精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

発達障害

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

山形で「精神を安定させる薬」を処方されていた小学5年生の男児が突然
自殺した事件を受けて、精神科における子どもに対する診断や投薬の問題
をまとめてみました。

※ADHDやLD、自閉症の診断問題
1987年、アメリカ精神医学会は、ある行動上の症状をADHDと呼び、保険会社
にその治療請求できるよう、精神疾患の診断統計マニュアルに組み入れた。
その直後からADHDと診断された子どもや、それに処方される中枢神経興奮剤
の売り上げが急増した。

ADHDなどの診断名をつけられる子どもが世界中で急増する一方、そのような
障害の存在を証明する血液検査、X線検査、その他あらゆる身体検査は存在
せず、単に医師の主観に基づくものとなっている。

2002年、文部科学省は、DSMなどの診断マニュアルを基にし、学習障害やADHD、
高機能自閉症に関する75の質問項目を作成し、全国の公立小・中学校の学級
担任に生徒を評価させるスクリーニングテストを実施した。そして、学習障
害やADHDの可能性のある児童生徒が6.3%とする結果を発表した。しかし、
その調査手法や客観性に疑問の声も多く、その後同様の調査を行った各自治
体の結果は、秋田県1.4%、埼玉県10.5%など大きな開きが見られた。

上記調査については、医師や専門家が直接評価したわけではないため、学習
障害やADHD、高機能自閉症の児童生徒の割合を示すものではないとする大前
提があった。にもかかわらず、最終的な報告書では、それらの障害によって
特別な支援を必要とする児童生徒が約6%いるとされた。客観的、科学的根拠
に乏しいこの数値は独り歩きし、特別支援教育や新・障害者プラン、発達障
害者支援法の根拠となった。

2004年に発達障害者支援法が成立し、「発達障害」を自閉症、アスペルガー
症候群、広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害、その他これに類
する脳機能障害と定義した。

しかし、1998年にADHDの世界中の権威が集まった米国国立衛生研究所の大会
で「ADHDに関する、有効な、独立したテストはなんら存在せず、ADHDが脳の
機能障害であることを示すなんらの証拠もなく、ADHDの原因に対する我々の
知識はまだ推測である。」と結論付けられたように、これらの障害が脳の機
能障害であったり、原因を特定する科学的根拠は存在しない。

2006年10月、仙台市教育局は、学習障害やADHDなどの軽度発達障害について、
医療機関で診断を受けた子どもが、仙台市内で608人(小学生479人、中学生
129人)であることを発表した。毎年100人近いペースで増えているというこ
とだった。また、同様の調査を県内の公立全小中学校に対して9月に行った
長野県教育委員会は、発達障害と診断された子どもが2143人(ADHD803人、
学習障害224人、その他発達障害1116人)であることを発表した。


※発達障害児に対する処方薬の問題
世界中でADHDなどと診断され、投薬される子どもが増える一方、安全とされ
ていた処方薬に、次々と危険な副作用が判明し、各国行政機関から警告が発
せられている。代表的なものとして以下のようなものがある

・ 2004年10月15日、FDAは、抗うつ剤のパッケージに「抗うつ剤は、大うつ
病やその他の精神障害の子どもや10代の青少年に対して自殺願望が高まった
り自殺を試みたりする危険性を高める」というブラックボックス警告を表示
するよう製薬企業に命じた。

・ 2005年2月9日、カナダ保健省は、ADHD治療薬として使用されている中枢
神経興奮剤アダーロールやアダーロールXR(除放剤)を服用していた患者に
ついて、20件の原因不明の死亡例(うち子どもが14件)と12の脳卒中例(う
ち子どもが2件)が報告されたことから、アダーロールXRの販売を差し止めた。

・ 2005年8月19日、25カ国を代表したヨーロッパ共同体の委員会は、臨床
試験の見直しをして、抗うつ剤が自殺未遂や自殺企図、攻撃性、敵意、それ
らに関連した振る舞いを引き起こすことが判明したことを受け、子どもの抗
うつ剤使用について、今までで最も強い警告を発行するという、委員会の決
定を公布した。

