精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

精神医療産業の戦略

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

晋精会????

最近の新オレンジプランに関する不可解な動き
http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/55200378.html
http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/55209694.html

今日(2015年2月12日)の首相動静です。これではっきりしましたね
http://www.asahi.com/articles/ASH2D62XQH2DUTFK00W.html
6時13分、東京・新橋の第一ホテル東京。宴会場「ルミエール」で精神科医らでつくる首相の後援会「晋精会」の会合に出席し、懇談。萩生田光一自民党総裁特別補佐同席。54分


新オレンジプランの御礼懇談ということでしょうね。

「晋精会」この名前を覚えておきましょう。

精神科医は時の権力者にすりより、不当に権力を得るするという習性があります。ナチス時代の精神科医はまさにそうでしたね。「晋精会」という名前が、色々なものを象徴しているでしょう。

精神病院利権の暴走

以前、↓で伝えた問題について
http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/55200378.html

わかりやすい解説がこちらに書かれていました。
http://diamond.jp/articles/-/66183

大熊由紀子さんのFBによると、「最も強力にはたらきかけているのは、精神病院協会幹部を兄にもつ、石井みどりという自民党衆議院議員です。」とのことです。(※おそらく、参議院議員の誤りかと思いますが)

ちなみに、その議員への献金問題が今日ニュースになっていましたね。
http://www.sankei.com/affairs/news/150204/afr1502040011-n1.html

この新オレンジプランの作成や推進に関わる人々は、将来自分が認知症になり、精神病院で拘束され、向精神薬漬けにされ、一生を終えても文句は言えませんね。
認知症対策の新戦略が決定したそうです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150127/k10014995741000.html
首相「認知症は誰もが関わる可能性のある身近な病気」
新戦略「2020年ごろまでに、日本発の新薬の開発に向けた治験を始める」

まさにこの領域はドル箱になります。

上記ニュースをご覧になった後で、以下を是非お読み下さい。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41125

また、認知症市場に群がるのは製薬利権だけではありません。注目すべきは、精神科病院利権です。

http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017201501292982.html
だが、今回、方針継承をうたいつつ、長期入院など弊害が問題視されてきた精神科病院への入院を医療・介護システムの一環として組み入れ、必要性を強調した。背景に自民党議員の病院経営に配慮した要望があったとされるが、当事者の意思に反する逆戻りの政策は看過できない。

さて、もう一度おさらいしておきましょう。
http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/54459692.html
http://www.nisseikyo.or.jp/opinion/kantougen/532.html

自分の家族、自分の身は自分で守りましょう。「権威」「常識」「大多数の意見」に従うことが生存につながるとは限りません。
朝日新聞も「子どもに向精神薬処方、増加」とういタイトルで、子どもの向精神薬処方問題を1月25日朝刊で取り上げました。

一見すると子どもへの向精神薬処方自体が問題であるかのように思わせ、実は全く逆のメッセージとなっています。記事の後半を引用します。

 処方が増加した理由として、子どもの精神疾患が知られるようになったことで受診につながり患者が増えたことや、子ども向けADHD治療薬の販売が07年以降に開始されたことなどが考えられるという。
・・・奥村研究員(※医療経済研究機構の奥村泰之研究員)は、「医療現場で多くの薬が求められていることがわかった。子どもでも副作用や効果を確かめる治験をすすめ、薬を的確に使える環境を整える必要がある」と話した。


どうですか?この意図がわかりますか?彼らのメッセージは、薬をどんどん使えるように、子どもへの治験を進めるべきだというものなのです。

この研究が明らかにした重要なポイントは、子どもに対する適応外処方である抗精神病薬処方が増えていること、さらにエビデンスもない多剤併用処方が他の国と比較しても異常に多いことです。

子どもに治験がされていないことが問題なのではありません。本来最大限に慎重になされるべきはずの子どもへの投与が、あまりにも安易に見境なく広がっていることが問題なのです。当然、その前提となる診断も異常に拡大されていることも主要な原因です。

この朝日新聞記事の視点や、奥村研究員のコメントがいかに本質からずれたものであるかについては、とある精神科医がまとめた情報をご覧になるとわかるでしょう。
http://blog.livedoor.jp/beziehungswahn/archives/42745148.html

結局のところ、たとえ子どもに治験が進められたところで、見境なく診断や投薬を拡大していく精神科医へ免罪符を与える結果になるだけなのは明白です。
「ガン患者には心のケアが必要だ」―これならある程度は理解できます。

「ガン患者の大半がうつ病を併発している」―これは意味不明です。

「ガン患者のうつ病を早期発見し、抗うつ薬を飲ませないといけない」―もはや狂っています。でもこれが現在のスタンダードなのです。

以前から指摘している通り、精神医療産業の次なるターゲットは「●●病に伴ううつ病」です。難病を患ったり、余命宣告されている人が感じている当たり前の不安、うつ症状を「うつ病」と断言できる理由がわかりません。

しかし、いつの間にかガン患者のうつ病を早期発見すべきだという考えが広がり、「精神腫瘍学」という怪しげな概念が確立され、ガン患者を精神科医が診るようになってきたのです。

こういう記事とかはまさにそのPRです。
http://apital.asahi.com/article/2025/2014123000010.html

たとえば、あの忌まわしい「富士モデル」として知られる「睡眠キャンペーン」を提唱し、実施してきた精神科医である松本晃明氏はいったい現在何をやっているのでしょうか?

あら、こんなところにいらっしゃいました。
http://www.scchr.jp/jushin_annai.html#syuyouseishin

この精神科医は、富士モデルに効果があると喧伝し、毎日新聞2007年6月25日配信記事では「抗うつ剤を飲むだけで自殺を免れることができる。」と主張していました。

もちろん、富士モデルを導入してから自死者は増えています。不思議ですね。効果があるのではなかったのでしょうか。

本当におかしな世界です。富士モデルの「効果」とは、精神科につなげられた人々が増えたということをもってそう表現するようです。でも本当の目的である自死者は減りましたか?

ガン患者のうつ病早期発見事業も一緒です。遺族らから話を聞くとさらに不思議なことが起きていることがわかります。併発するうつ病を治療され、しっかりと心のケアをされているはずのガン患者が、なぜかガンで命を落とすのではなく自死しているのです。

心のケアとは一体なんでしょうか。心のケアを精神科医に任せている限り、その定義はどんどん歪められているのです。

そうですね。皆さんは、丁寧に話を聞いてくれて不安を受け止め、前向きになるように方向づけてくれるものだと勘違いしているかもしれません。しかし、現在被災地や医療現場で提供されている心のケアとは、チェックリストに従って早期に病名をつけて薬物療法に促すものとすり替わっているのです。

「心のケアの偽善を見破る」というのが、今年のキーワードになりそうです。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事