精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

身体拘束・隔離

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

重要:以下に該当する方いらっしゃいますか?
①聖マリアンナ病院精神科に勤めている(いた)方
②聖マリアンナ病院精神科に入院・通院している(いた)方。特に、強制入院や行動制限を受けていた方。
③聖マリアンナ病院以外での精神保健指定医の資格不正取得の実態について直接知っている関係者

今回の聖マリアンナでの精神保健指定医の不正取得は特別なケースだとは到底思えません。同様のケースはかなり広がっていると思われます。そこで、徹底的にこの闇を暴きたいと考えています。マスコミにもしっかりと暴いてもらうため協力しようと思います。

①〜③に該当する方、是非ご連絡下さい。

さて、精神保健指定医は特別な資格を持っています。強制入院、隔離、身体拘束など、意志に反して人の身柄を拘束できる権限があるからです。誤認逮捕や冤罪死刑があってはならないよう、指定医が誤って判定することは重大な人権侵害にあたります。

人の自由と権利を強く制限する精神保健指定医の判定は常に正しいのでしょうか?

まず、この方々の言葉を聞いてみましょう。

「基本的には入院の正当性というものは指定医の先生が御判断をいただくわけでございますから、必要がない方が入院になるということはまずないわけでございます。」田村憲久厚労相(当時) 2013年5月28日参議院厚生労働委員会

「精神科医療においては、(行動制限は)精神保健福祉法により、指定医という資格を持った医師の判断によってのみなされ、厳格な手続きが定められており、厳重な監査の仕組みがある。しがって、現在の日本においては、人権がもっとも保障されている分野は、精神科医療であり、これと同等のスキームが他の高齢者医療介護の分野においても整備されることが望まれる」石井みどり参議院議員 女性セブン2015年4月23日号

まるで精神保健指定医は必ず正しい判定をするかのようですね。さて、今日のニュースではこうなっています。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150414-OYT1T50057.html
実に11人もの精神科医が不正取得した疑いがもたれているのです。こうなると、本当に聖マリアンナだけの問題ではありません。こちらにも指定医の不正取得に関する内部告発が来ています。

もはや、精神保健指定医の判定が正しいかどうかという以前の問題です。指定医の資格自体が偽物だったからです。現在、精神科病院において、身体拘束、隔離、医療保護入院が異常なほど急増しています。本当にこれらの判定は正しいのですか?
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

この記事に

開く コメント(5)

雑誌「創」の2013年7月号、8月号に興味深い記事が掲載されています。昨年、マスコミを賑わせた元「オセロ」中島知子さんの洗脳騒動について、その真相が本人と関係者の口から語られています。
http://www.tsukuru.co.jp/gekkan/

是非全文をお読みいただきたいのですが、決して他人事ではない、今の日本を象徴する危険な状況がよくわかります。

そもそもの発端は家族問題でした。中島さんからの金銭的援助が途絶えた妹が騒ぎ立て、それにマスコミが乗っかり、さらには霊感商法対策で有名な弁護士や議員らが出てきて騒動を大きくしたという構図です。同居していた占い師は洗脳のプロだと大きく騒がれ、煽りたてられた家族が彼女を精神科病院に強制入院させられました。しまいには、彼女が向精神薬でふらふらの状態でインタビューに応じたことで、「まだマインドコントロールが解けていない」などと言われるようになったそうです。

では発端は何だったのでしょうか?

インタビューに応じた中島知子さんの言葉が掲載されている8月号より一部引用します。

 家賃滞納については、個人的な問題でお騒がせして本当に申し訳なかったと思います。しかし私としてはあの時、どうすることもできなかったのです。いい年をしてハチャメチャなことをしたと反省していますが、体調も悪かったし、家族や仕事のことで思い悩んで追い詰められていたのです。そして、前の年から仕事も休んでいたため、家賃が払えなくなったのです。家への仕送りもできなくなり、その時手伝ってもらっていた方の年金や貯金で生活させてもらってました。
以前から私の家族は仕送りが届かなくなると、私の友人や、交際相手を疑うことがありました。そして今回も、妹が「お姉ちゃんの様子がおかしい」と言い出し、「誰かに影響されているんじゃないか」と言い出したようなのです。
そして妹が家族に「お姉ちゃんが誰かに影響されて、家賃滞納して家に閉じこもっている」という話をしていったのです。それに両親も「そうか、うちの娘が理由もなしに家賃滞納するはずがないものね」と乗っかって、話が大きくなっていったのです。
だから、結局これは家族問題なのです。それまで私が妹夫婦と甥を養って、さらに両親にも仕送りをしていたのですが、家族とのそういう金銭関係が私は嫌でした。特に妹は何かにつけて養ってくれという話になり、それがストレスだったんです。そういう状態が私にはキツかったんです。


