まずは皆で検察を応援しましょう。彼らが控訴しなければ話にならないからです。国民の多くが地裁判決に疑問を持っており、検察が控訴して不当な判決を覆すことを望んでいることを伝えましょう。

報道によると、千葉地検は上級庁と協議して適切に対処するということでしたので、千葉地検にも東京高等検察にも要望を出しましょう。
千葉地方検察庁への意見・要望
東京高等検察庁への意見・要望

絶望した時、圧倒された時に引きこもってはいけません。相手の思う壺ですし、何よりも自分の精神的健康に良くありません。大切なことは、何か行動を起こすことです。これはどんな些細なことでもかまいません。何でもいいのでできることをすることがコツです。

検察への要望なら誰でもできます。声を上げましょう

開く コメント(6)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事