蓬莱の島通信ブログ(旧館)

ナチス化する中国およびその危機に直面している東アジア周辺に関わる時事問題への論評です

311大震災と福島原発危機

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

今回、山本太郎氏が東京で当選したのは、衰退し始めた日本社会にとって、小さくはあるが希望の光である。現実を向き合う勇気を持っている人がいれば、どんな問題も乗り越えることが出来る。その意味では、明治維新などほとんど誰も考えていなかった江戸末期の比喩で「日本国」の今後を語るのは、正しい推論だろう。そこから、日本市民の道が見えてくる。 (続きは以下で)

この記事に

開く コメント(0)

安倍政権は岐路に立っている。それは、日本社会の岐路でもある。私たちはその現実に向き合うことが出来るだろうか?
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 福島原発大爆発事故から1年2ヵ月、日本全域に放射性物質の影響が直接的、間接的に広がりつつある。
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 いよいよ日本の無能な支配階級が独裁政権化を始めた。ナチス中国の意向を忠実に反映して、3月11日、12日にかけて行われた311追悼行事で、世界最大の義捐金を寄せた台湾を排除し、式典(海外来賓席+海外来賓献花)に参加させなかった。しかも、ナチス中国傀儡政権・民主党の幹事長は、「何ら問題はない」と公言してはばからない。そして、今週、いよいよ民主党が「治安維持法」成立に向けて動き出したことが明らかになった。「日本国」の最期は近づいている。天は無能な支配階級の傲慢を許さないであろう
 続きは以下で。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 2012年は「日本国」にとって最悪に近いさまざまな困難が予想される。そうした困難を乗り越えるには、日本社会の現実を知ることが基本だろう。各時代の形態に合わせた奴隸制社会として発展してきた日本社会は今、最大の転機に立たされている。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事