結局、彼女はマスコミに振り回された挙句、会社(松竹芸能)からも家族からも洗脳が解けていないという扱いをされ、精神病棟に強制入院させられてしまいます。

家族から搾取され、それに嫌気がさしてふさぎこんだら「洗脳されている」と騒がれ、挙句の果てに強制入院させられたということです。その過程で出てくる、興味本位のマスコミ、正義感ぶった弁護士と国会議員、そして問題ないのに強制入院を受け入れた精神科病院。彼らは一体何者でしょうか?

これは完全に集団いじめの構図です。二重、三重に被害者に追い打ちをかける徹底ぶりです。いつから日本はこうなったのでしょうか?いや、精神医療を絡めて社会的に抹殺する手法自体は昔から変わりません。メディアを使って大衆を煽るという手法も昔から変わりません。

ちょっと想像してみて下さい。あなたが学校の部活仲間にいつもたかられ、仕方なくいつも晩御飯を奢っていたとします。それが嫌になって部活にいかなくなり、友人に悩みを聞いてもらって支えられていたら、部活仲間が騒ぎ立て、教師を巻き込んだ大騒動となります。友人は、陰口を吹き込んであなたを孤立させようとする極悪人だとされ、学校中から非難されます。学校とは関係のない人々までがその友人の悪口を言い、ネットで誹謗中傷します。あなたがそれに胸を痛めてその友人をかばおうとすると「洗脳されている」と言われます。それでも友人を守ろうとすると、精神科病院へ強制入院させられます。こんなことをされて耐えられる人などいますか?

自分のしている悪事がばれそうになった際、注意を他に逸らし、他人に責任をなすりつけようとして、他人のことを「狂っている」「おかしい」と必要以上に騒ぎ立てる人がいます。強制入院させられた人ではなく、強制入院をさせた人、そしてそれを決定した精神保健指定医自体がおかしいというケースがあります。

もちろん、このような強制入院は、あってはならないことです。しかし、先日発覚した大阪府立精神医療センターの事件のように、精神医療現場で実際に起きているのです。そして、資格を持った精神保健指定医なら、いつでも正しい判断をするはずだと厚生労働省は現実を見ずに今日も言い張っているのです。

この記事に

開く コメント(12)

最新の統計が出ました
http://www.ncnp.go.jp/nimh/keikaku/vision/pdf/data_h23/h23_630_sasshitai.pdf

早速グラフにしました。とんでもない惨状が浮かび上がってきました。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

例の精神保健福祉法改正案が通過してからこの情報が明らかにされました。こんな惨状を放置して、医療保護入院の要件を緩和すると意図しているのです。

このあたりの情報も参考にして下さい。
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=79920
http://mainichi.jp/feature/news/20130622ddm001100029000c.html
http://mainichi.jp/feature/news/20130622ddm041100069000c.html
http://mainichi.jp/feature/news/20130623ddm041100107000c.html
http://mainichi.jp/feature/news/20130625ddm041100053000c.html
http://mainichi.jp/feature/news/20130626ddm041100100000c.html

※追記
死亡退院とは、単に入院患者高齢化に伴う自然死ではないかという反論がありますが、1882人の死亡退院のうち、入院して3ヵ月未満の死亡が492人(26.1%)、1年未満でも962人と半数を超えます。長年精神科病院に入院して自然に死亡するというのではなく、入院してすぐに亡くなるというのは何を示しているのでしょうか。患者を衰弱させる要因があるのか、あるいは余命のない患者があえて入院させられているのか。いずれにせよ大きな問題です。

また、任意入院患者であるのに、終日閉鎖されている病棟に入院している患者が83,992人、保護室に隔離されている患者は1,065人、身体拘束されている患者が1,408人います。任意入院ってなんでしょうね?

