精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

精神科の治療と凶悪犯罪

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

事件から一週間が経ちました。まだまだ情報は断片ですが、様々な「要素」が判明してきています。

①危険ドラッグを常用していた
措置入院後も大麻や危険ドラッグを常用していたという情報があります。特に気になるのが危険ドラッグです。幻覚を見ていたという友人の証言からもわかるように、危険な幻覚剤系の成分が含まれていたと思われます。薬物の恐ろしいところは、単に副作用だけではありません。後述するように、薬物や痛みによって無意識にさせられた状態では、変な命令や思想が植え付けられてしまうことがあるのです。

②措置入院をされ、薬物治療を受けていた
「企図」と「実行」には大きな壁があります。少なくとも、措置入院前は「実行」してませんでした。措置入院が甘いから犯罪を防げなかったという論調や分析が多い中、むしろ措置入院の経験やその治療こそが最後のひと押しにつながった可能性も考えられます。そもそも、措置入院自体が正しかったのか不明です。刑法で取り締まるべき案件を、精神医療へ丸投げした可能性もあります。

③「ヒトラーの思想」が降りてきた
ヒトラーの思想とは優生思想であり、まさにそれを体現したのがドイツの精神医学です。ヒトラーの指示というよりも、精神科医らが自発的に精神病院において障害者を大量虐殺したあの「T4作戦」を、彼は一人で実現させようと考えたのでしょう。

④取りつかれた状態での冷静で計画的な犯行
当初、薬物の影響下で興奮状態で事件を起こした可能性を疑いましたが、報道が増えるにつれ、事件は激情に支配されて起こされたものというよりも、冷徹に計画的に起こされたという事実が明らかになってきています。まるで、植え付けられた思想の下、冷徹に集団虐殺や自爆テロを行う過激派集団や、オウム真理教を彷彿とさせられます。ここで思い起こされるのが「MKウルトラ計画」です。当時世界のトップである世界精神医学会初代会長らとCIAによる洗脳実験のことです。彼らは「薬物」「電気ショック」「痛み」を用いて人を無意識下に置き、そこに命令や思想を催眠術的に植え込んでいました。それが応用されたのがオウム真理教であり、現在世界中で多発する自爆テロの背景にも向精神薬が使われています。

他にも、容疑者が向精神薬を売っていたと友人が証言していた報道もありました。

薬物を使うにつれて性格が破たんしていき、極端な精神医学的優生思想に傾倒するようになり、精神科に強制入院させられ、薬物治療を施され、そして最終的に事件を起こしました。

彼が殺人鬼へと至った経緯をしっかりと調査することなく、措置入院の体制が甘かったという安易な分析の下、精神医療を強化することが解決策であるという誤った方向に進むことを懸念しています。

これほどにまで精神医療の本質が要素として入り込んだ事件はありません。本当に取り締まるべきものは何でしょうか?少なくとも、精神医療を強化し、危険な人々を取り締まる役割として精神科医に権限を与えてしまったら、事件を防ぐことができるどころか、ますます事件が増えるに違いありません。

この記事に

開く コメント(1)

19人殺害事件

やはり精神科で治療を受けていました。もちろん薬物療法も

http://www.news24.jp/articles/2016/07/26/07336313.html
 神奈川県相模原市の障害者福祉施設で入居者らが刺され19人が死亡、25人が重軽傷を負った事件で、逮捕された植松聖容疑者(26)が、今年2月に「障 害者を抹殺する」などと書いた手紙を持って衆議院議長公邸を訪れたあと、措置入院させられ、その際、大麻の陽性反応が出ていたことが分かった。

 捜査関係者によると、植松容疑者は、今年2月15日に衆議院議長公邸を訪れ、「障害者総勢470人を抹殺することができる」などと書き、「津久井やまゆり園」を名指しして職員の少ない夜に決行するという内容の手紙を渡したという。

