精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本日、鹿児島県警が詐欺容疑で山口龍郎容疑者を逮捕しました。
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/20180221/5050001847.html
NHK 鹿児島 NEWS WEB
向精神薬譲渡医師 詐欺で再逮捕 02月21日 12時21分

うつ病や不眠症などの治療に使用される向精神薬を診察せずに譲渡したなどとして、先月九州厚生局に逮捕された鹿児島市の精神科医について、警察は21日、実際には患者を診察していないのに診察したかのように装い診療報酬をだまし取ったとして、詐欺の疑いで再逮捕しました。

再逮捕されたのは、鹿児島市常盤1丁目の医師、山口龍郎容疑者(45)です。
警察によりますと、山口容疑者は平成26年8月ごろと9月ごろの2回にわたって、県内の50代男性について実際には診察していないのに診察したかのように装い、診療報酬あわせて数万円をだまし取ったとして詐欺の疑いが持たれています。
警察によりますと、山口容疑者はこの男性に郵送で向精神薬を送っていたということです。
警察は山口容疑者が容疑を認めているかどうかについては、「捜査に支障がある」として明らかにしていません。
山口容疑者は、鹿児島市と垂水市の2か所で精神科のクリニックを開業していましたが、不正に診療報酬を得る目的でみだりに向精神薬を譲り渡したなどとして、先月23日に九州厚生局麻薬取締部に逮捕され、今月1日、再逮捕されていました。
警察は、山口容疑者がほかにも不正に向精神薬を譲り渡していたとみて、いきさつや動機について詳しく調べることにしています。

ようやく、ようやく、ようやく警察が動いてくれました。

診療報酬の不正請求は刑法上の詐欺ですが、そう簡単には詐欺罪で立件できないのが実情です。なぜならば具体的に一つ一つ裏付けしていかないといけないからです。医師が「誤請求だった」と言い張れば、それ以上追及できなくなることもしばしばです。

特に、精神科医の場合は患者側の証言を「妄想」「病気」と言い張るのが常なので、その請求が物理的にあり得ないことを示す物証が必要となってくるのです。

大きな問題は、診療報酬の不正請求について調査し、行政処分を下す権限のある厚生局には、捜査権がないということです。そのため、たとえ有力な情報提供があったとしても、不正請求についてはごく表面的なことしか調査できず、しばしば中途半端に終わります。時間がかかる上、処分が決定するまで何の情報も明らかにされないため、本当に進んでいるかどうかもわかりません。

警察はそう簡単に捜査してくれません。せっかく捜査権があるのだから、はじめから警察が動いていたら、もっと早く実態解明が進み、早期に山口容疑者は摘発されていたでしょう。

ただし、警察にも言い分はあるでしょう。有力な物証がないとせっかく逮捕まで持ち込んだとしても不起訴になったり、有罪にできなかったりする可能性があります。また、被害額が少なければせっかく物証があっても不起訴になる可能性が高くなります。つまり、本件の場合、山口がいかに悪質であるかを関連機関すべてに理解させる必要があったのです。

そして、動かしやすい順に、保健所→麻薬取締部→警察(捜査二課)が動いたという形です。

ようやく警察を動かすところまできました。ただしこれはまだまだ足掛かりに過ぎません。詐欺罪はあくまでも外堀です。捜査一課を動かし、本丸を攻め込みたいところです。

警察は逮捕した以上、今後警察も検察も本気になって動いていきます。彼らにとってさらなる有力な情報提供は大きな助けになります。ですから、以下のような被害に心当たりがある方は今こそチャンスです。警察に通報して下さい。被害届を出すなりして声を上げて下さい。
・無診察診療なのに、通院在宅精神療法等の精神科専門療法の点数を算定され、医療費を請求された
・強制性交(強姦)、強制わいせつの被害を受けた
・通常ではない形での向精神薬使用、あるいは脱法ドラッグ使用によって傷害を受けた

本件について相談・報告等ございましたら、匿名でもかまいませんのでまずは以下にメール下さい
kebichan55@yahoo.co.jp

この記事に

開く コメント(1)