・ 2005年9月29日、FDAは、ADHD治療薬ストラテラに対し、自殺企図や自殺
行動に関連付けられることが臨床試験結果で判明したことを受け、「ブラッ
クボックス」警告を記載するよう命令した。

・ 2006年2月8日、1999年から2003年の間に、米国内でADHDの治療薬の投与
を受けていた大人や子ども51人が死亡していたことをFDAは明らかにした。
メチルフェニデートは16人の死亡例があった。

・ 2006年6月20日、日本の厚生労働省は、リタリンの製造元に対し「海外に
おいて、器質的心疾患を有する小児に対する中枢神経興奮剤の投与例で、突
然死が報告されている。」と添付文書に、下線付きで明記するよう指示した。

・ 2006年8月21日、FDAは、中枢神経興奮剤の製造元に対して、薬が成長阻
害や精神病、双極性障害、攻撃性、「重大な」心臓障害を引き起こすこと、
および乱用は心不全や心臓発作を引き起こすことについて、警告表示を強
化するよう命じた。

日本には、現在保険適用できるADHD治療薬はないが、ADHDの治療現場では、
適応外処方としてリタリン(塩酸メチルフェニデート)が最も使用されて
いる。しかし、リタリンの製造元自身は、「子どもに使用するのは危険」
として子どもへの投与を疑問視し、適用申請は行っていない。

塩酸メチルフェニデートとマレイン酸フルボキサミン(抗うつ剤SSRIの一つ)
の小児に対する適応外処方の実態が、2003年の厚生労働科学研究によって
一部明らかになった。合計23施設でメチルフェニデートが341例、マレイン
酸フルボキサミンが232例確認されたが、著効及び有効とされたのはそれぞ
れ129例(37.8%)、16例(6.9%)しかなかった。「不登校」「読字障害」
「学習障害の疑い」といった病名をつけられて処方されていた例もあった。

塩酸メチルフェニデートは6歳未満には原則禁忌とされているが、上記調査
では6歳未満児への投与が11件あり、最年少は4歳だった。マレイン酸フルボ
キサミン投与の最年少は3歳児だったた。

全国の児童精神科医を対象とした調査によると、2001年と比較して、2004年
はADHDの子どもへの薬物療法、メチルフェニデートの投与がより積極的に開
始されていることが示された。

一年間のリタリンの販売個数は、2000年で販売錠数約2000万錠、2005年で販
売錠数約2800万錠だった。リタリン販売元によると、小児に使用されたと推
定される量は2000年の社内データで約10%、2006年時点での小児に使用され
ている比率は不明だが2000年時点と比較して増加傾向にあると予測される。

ADHD治療薬について、海外で自殺や突然死などの危険な副作用が次々と判明
し、規制が厳しくなっている現在、米系の2つの製薬会社が日本の子どもを
ターゲットにした市場拡大を目指し、国内での承認に向けた動きを活発にし
ている。一つの会社は、既に承認申請手続きを2006年4月に行い、もう一方
の会社は承認申請に向けた最終の治験に取り組んでいる。

開く コメント(7)

梅ヶ丘病院

こんなニュースが報道されていました。
http://job.yomiuri.co.jp/news/jo_ne_06092803.cfm
都立梅ヶ丘病院で昨年4月に入院中の女児(8)が入浴中におぼれて死亡した事故に絡み、付き添った女性保育士(46)を停職2か月、病院長と看護科長を減給とする処分も発表した。
(2006年9月28日 読売新聞)

へ?今さら?
という処分です。

この事件は忘れられません。何せ、発達障害者支援法が施行されたその日にこの事件が起きたのですから。都立梅ヶ丘病院は、小児精神科の専門病院であり、発達障害者支援の中心とされるべき医療施設でもありました。それがこのザマです。

結局、この事件は「保育士の不注意」として、保育士が書類送検されて処理されました。納得いかないのは、発覚当初、ふてぶてしく病院関係者が都庁で謝罪会見をして以降、都民に一切事件の情報が知らされていないことです。

