管理釣り場

[ リスト | 詳細 ]

釣行記です。 
記事検索
検索

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今シーズン初の中津川

先週ですが。
朝ゆっくり出発8時くらいに到着。おきゃくさんすくないです。 
小雨がふる涼しい日なので客足がちょっと悪いのか。
今回はルアーのみ、最近フライ作ってないので在庫すくないのと、
ラインていれがわるくちょっとボロボロだから。
フライってランニングコストわるいですね。#6、#9はフローティングからIVまでとりあえず持ってるので
これだけで10本そのほかパラパラともってるので維持が大変。

てことで今回はルアーです。
まだまだ気温が高いので速さに対抗するためにPEとちょい固めの陸戦型。
気温天気の割に魚が浮いてません。
天気がこれから回復に向かっているのでちょっと気圧が上がってきてるからかもしれません。
なので形は小さめで重めのを選択。最初はオレンジ、赤、黄色とか暖色系。
食いつくのは食いつくけど合わせきれないスピード。
ちょっと変更で青銀、こっちはがっつりくってきます。水深は1mくらいのとこでしょうか。

少しして放流タイム。このときは一般的な赤金、オレ金とかでもくってきます。
爆発はしないものの長くつれつづける感じ。放流魚がばらけてたんでしょうね。

それほど集中してなかったので釣れてるとこで終了。
体力と釣り欲が少なくなったのか。

それでもポイントがたまって次回は無料でいけます。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ちょっと春が

朝の気温は相変わらずマイナス近いのですが、魚はだいぶ春らしくなってきました。
場所は相変わらず中津川。
土曜の朝ですが混み混み。最近朝一にはいかないんで空いてるとこにいれてもらいます。
今回もラッキーなことに流れ込みのとこに入れました。
放流場所の方が人気なんですかね。
アカキン、黒、緑と色をいろいろ振ってみたのですが一番追いが良かったのは薄ピンク。
硬めの竿でPEだからとれるショートバイト。魚影は濃いので体に当たってるのと食いついたのの違いがわかりにくい。
表現しにくいのですが、ぬるっとした前あたりのは体、最初強め短いあたりが食ってるのではないかと思います。
当然そんなあたりは手元で合わせられません。多分人間の反応速度超えてます。
ここは水はクリアなので追ってきて口開けたのみて合わせてなんとかフッキングできるくらい。
それでもある程度は取れてたかとは思います。
放流もとって見ようかと場所移動して釣ってみましたが、直後にもかかわらず反応はいまひとつ。
それよりは流れ込みのやる気のあるやつの方が釣れそうです。
結局一番良かったのはピンク/ミドリのグロー ペンタ。昔のなのでほとんど光ってないですがたぶん淡い色がよかったんでしょう。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

放流を狩る

管理釣り場なので魚はいるんですがやっぱり放流直後は釣れます。
放流魚は放したとこからゆっくり群れで移動するので、どっちに動くかも釣れ方に影響します。
前回の釣りで考えると、最初の10分くらいは岸から5mくらいのエリア。
だんだん沖目に移動、群れが分散な感じでした。
ルアーを始めて見る魚たちなので赤金の2g程度で十分釣れ続けます。
この時期は水温が冷たいのでくわえてる時間は長め。
ただ、追ってきて同じスピードで咥えるのもいるのであたりは手元にくるのの倍はあるかもしれません。

とかく作業になりがちな放流魚。
釣れない時間帯直後なので、車がきたのを見計らって作戦立てて狩りにいくのもいいかも。
最近集中力が持たず三時間がいいとこです。ので、2回目の放流までもちませんが。

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

中津川 調子いい

先週土曜日天気が悪かったので行ってきました。
雨が降ったり止んだりだったのですが気温はそれ程低くなくウインドブレーカーだけで十分。
天気のせいでお客さんも少なめでした。
場所があいてたので上流側に。
ナチュラルかアピールか迷ったのですがまずはブラウン。
あたりはあるけど乗らない感じ。
じわじわ明るい色に変更。
結局ピンクグローが当たりっぽいのでこれで引き方変えてみました。
これまではツンツンしたのは体に当たっていた反応だったのでスルーしてたのですが、今回はどうも違うよう。
ちょい固めの竿、PE,だったので当たり拾いすぎとかんちがいしてましたね。
何回かフッキングして見て、今回のあたりは全部食ってるのではという仮定に。
で、ロッド持ち方変えて反射フッキングと、ちょい空合わせを混ぜてみました。
実際は仮定は正しくて、今回はすごい勢いで口使ってました。
タイミングがあったときは空合わせフッキングもできてましたんで。

放流の車が来たので対岸噴水近くに移動。ここも、天気のせいで空いてました。
放流魚は素直でがっつり食ってくるので合わせで苦労はしません。
ただ、30分もしないうちに馴染んで、これまでとおなじショートバイト。
パターンはつかんだのでコンスタントには釣れました。

最後にチョッとフライを。
ライズはある程度あったので、ドライにしたかったのですがフライの在庫切れ。
サスペンド系のちょっとちいさめで。
この活性だと飲み込まれるのも多いので水中で口開けたのみて合わせる感じでフッキング。
これでもいい率でフッキングしてたので一応食べ物と思ったようでした。
フライの方は皆さん釣れてたみたいですが、インジケーターだと飲まれるの多かったのでは。

雨の日って釣れますね。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

中津川堪能

昨日は古い友人と中津川に。
天気は晴れ時々風で絶好な釣り日和。
フライにとっては投げにくいけど魚へのプレッシャーが低くなっていいですね。
ここのところのんびり出発だったけど今回は早めの到着。8時過ぎです。
水面を見るとだいぶライズしてるのでドライからスタートです。
私はBF、友人はエルクヘアカディス。
ライズの仕方からすると水面下のを食ってるのでBFのほうに分があるようで
ほぼ入れ食い。カディスはちょっと苦戦気味か。
あまりシビアではないもののやはりキャスティングの方法でちょっとさが出るかんじです。
ずーっと釣れ続けてるので#9に変更ブンブン投げます。
そういえばこの釣り最近やってないので腕にきます。
活性は高そうなのでタンデムで。

イメージ 1

でかい魚にはでかいフライです。
この釣り場そこに石が結構あってフライの消耗が激しいのでだいぶなくしましたね。

ある程度時間が経つと魚が沈みめになってきたのでヘアズイヤーで引っ張ることに。
こっちも反応は上々。沈めててもほぼサイトフィッシングです。

友人もだいぶフライに慣れたようで結構釣ってます。
BFを引っ張って誘い出す方法ですね。
ただ食いが浅いのかすっぽ抜けも多数。
このくらい反応がいいと小さいフライで飲まれるより少し大きめで
口の先に針にかけるくらいがちょうどいいでしょう。

六時間ほぼ釣りっぱなしでかなり満足でした。
こんなコンディションはなかなかないですね。

明日は雨の中河口湖です。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事