デタラメな精神科医がいるのは事実です。

専門家を自称しながら、基本中の基本すらできず、根拠の無い診断や投薬をする精神科医がいるのは事実です。そしてそれがごく一部ではなく無視できないほど多数である(例:入院患者に対する抗精神病薬の3種類以上の多剤処方が約4割、身体拘束中の診察がなかった患者が2割等)という事実があります。


そして、そのような精神科医が日々患者の命を奪い、人権を侵害し、不正を働いているというのは事実です。多くの被害者が一生苦しんでいるのも事実です。

しかし、このような事実を指摘すると、必ずこのような反論が出てきます。
「精神科に行って救われている人もいる」
「大半の精神科の先生は真面目にやっている」
「ごく一部の極端な例を挙げて一般化するな」
「精神医療に対する過度な恐怖心を煽り立てて本当に医療や福祉を必要とする人のアクセスを妨害するな」

では、振り込め詐欺(オレオレ詐欺)に対する警鐘もダメなのでしょうか?ネット犯罪について小学生や中学生に教育するのはダメなのでしょうか?

多くの人々が電話を利用していますが、振り込め詐欺に利用している人などごくごく一部です。でも、それを無視していいのですか?しつこいまでに警鐘を鳴らすのは、過度な恐怖心を煽り立て電話の利用を妨害する行為ですか?

課金問題やネット犯罪について何も教えないまま、便利だという理由で子どもにスマホを持たせることが正しいのですか?

どんな領域でも、大半の人々が真面目に誠実に職務を全うしている一方、一部の人々が悪事を働いているという構図が見られます。特に、決まりがあいまいな領域は不正・犯罪の温床になり易いのは当たり前のことです。

だからこそ、精神医療という根拠もルールもあいまいな分野には犯罪、人権侵害がはびこりやすいのです。

現在行政機関を中心に行われているメンタルヘルス対策というものは、そのほとんどが「とにかく専門家に繋げる」というものです。そこには、デタラメな専門家が存在し、被害に遭う危険性があるという視点は微塵もありません

それは、ネット教育なしに子どもにスマホを持たせるというレベルではなく、悪い人なんてこの世にいないんだよと言って子どもに一人で夜道を歩かせるレベルです。

こんなブログがあるのは「夜道を一人で歩いたら危ないよ」と子どもに注意する人がいないからです。本来、学校や行政機関がそれをすべきなのに、むしろ積極的に夜道を歩かせているのが現実です。

専門家であれば正しい診断、適切な治療をしてくれるはずだというのは単なる思い込み、いや幻想を通り越して妄想です。精神科領域において、最初から「正しい診断」など存在しないのです。その事実を理解してようがしてまいが、何のリスクも説明することなく無責任に精神科に繋げることは、何らの防犯手段を持たさないで子どもに危険な夜道を歩かせるようなものです。

この記事に

開く コメント(3)

本日も南日本新聞が記事を出したようです。引用します

診療報酬不正請求か
立ち入り検査垂水・診療所 診察せず再診料

 不適切な診療をしていた疑いがあるとして、鹿屋保健所が立ち入り検査をした垂水市の精神科・心療内科の診察所が、診療報酬を不正請求していた疑いがあることが18日、分かった。40代の男性院長は取材に「(請求に)ミスはあったかもしれない。不備があれば返金したい」としている。

 この診療所を巡っては、初診料を除く患者を直接診察せずに、院長が向精神薬を処方することがたびたびあったと、複数の関係者が取材で証言している。

 南日本新聞は、昨冬まで通院していた男性が診察を経ず、宅配便で向精神薬を処方されたちされる診療費明細書を入手。「再診料」や、5分を超える診療のときに加算される「通院精神療法(30分未満)」の記載があった。
 男性によると、診察を受けないまま診療所で薬を処方された際も通院精神療法などが算定されていたという。「おかしいと思い、職員に聞いたが、言葉を濁される感じだった」と話した」(以下略)

さて、ついにこの情報が出てきたのでこちらも情報を解禁します。どうせ今頃必死になってカルテを改ざんしている頃でしょうから。

院長は返金して終わらせるつもりのようですが、当然「誤請求」で済む話ではありません。これらの行為は完全な違法行為です。具体的には医師法違反(無資格医業、無診察処方)、薬剤師法違反(無資格処方)、向精神薬及び麻薬取締法違反(向精神薬の配達)、健康保険法違反(不正請求)、刑法上の詐欺(カルテの不実記載の上の不正請求)です。

