ここから本文です
BVEデータなど。
イメージ 1

阪急5300系は、京都線向けでは初の量産冷房車両として、1972年に登場した電車です。ごく普通の抵抗制御車ですが、阪急では初めてとなる電気指令式ブレーキが採用された事が特筆されます。製造時期が長かったこと、またリニューアル編成の登場などで、様々なタイプが存在しており、現在は主に準急や普通列車に使用されていますが、過去には特急運用に就いたこともありました。

6300系は、1975年に特急列車のサービス向上などを目的に登場しました。先代の2800系と同じく2ドア・クロスシート車ですが、ロングシートを廃し車体両端に寄せたドアや標識灯部分にあしらった飾り帯など、特急車としての風格を増しました。2010年、後継となる9300系に置き換えられる形で特急運用を引退し、現在は観光列車「京とれいん」として改造された1編成と、嵐山線用にリニューアルされた3編成が活躍しています。


再現編成
5313F C#5313・C#5414(8両編成)
5306F C#5306(7両編成)

6350F C#6350(8両編成)
6350F C#6350(6両編成)
6351F C#6351(4両編成) 


ダウンロードこちら


なお、このデータを車両指定をしていただいております、
・すずはる様公開の阪急線路線データこちらから↓

・Furutch様公開の阪急京都線路線データこちらから↓

・Mc220-78様公開の大阪市営地下鉄堺筋線路線データこちらから↓
どうぞ。皆様ありがとうございます。


著作権について
ATSフォルダ内
「ATS_HK.dll」は Unicorn様が製作されたものを使用させていただいております。
「ResistanceControllerPlugIn」は BVE Workshop様に製作いただいたものを使用させていただいております。
「DetailManager.dll」は Rock_On様が製作されたものを使用させていただいております。
「CutOff.dll」は J9様に製作いただいたものを使用させていただいております。

また、スタフ画像につきましては、L53様が製作されたデータをすずはる様を通じてお借りしたもの、及びKoyage様よりお借りしたものを、パネル画像に合わせた加工をした上で使用させていただいております。
この場を借りてお礼申し上げます。本当にありがとうございます。

ATSプラグインとスタフ画像を除く、この車両データに関するすべてのファイルの著作権は、けいが保有しています。
無断転載等は禁止します。

・動画などの投稿について
正常なプレイの範囲内では特に制限は致しませんが、ご一報いただけると幸いです。
暴走動画などの投稿は禁止します。


Copyright (C) 2016-2018 けい


――――――――――――――――――――
更新履歴

Ver.2.1.1 2018/2/10 新シナリオ対応データを追加、前照灯仮再現
Ver.2.1 2017/8/6 性能調整、地下性能データを追加
Ver.2.0 2017/1/29 5300系7連、6300系データを追加
Ver.1.1 2016/7/1 京都側先頭車データを追加
Ver.1.0 2016/2/28 公開

――――――――――――――――――――

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

能勢電鉄1500系は、1983年に登場した電車です。
主に阪急2100系を種車に、冷房化や行先表示器の設置などの改造を施し、24両(4両編成×6本)が作られました。のちにワンマン改造や2両編成の登場もあり、のせでん線内の様々な運用で活躍しましたが、オールドルーキー5100系の登場により、2016年に惜しまれつつも引退し、その歴史に幕を閉じました。


ダウンロードこちら


車両指定をしていただいております、モヒトン様公開の路線データはこちらから↓


・これからの予定
2両編成の再現


著作権について
ATSフォルダ内の、「ATS_HK_B8.dll」は Unicorn様が製作されたものを使用させていただいております。
この場を借りてお礼申し上げます。本当にありがとうございます。

ATSプラグインを除く、この車両データに関するすべてのファイルの著作権は、けいが保有しています。
無断転載等は禁止します。

Copyright (C) 2017 けい


――――――――――――――――――――
更新履歴

Ver.1.0 2017/1/1 公開

――――――――――――――――――――

この記事に

開くトラックバック(0)

はじめまして

ここでは、私が製作したBVE向けデータの公開などを致します。

よろしくお願いします。


この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事