病院も東京都も、「被害者遺族の許可が必要なので・・・」などという理由をつけて、事故調査結果(警察とは別に、東京都が内部調査委員会を設けていた)も一切公表してきませんでした。当然、被害女児のプライバシーは最大限に尊重されなければならないでしょう。しかし、最高峰の専門病院で、なぜ、入院女児はわずか40cmの深さの浴槽に、仰向けで沈んだ状態になっていたのでしょうか?女児がてんかん発作をもっていた、転院してきてあまり日がたっていなかった、などという情報もありましたが、そのてんかんは治療の副作用で生じていたものなのか(私は、不登校を理由にこの病院に入院させられて薬漬けにされ、その結果てんかん発作がおきるようになった少年を知っています)?転院して間もないということは、体が慣れない薬の増減があったのではないか?疑問は尽きません。

この病院の院長は、特別支援教育や発達障害者支援法など、国にアドバイスを与えて制度を構築させた中心人物である。また、児童青年精神医学会の次期理事長でもある。児童精神科医のトップ1が、自身の施設で起きた事件の真相を明らかにできないようであれば、発達障害支援が健全になるはずがない。

開く コメント(6)

最近、学習障害や注意欠陥多動性障害について、実際に診断を受けた実数を計上する実態調査も出てきた。以下に例を挙げる

※仙台市
学習障害(LD)や注意欠陥多動性障害(ADHD)など軽度発達障害のある児童生徒について、市教育局は医療機関などの診断を受けた子どもが608人に上っていることを明らかにした。内訳は小学生が479人、中学生が129人。毎年100人近いペースで増えている。(河北新報2006年10月3日より)

※長野県
軽度発達障害のうち、学習障害(LD)と注意欠陥多動性障害(ADHD)と診断された県内の小中学生が本年度、計1027人いたことが17日、県教委の調査で明らかになった。小中学生全体の0・5%に当たる。昨年度に比べて63人増えており、県教委義務教育チームは「市町村の取り組みを支援し、保育園や幼稚園と連携を深めながら対応したい」としている。調査は9月に約600の公立の全小中学校を対象に実施。LDは224人(小学校140人、中学校84人)、ADHDは803人(562人、241人)。いずれかの診断を受けた子どもがいた小中学校は450校で全体の76%だった。(信濃毎日新聞2006年10月18日より)

確実に、発達障害と診断される子どもたちが増えている。うまく国を巻き込んだ「発達障害」推進キャンペーンが浸透しつつあることがわかる。これらの数字はとても興味深い。6.3%が発達障害児であるなどというふざけた国の調査ではなく、実態を示しているからである。ただし、実態といっても発達障害の子どもの数ではなく、発達障害と「診断」された子どもの数を表しているということに注意したい。

ADHDやLDの診断基準がいかに主観に基づいていいかげんであるかは何度もふれているが、それゆえに診断された子どもの数は、社会的ニーズによって変わってくる。ある意味、社会の健全さを表す指標でもある。つまりこういうことである。ADHDやLDの診断数が増加するということは、
^柄阿聾沈ととらえられていた子どもらしい行動を、社会が「障害」ととらえるようになった。
∪鎖整緡纏唆箸寮訶舛法行政や学校、(精神科以外の)医師、保健師、親たちがコントロールされている。
以上2点の徴候となるからである。今の社会では、ガキ大将も、昆虫博士も、真の天才も生きていくことができない。なぜならば、他人と違う個性や才能は精神医学によって「障害」とされてしまうからである。そのような子どもたちは、精神医学に教育されたカウンセラー、学校医、コーディネーター、教師、PTA、親たちによって囲い込まれ、「専門家」へと連れていかれ、医療という名目で社会から排除されるという未来が待っている。

開く コメント(4)

ADHD治療薬問題続き

今回もADHD治療薬について書きます。

さて、ご存知の通り、ADHD治療薬は日本で保険適用されていません。海外ではよく使用されている塩酸メチルフェニデート(商品名:リタリン)は日本でも処方されていますが、これはあくまでもその適用に関して国が認めていないということです。認められている効能・効果はナルコレプシー、難治性うつ病、遷延性うつ病で、ADHDは含まれていません。