 警視庁麹町署は、その日のうちに、神奈川県警津久井署に情報提供したという。

 相模原市によると、その後、2月19日に神奈川県警から市に対し、「他人を傷つける恐れがある」と連絡があり、市は、植松容疑者を病院の精神科に措置入院させた。

 捜査関係者によると、入院した際に尿検査をしたところ、大麻の陽性反応が出たという。

 措置入院中は、薬物治療やカウンセリングなどをし、入院先の医師が「他人を傷つける恐れがなくなった」と診断したことから、3月2日に退院したという。

精神科治療が引き起こす暴力事件、無差別殺傷事件について真剣に考える時が来ました。

抗うつ薬などの向精神薬が攻撃性を高めて暴力事件に発展することが以前から指摘され、医薬品添付文書にも注意が記載されています。日本においても、全日空機長殺害事件のように、犯人が治療で服用していた向精神薬が事件に結びついたことを指摘する判例も出てきています。

今回の事件の容疑者は、以前は明るくて挨拶もするような好青年だったと言われています。その彼を事件に結びつけた動機や原因は何でしょうか。世界中で起きている無差別大量殺傷事件(例えば先日ドイツで起きた銃乱射事件)の多くに共通する要素があります。それは、「精神科の治療」です。

精神科の治療を受けてから極端に暴力的になったり、実際に事件を起こしたりしているのです。10年前に同じ神奈川県内で起きた、川崎男児投げ落とし事件では、精神科で入院治療を受けてから以前は穏やかだった犯人の性格が激変し、殺人衝動が抑えられなくなったとされています。

これは、精神科で治療を受けている人が全員そうなると主張しているのではありません。精神科の誤った治療が、患者を良くするどころか、逆に暴力や殺人事件を誘発している可能性を指摘しているのです。そのような可能性を考えることなく、安易に精神障害者そのものが危険であると短絡的に考え、「危険な精神障害者を精神病院から出すな」「怪しい奴はどんどん精神科につなげろ」という類の恐怖と偏見が広がることを懸念しています。

これは、偏見を広げるだけではなく、むしろ事件の原因になったものをさらに強化するという誤った方向に進んでいくことになります。事件はいつまでもなくなりません。

このような事件を繰り返さないようにするためには、精神科の治療が犯行にどのような影響を与えたのかについて徹底的に検証されるべきです。

この記事に

開く コメント(2)

ストラテラで殺人!?

最近急激に売り上げを伸ばしてきたストラテラ。ADHD治療薬と呼ばれますが、実際にADHDを「治療」するわけではありません。単に症状を抑えてごまかすだけであり、これを飲み続けたからと言って完治するわけではありません。

しかし、このような基本的な情報も知らされず、飲ませたら完治するものだと信じて子どもに飲ませている親がいます。

皆さん、ストラテラを飲んでどんなことが起きているのかご存知ですか?医薬品医療機器総合機構の情報提供ホームページでは、薬剤ごとに「副作用が疑われる症例報告に関する情報」を調べることができます。
http://www.info.pmda.go.jp/fsearchnew/jsp/menu_fukusayou_base.jsp

報告されているものが即全て副作用によるものかどうか判断できませんが、このような報告が上がっているという事実があります。

ここで「ストラテラ」と打ち込んで検索してみましょう。すると、恐ろしい事実が分かります。

これは、2015年度のみの報告分です。
肝機能異常 1
肝障害 1
意識消失 1
悪性症候群 1
鎮静 1
傾眠 1
自然流産 1
激越 1
妄想 1
幻覚 1
躁病 1
自殺企図 2
精神症状 1
精神病性障害 1
薬疹 1
蕁麻疹 1
血管性紫斑病 1
殺人 1

どれも恐ろしいものばかりですが、最後の「殺人」はひと際強烈です。症例を見ると、「注意欠陥多動性障害」「パーソナリティ障害」と診断され、ストラテラを投与されていた30歳代の男性が、2015年8月26日に幻覚と妄想に苛まれ、翌日8月27日に殺人を犯したようです。

コンサータ、ストラテラ、エビリファイ、ジプレキサ、リスパダール・・・こういった向精神薬を飲まされる子どもが確実に増えていますが、服用させられる本人はもちろんのこと、その親はちゃんと説明を受けているのでしょうか?