そもそも、この院長は診察日にクリニックに来ることすらもしないことがしばしばでした。常勤医師は彼だけなので当然彼が来ないのであれば休診しなければなりません。ところが、非医師の職員だけで患者に対応し、院内処方なので向精神薬を患者に渡していたということが常態化していました。

患者の皆様、同じような経験ありましたよね?診察日に来院したのに院長が不在で非医師の職員だけで対応され、薬だけ渡されたことありませんでしたか?それなのに本来算定できない再診料や通院精神療法が請求されていませんでしたか?

是非しかるべきところに通報して下さい。具体的には以下になります。

・りんどう心のクリニックの場合
鹿屋保健所 代表0994-52-2103 ※無診察処方や健康被害について
鹿屋警察署 代表0994-44-0110 ※診療報酬不正請求の詐欺被害やわいせつ行為の被害について

・城西こもれび心療内科の場合
鹿児島市保健所 
代表099-224-1111 ※無診察処方や健康被害について
鹿児島西警察署 代表
099-285-0110 ※診療報酬不正請求の詐欺被害やわいせつ行為の被害について

・両クリニック共通
九州厚生局鹿児島事務所 代表
099-201-5801 ※診療報酬不正請求について
九州厚生局麻薬取締部
 092-472-2331 ※無資格者による向精神薬の処方、向精神薬の宅配について

特に麻薬取締部は捜査権があり、家宅捜索などが可能となります。こちらから通報できますので、向精神薬が家に宅配されたという方は、その状況をこちらまでお伝え下さい。
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kyushu/aboutus/inquiry.html

また、この件についてはマスコミがとても強い関心を持っています。私のところにご連絡いただければマスコミにつなぐこともできますし、私を介さなくても直接連絡していただければ、きっと取材に応じてくれるでしょう。

とにかく今は気付いた人がしかるべきところに声をあげていく段階です。院長はカルテ改ざんと返金で逃げようとしています。そうさせないためにも、ご協力よろしくお願いします。

kebichan55@yahoo.co.jp

この記事に

開く コメント(4)

皆様のおかげで情報が集まってきました。やはり状況は深刻でした。これ以上被害を出さないようにするために、もう一度呼び掛けます。

鹿児島県鹿屋市の平和台病院で問題を起こして解雇され、平成26年に鹿児島市に城西こもれび心療クリニック、垂水市にりんどう心のクリニックを開業したY医師についてです。

この精神科医の診察には奇妙な特徴があります。男性に対しては非常に短い診察、あるいは無診察で終わることがしばしばで、女性に対しては異常に時間をかけて診察します。そして、付き添いの家族が女性の場合、なぜか患者本人よりも時間をかけて面談します。

そして、初診の女性患者や初対面の付き添い女性家族に対して「看護師には内緒」「家族には内緒」と言いながら「特別に」自分の個人的な連絡先を渡すのが特徴です。驚くほど同じ手口です。

Y医師から診察を受けたという方、女性も男性も、そのご家族もまずはご連絡下さい。言い辛いことがあれば、一連の情報を知っている女性弁護士の連絡先をお伝えします。

また、特に元従業員の方からの情報をお待ちしております。多くの従業員がひっきりなしに入れ替わっているのもこの精神科クリニックの特徴です。匿名でかまいません。今まで全てそうでしたが、元従業員からの情報があれば物事は劇的に進みます。
kebichan55@yahoo.co.jp

この記事に

開く コメント(4)

鹿児島市にある城西こもれび心療クリニック、垂水市にあるりんどう心のクリニックで治療を受けたことのある方、及びそのご家族の方へ

何か非常におかしなことがありませんでしたか?

心当たりがあれば大至急ご連絡下さい。

報告しづらいようでしたら、一連の件についてご存知の女性弁護士の連絡先をお伝えします。
まずはご連絡下さい

メール:kebichan55@yahoo.co.jp

この記事に

開く コメント(0)

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事