これは、リタリンの製造元であるノバルティス社自身が、リタリンは副作用が多くて子どもへの処方に呈さない、と判断して適用の承認を積極的に行ってこなかったからです。不思議なことに、製造元が危険だと言っているのに、一部医師は大丈夫だと言って子どもに処方しているのです。当然、医師には裁量権があるので、医師の責任で行えば法律違反ではないのですが、不可解な現象です。

さらに不可解な構図は、医薬品添付文書にあります。特にここ一ヶ月で、米国やカナダで、ADHD治療薬の重大な副作用(突然死、心臓麻痺、幻覚、興奮)について警告表示を強化する動きがありますが、日本ではそもそもADHD治療薬の効能を認めていないことから、国としてADHDへの処方に関する副作用情報について、大々的に警告を発することはできないそうです。警告をすると、ADHD治療薬としての適用を認めるとされてしまうからということらしいです。まさに、適応外処方の死角です。

国が傍観している間にも、ADHDの子どもへの薬物療法、塩酸メチルフェニデートの投与がより積極的に開始されるようになってきています(厚生労働科学研究に示されています)http://mhlw-grants.niph.go.jp/niph/search/NIDD00.do

お子様がADHDと診断され、リタリンを処方された親御さんにたずねてみたいことがあります。それは、医師がどこまで副作用の説明をしたかということです。突然死や自殺、心臓麻痺、幻覚、興奮、依存などの重大な副作用について、本当に医師から説明されたのでしょうか?

開く コメント(13)

以前にも紹介しましたが、今や海外では塩酸メチルフェニデートなどのADHD治療薬の弊害(突然死、自殺、依存症、幻覚、致命的な心臓障害、成長阻害など)が次々と発覚し、規制もかなり厳しくなっています。

日本の専門家は、そのようなリスクについて単に無知なのか、それとも知っていてあえて隠そうとしているのか、適当なことばかり発言しています。例えば、2005年3月15日に開かれた第3回発達障害者支援に係る検討会の議事録http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/03/txt/s0315-2.txt


○山崎企画課長補佐
もう一点、先ほどパブリック・コメントの中の医療のところで、診断についていただ
いた御意見をもう少し詳しく見ると、特にAD/HDを中心にしまして、非常に御意見
の中で懸念というか、危惧されておりましたのは、診断がみだりにといいますか、こう
いう表現が適切かわかりませんけれども行われて、何か薬漬け医療を促進するようなこ
とになっては大変に心配だと、こういった御意見でございました。
 そういった点も含めまして、少し医療機関の備えるべき機能というような中で御議論
を賜われればと存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

○市川委員
 ・・・診断を誤って薬が投与される場合と、不必要に薬を投与することを指摘していると思います。海外に比べると、日本はそういう方向にはないと私は理解しております。

○小枝委員
 市川先生がおっしゃったとおりで、薬物療法に関しては児童精神科の先生、それから
小児神経科の先生にアンケートを取って、・・・これはやはり日本のそういった診療に当たる人たちはやはり慎重に薬の投与というのをきちんと決めているという結果は出ております。
 そういったところですので、それが17件もあったというのはちょっと驚きなんです
ね。現実とはちょっと乖離した御心配があるのかなと。・・・でも、違った観点から行くと、例えば、今AD/HDに対する投薬とありましたけれども、認可されたお薬は一つもないですね。ですから、薬漬けになるということはなかなかないのではないかと思ったりします。

○市川委員
 ・・・リタリンが大人のうつ病に適用になっているため、成人の場合に中毒者
が多いということが大きな問題になっています。実は年少のAD/HDの方で中毒者と
いうのは圧倒的に少ないと考えられております。・・・