何度も言いますが、精神科医は責任など取りません。危険な副作用のことを患者には知らせないで、いざ事故が起きたら「知っていた」と平気で言い放つのですから。

イメージ 1


この記事に

開く コメント(0)

やはり・・・

突発的な放火
理解できない動機

このブログの読者なら、大分の放火事件の報道を見て直感的に予想したでしょう。そしてその予想はやはり当たっているのです。
杵築市住宅放火 逮捕の父、心療内科に通う
 今月5日に大分県杵築市の住宅が全焼し、この家に住む子ども4人が死亡した放火事件で、逮捕された父親が「単身赴任の生活に不満が募っていた」と供述していることがわかった。

 現住建造物等放火の疑いで逮捕された海上自衛官の広島県の部隊に所属する末棟憲一郎容疑者(40)は警察の調べに対し、「単身赴任の生活に不満が募っていた」と供述していることがわかった。末棟容疑者は心療内科に通っていたという。

 警察は、日頃から子育てに忙しい妻と、単身赴任の生活に不満を募らせていた末棟容疑者が、勤務先の広島に戻る際に妻の見送りがなかったことをきっかけに突発的に犯行に及んだとみている。

 火災現場から見つかった遺体はこの家に住む4人の子どもであることが確認された。(07/08 19:44)
以前、「放火と向精神薬」というタイトルでブログ記事を書きました。

警察は何よりもまず治療による影響を調べるべきでしょう。

この記事に

開く コメント(0)

テロリズムと精神医学

これがテロ組織で使われる常套手段です。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150402-00000041-jnn-int
 一方、シリア北部でクルド人部隊に捕らえられた「イスラム国」の戦闘員です。主に爆発物を担当していたという23歳の戦闘員は、こんな証言もします。

 「戦闘に入るときは認識に作用する薬を飲みました。戦車が鳥に見えて剣で倒せる気になります。戦闘に入る直前に飲むんです。その方が効き目が最大になるんですよ」(『イスラム国』戦闘員)

 拘束していた捕虜7人を拳銃で殺害したことがあるといいますが、その際にも向精神薬を服用したということです。
(TBSニュース2015年4月2日より一部抜粋)

凄惨なテロ、戦争、破壊の背景には必ず精神医学がつきまといます。日本のオウム真理教もそうでした。

恐ろしいのは、無差別殺人の実行犯になるのは、このような「戦闘員」だけではないということです。治療として使われる向精神薬の影響を受け、不本意にも事件を起こす一般市民がいるのです。

普通の感覚では起こせそうもない尋常ではない事件を調べると、多くの場合、精神科の治療に行きつきます。「精神疾患」が原因で事件を起こすのではありません。前回の記事でお伝えしたように、デタラメ処方によってハイジャック事件すら引き起こされるのです。

精神医学、向精神薬を悪用すれば、無意識の殺人マシーンを作ることすらできます。実際、それを目指して人体実験していたのは、世界精神医学会初代会長であるキャメロン博士であり(※詳細はMKウルトラ計画で検索)、その実験を真似したのがオウム真理教なのです。

人の思考や行動に強く影響を与える向精神薬。精神科医は気軽に適当に処方していますが、本当にそんな感覚で扱って良い物なのでしょうか?デタラメ多剤処方で有名な日本の精神科医に使わせても良い物なのでしょうか?

テロ実行犯や無差別殺傷犯の「心の闇」やパイロットの「精神疾患」を追及しても何もわからないし解決しないでしょう。それよりも、彼らの行動や思考に影響を与えた精神医学の闇を追及することこそが、この恐怖と混乱に支配された世の中に光を当てることになるでしょう。

この記事に

開く コメント(0)

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事