精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

精神科医による犯罪

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全40ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

先日厚生労働省が「平成29年度における保険医療機関等の指導・監査等の実施状況 」を発表しました。

今回は特段精神科が取り上げられているわけではありませんが、精神科領域では不正請求など珍しいことではありません。ただ発覚しにくいだけの話です。

指導・監査は犯罪捜査ではありません。そのため、家宅捜索のような強制的なカルテ押収はできません。ですから、発覚していない、あるいは怪しいとわかっていても処罰まではできなかったケースなど、この数十倍、いえ数百倍はあることでしょう。

実際、私はどこの行政機関も見つけなかったある精神科医(山口龍郎被告)の不正の手口を暴き出し、告発しました。最終的にその精神科医は詐欺で起訴され、現在公判中です。

公判を通して明らかになった山口被告の手口の一つ(※あくまで数ある手口のごくごく一部)は、患者や従業員に対して親の保険証を持ってくるように促し、一度も診たことのない人物のカルテを作り、保険請求するというものでした。

それに対する彼の言い訳はひどいものでした。
・精神科の患者は本人が来院できないということも多く、家族の伝聞で診察することは一般的
・本当は従業員を診察したが、精神科の治療を受けたことが記録に残ってしまうと生命保険などで不利益になるので、本人の将来を考えて本人ではなく親を診察したようにしてあげた
・従業員が勝手にカルテを作っていた。私が記載する以外のところは作られた状態で机に置かれていた。

当然こんな拙い言い訳はすぐに検察に論破されていました。
・伝聞で診察したというのなら、なぜその旨をカルテに記載しないのか?どうみても本人が来院したとしか読み取れない
・(カルテに表情まで記載されていたことについて)あなたは会ったこともない人の表情までなぜわかるのですか?
・たとえ従業員が勝手にカルテを作っていたとしても、それに追記して保険請求に回したのはあなたなのではないですか?

それに対して、山口被告は小さい声でうなずいたり、(表情についての記載は)慣用句みたいなものだと意味不明な言い訳をするだけでした。

勝手に保険証を使われた親本人が傍聴席にいるのに、親の保険証を使うことは了承を取っていたと平気で証言する始末です。

それにしても遺族にとって腹立たしいのは「本人の将来のため」という言い訳でしょう。将来のことなど何一つ考慮せず、逆に将来を奪った当事者が平気でこんな言い訳をするのですから。

公判と通して一貫している被告の態度は、お金を不正に儲けようという意図は一切なかった。患者のためを思うあまりに、意図せずにルールを破ってしまった。そこについては反省する。だから医療現場に復帰したい。というものです。

つまり、反省するフリをして全く反省などしておらず、しかも再犯の恐れがあるということなのです。家宅捜索から公判まで一連の彼の態度を見ても、更生など見込めません。なぜならば、何度も何度も謝罪も反省するチャンスはあったのに、それをことごとく蹴り、自分は悪くない、自分は被害者だとする態度を決して改めなかったからです。

裁判長!市民の命と財産を守るためにも厳罰を!!

この記事に

開く コメント(0)

先週(12月20日)、山口龍郎被告の刑事裁判を傍聴するために鹿児島に行ってきました。その日は被告人質問で、山口被告本人による答弁が聞ける貴重な公判でした。

午前中は弁護人による質問であり、被告人は声も大きく饒舌でした。事情を知っている人から見ると単なる嘘つきですが、事情を知らない人が午前中だけ傍聴すると、患者を思うあまり、些細な法令を知らずに違反してしまった可哀想な先生と勘違いするでしょう。

しかし、午後に検察官から質問されるとすぐに化けの皮が外れました。声は聞き取れないほど小さくなりました。次々と嘘が暴かれ、傍聴席は失笑で包まれました。

それでも彼は反省することなく、今後も医療を続けていきたいと言い出す始末です。復帰する気満々なのです。

こういう精神科医が児童精神科を標榜し、子どもたちにも適当な診断と投薬をしているのです。こんな精神科医でもコンサータ登録医になれるのです。ビバンセを登録制にしても何の解決にもなりません。

そういえば、この精神科医も「子どもをうつから救う」などという本を出していました。

こんなデタラメわいせつ精神科医たちが「専門家」として子どもの心を診ている現実を知って下さい。

こういう精神科医を駆逐しないでビバンセを承認したらどうなると思いますか?