日本では海外と違って投薬に慎重だから薬漬けなんかありえないですよ〜、といった内容です。さて、これら投薬推進派の専門家がこのように発言していますが、実態はどうなのでしょうか?日本では、「ADHDに対する保険適応薬がないから」「患者が子どもということでプライバシーや個人情報の問題があるので」などといって実態がなかなか把握されていませんでした。そんな中、私が知る限り一番実態に近い情報が研究で明らかになっています。

それは、2004年3月に発表された厚生労働科学研究費補助金「小児薬物療法におけるデータネットワークのモデル研究について」という研究です。http://mhlw-grants.niph.go.jp/niph/search/NIDD00.do

興味深いことに、塩酸メチルフェニデート(リタリン)とマレイン酸フルボキサミン(SSRI:ルボックス、デプロメール)の小児に対する適応外処方に関して、全国の国立病院や公立こども病院、大学病院合計23施設から情報を集めたものです。塩酸メチルフェニデートは341例、マレイン酸フルボキサミンは232例確認されたそうですが、まず驚きなのはフルボキサミンについては、232例中、著効及び有効とされたのはわずか16例(6.9%)なのです。メチルフェニデートも341例中129例という程度です。

それよりも驚きなのは、使用実態です。6歳未満は原則禁忌のリタリンも、平気で6歳未満児に与えられています。
例:・4歳6ヶ月の男児(報告書74ページ)
  ・5歳9ヶ月の男児(報告書74ページ)
  ・5歳1ヶ月の女児(報告書80ページ)
  ・4歳7ヶ月の女児(報告書93ページ)
  ・5歳3ヶ月の女児(報告書93ページ)
  ・5歳4ヶ月の女児(報告書93ページ)
  ・5歳8ヶ月の男児(報告書94ページ)
  ・5歳9ヶ月の男児(報告書94ページ)
  ・5歳9ヶ月の男児(報告書94ページ)
  ・5歳10ヶ月の男児(報告書94ページ)
  ・5歳10ヶ月の男児(報告書94ページ)

適応外使用の実病名もADHDを中心に様々です。なかにはこんなものもありました。
例:・不登校(14歳2ヶ月の女児、報告書83ページ)
  ・LD疑い、不登校(15歳4ヶ月、報告書84ページ)
  ・読字障害(11歳11ヶ月の女児、報告書92ページ)
  ・学習障害の疑い(15歳1ヶ月の男児 報告書93ページ)
  ・学習障害(5歳8ヶ月の男児 報告書94ページ)
  ・学習障害(8歳0ヶ月の男児 報告書97ページ)
  ・学習障害(11歳1ヶ月の男児 報告書100ページ)
「不登校」という病名をつけてメチルフェニデートを処方しているのには驚きました。また、どうしてわずか5歳の子の「学習障害」を治療するためにメチルフェニデートを使用するのでしょうか?全くもって意味不明です。5歳で勉強ができないのは当たり前。色々な学習法を身につけるべき時期に、勉強ができないからといって原則禁忌までおかして投薬???何それ???

マレイン酸フルボキサミンは問題ある抗うつ剤SSRIの一種です。自殺のリスクがあるので、子どもに投薬する際には気をつけるよう、添付文書でも警告されるようになっています。こちらについても分析してみようかと思いましたが、メチルフェニデートの分析をしただけでかなり気分が落ち込んでしまいました。細かい分析はしませんが、報告書116ページに、わずか3歳8ヶ月の男の子が投薬されているという事実が記載されていることをお伝えしておきます。

これら子どもへの向精神薬投与の実態が垣間見られたこの研究は、比較的信頼できる国公立の病院、大学病院での情報であることに注意する必要があります。私立病院やクリニックなどの実態はどうなっているのでしょうか?検討もつかないですね。

国の発達障害者支援政策は、投薬推進派によって牛耳られています。彼らのプラン(日本でADHD治療薬を認可させ、診断・治療できる専門家を増やし、学校にも医師を派遣し、子どもの市場獲得を目指す)はとてもうまく進んでいます。この危険な流れを止めるのは、被害の実態を明らかにすることだけです。これほど多くの子どもが診断・投薬されているわけですから、被害が無いはずがありません。被害についてご存知の方はお知らせ下さい。

開く コメント(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事