ここから本文です
マチサガゴハン
でかけた先でのお食事メモです
この日のお目当ては山梨県甲府市にある『蓬来軒』
昭和39年の創業当時、支那という呼称は差別的であるとされラーメン=中華そばという呼称が一般的になりつつある中で、「支那そば」という呼び名のラーメンを復活させた最初のお店なのだそうですよ。(以前行った時の記事のコピペw)

☆支那そば¥750

鶏系メインの出汁による醤油味のスープと中細ほどの縮れ麺の組み合わせ。

肩ロース煮豚のチャーシューも厚くてデカイ!
深みと奥行きのある味わいのスープと弾力と歯ごたえのしっかりした麺による「支那そば」はノスタルジックな中華そばとモダンなラーメンの良さを兼ね備えているかのような、とっても美味しい1杯でした

☆餃子¥500

大きめで餡もたっぷり詰まっています。
皮はモチモチ&焼き目のパリパリ感も絶妙、餡は肉が多めでジューシーでした


この記事に

パスタ気分でしたので『リストランテ プロヴァンス』に行ったときのこと。
湖北ビューライン沿い、河口湖畔にあるイタリアンの一軒家レストランです

この日はまだ暑い時期でしたが建物のドアも窓も全開で店内エアコンオフ
しかしながら湖の北側は涼しくて湖畔からの風が空調となって快適でした。
テラス席からはもちろん、店内からも河口湖を眺めながらお食事が楽しめます♪

☆ソーセージのペペロンチーノ¥1100
ひと口大にカットされた弾力たっぷりのソーセージの塩気がキャベツの甘みと調和してトマトがそんな旨みを引き立ててくれてメチャ旨
細めのスパゲッティにはソースがよく絡んで、アルデンテな食感がまた心地よく満足でした


この記事に

山梨県の鳴沢村にある『道の駅 なるさわ』でお昼ご飯を食べた時のこと。
施設内の軽食コーナーでは目の前に富士山を見ながらのお食事が楽しめます

☆鳴沢菜ご飯セット¥600
郷土料理の『せんどそば』と特産品の鳴沢菜を使ったまぜご飯のセットです。

太さが不揃いゆえの蕎麦の食感が良い感じ。
たっぷり乗った大根の風味が重なって出汁の味わいは素朴ながらも深みも感じられて美味しいです。

小皿に乗った辛味噌は「お好みで乗せてくださ〜い」とのことでしたので…
青唐辛子特有の後からじわじわ効いてくる辛味で汗が止まらなくなりますが、いや〜これはご飯が進みました。

その土地の食材を使った手作りメニューって良いものです


この記事に

この日は厚木市山際にある『栗の里』でお昼ご飯。
農家の方が経営するレストランでお米の美味しさにも定評あります。お店の入り口はちょっとしたローズガーデンになっていて、目の保養にもなりますね。

手作りハンバーグとグリルチキン+ライス付¥1188
ハンバーグは100gほどでしょうか。チキンと合わせて程よいボリューム感です。
ハンバーグもチキンも外側こんがりで中は柔らか&ジューシー♪
ふっくらした白米とホクホクした玄米の2種類のライスはお替り自由ですので、
オンザライスし放題で大満足だったのでした(≧▽≦)


この記事に

飲食料品製造を営む6社によるコラボ施設のあさぎりフードパーク内にある『ビュッフェレストラン ふじさん』に行ってみました。
富士宮産の食材を使ったランチバイキングを利用することができます。
制限時間70分で和洋中の豊富なメニューとソフトドリンクやデザートが食べ放題でお値段は¥2000です。

Round 1
肉も美味しいですが野菜もメチャ旨です。

Round 2
で、肉が更に美味しいので肉全種類リピート
ステーキソースも用意されているのですが塩で味付けされているので肉汁がそのままで十分ソースになります。

Round 3
ご飯も用意されていますので豚ステーキ丼にしてみました…ホントは牛ステーキも乗せたかったのですが同じタイミングでご来店の団体様にも大人気だったみたいで、見ていて笑っちゃうくらいの争奪戦状態で瞬殺で品切れに
具だくさんの味噌汁もありますので定食っぽくアレンジすることもできてしまいます。

Round 4
富士宮と言えば!の焼きそばあたりで〆ようかと思ってたのですがご飯が予想以上に美味しくてステーキ丼をおかわり♪漬物がまたちょうど良い塩梅なのでご飯が進んじゃいます。

Round 5
コーヒーとソフトクリームでデザートです。ソフトクリームが牛乳のコクたっぷりで絶品!コーヒーを垂らしてアフォガードにしても楽しめました。

これでも用意されていたメニューの半分くらいでしょうか。不覚にもここでお腹パンパンになってしまったのでまた食べ放題リベンジに行きたいと思います


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事