この記事に

開く コメント(0)

主治医という立場を利用して患者に手を出す精神科医がいます。今まではほとんど泣き寝入りでした。被害者が勇気を出して警察や保健所に相談しても何もならないということが何度も何度もありました。

しかし、今回は被害者の声が警察を動かしたようです。やはり複数から声が上がっていたということは重要です。信憑性が増すからです。

精神科医による性的被害に遭った方は、是非警察に相談してみて下さい。従業員等の立場から犯罪の事実を知ってしまった人は是非内部告発して下さい。この手の精神科医は自制することができないため、被害者の数はあっという間に数十人規模になってしまいます。誰かが声を上げない限りゼッタイにそれは止まりません。

患者という立場でなくても、女性にこのような被害が出ています

人権週間にわいせつ精神科医が逮捕されたことは喜ばしいことです。わいせつ変態精神科医から患者の人権を守りましょう。もちろん女性だけなく、男性患者も性的被害に遭うこともあります。さらには、患者どころか患者家族や従業員にまで手を出す精神科医もいます。

彼らは心の専門家ではありません。心に付け入る専門家です。

この記事に

開く コメント(0)

非常にわかりやすい「反応」が出てきました。

630調査には、死亡退院、身体拘束、隔離、入院期間など、精神科病院側にとって知られたくない項目がいくつも入っています。

個人の尊厳、人権をないがしろにする人々に限って、「個人情報」を盾に情報開示を拒みます。

50年以上閉じ込めている側が、「個人情報の保護を!」と叫んでいるのです。その方々の個人情報の保護を叫ぶ前に、その方々に対してやるべきことがあるのではないですか?

実際にその当事者に聞いてみると良いと思います。50年閉じ込められ続けるのと、個人が特定される可能性がある調査に協力するのと、どちらが重大な人権侵害であるか。

この記事に

開く コメント(9)

晴天の霹靂だった釈放から半月、ついに山口龍郎容疑者が起訴され、再び拘留されました!

MBC News
診療報酬だまし取った医師 詐欺罪で起訴[03/29 19:13]

患者を診察せずに向精神薬を譲り渡したなどとして逮捕され、処分保留で釈放されていた鹿児島市の医師について、鹿児島地方検察庁は29日、診療報酬をだまし取った罪で起訴しました。

詐欺の罪で起訴されたのは、鹿児島市の山口龍郎医師(45)です。起訴状などによりますと、山口被告は鹿児島市と垂水市で精神科クリニックを経営していた2014年からおととしにかけ、県内に住む男女2人を診察していないにも関わらず、全国健康保険協会に診療報酬を請求し、およそ30万円をだまし取ったとされています。
山口被告の認否について、鹿児島地検は公判に支障があるとして明らかにしていません。
山口被告は診療報酬をだましとった詐欺の疑いや、診察をせずに患者に向精神薬を譲り渡すなどした疑いで、県警と九州厚生局麻薬取締部に3回逮捕されていましたが、処分保留で釈放されていました。

鹿児島地検は起訴にあたり、改めて山口被告の身柄の勾留を求め、裁判所に許可されたということです。
なお、患者を診察せずに向精神薬を譲り渡した容疑について、鹿児島地検は起訴するかどうかの処分は決まっていないとしています。


まさに執念の逆転でした。釈放されたことに気落ちし、何もしなければ、99.9%不起訴処分となっていたでしょう。処分保留=不起訴ではないと説明されるかもしれませんが、既に3度も逮捕し、別件での捜査が進んでいるタイミングで釈放するのは、明らかに年度内に決着(=不起訴処分)をするための動きでした。

釈放の背景にどういう圧力や判断があったのかはわかりません。ただ一つ言えることは、我々だけではなく多くの人々の思いや行動がこれを覆したのです。表から裏から上から下から多くの人々がこれに対して動いてくれました。

声を上げること、行動をすることのみが解決策です。この件に関わり、何らかの行動を起こしてくれた皆様全員に心より感謝します。

この記事に

開く コメント(3)

全40ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事