この記事に

開く コメント(25)

土曜日から、興味深い映画が日本でも上映されます。
 
詳しくはこちらをご覧下さい。
 
世界最大の精神病床数を誇る日本では、原子力村とは比較にならない巨大な闇に包まれた「精神病院村」が存在します。この利権にまみれた集団は、さんざん不正が暴かれながらも、医療観察法のごり押しや5大疾病の地位取得という手段を使い、いまだに衰える気配がありません。イタリアとは対照的です。
 
そうなってしまった責任は、当然私たちにもあります。学校や地域社会、会社などに見られるような、我々日本人の事なかれ主義と傍観主義、差別主義が、必要悪としての精神病院の存在を許しているのです。
 
この映画をご覧になれば、この日本で精神病院をなくすのに何が足りないのかよく理解できるかと思います。
 
精神科医による「正常」「異常」の判定や、精神病院の存在を支えているのは、決して科学ではありません。単に、「正常」側でいたい人々の、他人と異なることに対する恐れに過ぎないのです。そして、そこにマーケットという要素が加わり、ますます破壊的になっているだけです。
 
これを見れば、精神病院がどのような意図で誕生したのか理解できると思います。
 
日本人が精神病院を「不要」と判断し、そしてイタリアと同じようになくすことができれば、この日本社会は大きく変わるでしょう。

この記事に

開く コメント(18)

何らの精神疾患もなかった20代の青年が、騙されて精神科の診察を受けさせられ、たった2、3言会話しただけで、暴れてもいないのに、いきなり羽交い絞めされて注射を打たれ、意識を失いました。しかも、そのまま全身麻酔をさせられ、電気ショックを施されました。意識を取り戻したところ、手足を縛られ、保護室に入れられていました。そして2週間、その身体拘束は外されませんでした。
 
結局、彼は短期間で6回も電気ショックをやられ、薬漬けで苦しみました。同意書にサインしないと退院させないなどと散々脅され、精神科医に従ったフリをしたところ、退院できました。これは、東京で昨年起きた事件です。
 
映画・シャッターアイランドを見て、怖いけど映画の中の世界だと思った日本人も多いことと思います。しかし、日本では現実世界で上記のような事件が普通に起きているのです。
 
その青年は退院後、なぜこのような非人道的な行為が堂々と行われているのかについて調べました。そして、弁護士の力も借りず、自力で証拠を集めていきました。次々と、医療とは思えない異常な行為が発覚していきました。
 
実は、電気ショックは極めて保険点数の高い治療です。全身麻酔下の電気痙攣療法(電気ショック)は、1回で3万円が病院に入ってくるのです。その病院は、何と、一日で多いときに40件も電気ショックを患者に施しています。外来でも電気ショックをしているとはいえ、わずか100少々の病床数でこの数は異常としか言えないでしょう。それだけで120万円の収入です。
 
また、入院治療については、入院直後は保険点数が高く算定できます。長期になればなるほど、保険点数はかなり下がるので、短期間で搾り取るだけ絞り取って回転を早めるのが精神病院にとって一番金儲けになる処遇です。隔離室に入れておけば、精神科隔離室管理加算というボーナスもつけられます。当然、強制入院にもボーナスがつけられます。
 
最近、政府は精神科救急に力を入れています。しかし、それを逆手に電気ショックの濫用、不当な強制入院、必要のない隔離・拘束が行われているとしたら恐ろしいことです。
 
当然、被害者は彼だけではありません。多くの若い患者が被害に遭っています。満足な診察もせず、精神科医の一方的な思い込みで強制入院を決めるということは、逮捕・監禁以外の何物でもありません。ましてや、満足な診察もなしに有無を言わせず意識を失わせたり、即電気ショックをかけたりする行為は、到底医療とは呼べないでしょう。
 
その青年はこれ以上被害者を増やさないようにしようと決意し、立ち上がりました。先日、彼はその病院を相手に訴えを起こしました。無事地裁に訴状を受理されました。
 
彼は、同じような被害者がいないかと呼びかけています。その精神病院は、東京都足立区にあります。病院名は伏せておきますが、心当たりがあるという方、特に彼のような被害に遭ったという方がいらっしゃれば、至急ご連絡下さい。
kebichan55@yahoo.co.jp
 
強制入院という形態は、ある意味必要です。しかし、そのシステムが健全であり、決定を下す人物が信用に値している場合に限ります。日本では、まともな診察もできない精神科医が精神保健指定医という免罪符を持っている以上、誰もが突然「冤罪」に巻き込まれ、自由と権利、名誉、人生全てを奪われる危険性があります。日本列島自体がシャッターアイランドです。
 
その知られざる実態を知りたい方は「閉鎖病棟からの告発」(八木美詩子著、アットワークス出版)をお読み下さい。
http://www.atworx.co.jp/works/pub/57.html
 

 

この記事に

開く コメント(84)

開く トラックバック(2)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事