蓬莱の島通信ブログ(旧館)

ナチス化する中国およびその危機に直面している東アジア周辺に関わる時事問題への論評です

メディアから見る台湾社会

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

 日本・東京の「VANYTY LOUNGE」「f.Bar」元社長・友寄隆輝と日系芸能人・Makiyoが2月3日深夜に起こした、台湾のタクシー運転手に対する暴行傷害事件であるが、犯行の様子が次第に明らかになりつつある。酒の起こした問題という非難が台湾の芸能人やメディアでは論点として明確に出ており、「酒がないと云々」という日本人の悪習への間接的批判で事件の拡大を留めているように見える。日本市民の皆さんは、「酒」の悪についてもう一度真剣に考えた方がいいであろう。個人で楽しむのは自由だ。しかし、ビジネスで酒を強要する、接待で酒を強制する・・・、国際競争力がますます低下している日本経済にとって、こうした「悪習」が実は国際ビジネス社会から日本のビジネスマンが爪彈きにされている原因のひとつかもしれないと考えてみるのはいいことだろう。たとえば、台湾企業では、重要な話しはしらふで話すのが当たり前で、付き合い酒など必要がないからである。もはや「日本的商習慣」に従えと言えるような身分ではなくなりつつある日本のビジネスマンは、自らの悪弊を深く考えるべきときがきたのではないだろうか。
続きは以下で。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 2008年3月22日の投票は、大きな混乱や事件もなく、馬英九氏の当選で終わった。本土派あるいは独立派を支援して最後まで忠節を尽くされた皆さまには敬意を表するが、私は「暗愚あるいは破廉耻な君主に盲目的に仕える家臣は亡国の臣だ」と思っている。「鳴かず飛ばず」の故事で有名な楚の荘王は、おそらく諌言する者が出ていななければ、そのままずっと「暗君」を続けただろう。 しかし、かといって今まで私に何かが言えたわけでもない。2004年3月19日の事件がきっかけで消してしまった前のホームページや、台湾にいる蝙蝠的存在を感じて昨年から筆を断ったぐらいのことしかできなかった。 最近、もうひとつ驚くことがあった。ある機会に本ブログで批判した東京大学の小森陽一氏と親しく話す機会を持って、ネットのイメージと実際の氏の思想がまるで違うのに愕然とした。氏に対して大変失礼な誤解をしていた。氏は左翼ではあるが、反権威主義では徹底している。私は氏から見れば右翼かもしれないが、正義を振りかざす人が一番嫌いだ。政治的には正反対なのに価値観は共通していた。「情報はすべて操作されている、実際に自分の肌身で知らなければ何も始まらない」と身にしみた。今回の経験から、戦時中も執筆を続け、今も読まれる作品を残した太宰治に、いかに筆を折らずまた曲げずに書くかを学ぶべきだと感じた(これも小森氏に教えていただいたことであるが)。 台湾の民主化は、また一歩、今まで誰も踏み込まなかったレベルに前進を始めた。
 続きは以下で。
http://blog.goo.ne.jp/tike_hiko2000/e/b6ed35a110f6f4976c5d233a5337f475

この記事に

開く コメント(0)

1.今回の二大都市選挙の意味
 台湾日報などがなくなってしまい、ネットで読めるいい選挙情勢分析はもうあまりない。Yahooの世論調査も政治的な話題は避けるようになっており、世論の動向をネットで探るには、いい資料が見当たりにくくなっている。
 今回の選挙の分析については、以下がまとまっていて、穏当かと思われる。
 むじなさん:直轄市選挙で国民党は事実上の敗北、民進党は復調
 今回の選挙の基本的な図式は、むじなさんが分析されているとおりだと思われる。特に、台湾の人々の民主化意識が高まっていることは、分裂選挙になった台北市の状況がよく示している。
http://blog.goo.ne.jp/tike_hiko2000/e/b0dc1e1802c55be5e5c1ff20d06a9ce7

この記事に

開く コメント(0)

1.大陸での呉淑珍総統夫人起訴の波紋
 大陸での呉淑珍総統夫人起訴のニュース報道の様子は以下のとおりである。
つづく
http://blog.goo.ne.jp/tike_hiko2000/e/c138cdbe73c16f8dcd82e9ca7d24075b

この記事に

開く コメント(0)

1.台湾の政権交代可能性の現状:台湾の後継路線は誕生が難航している。
 台湾の反腐敗(あるいは反総統)派と擁護派の集会の様子は、ほぼ擁護派を擁護する立場で、
 「座り込み運動」の実態は、国民党反動派の集会
 ファッショ的な「陳水扁打倒」運動 緑陣営も低次元な対抗戦術はやめませう
 台湾メディアの一方的な報道こそが緑陣営の暴発を招いた
  施明徳の「倒扁」運動の結果は、意外なことに馬英九の後退をもたらした
 内閣制論と台湾意識の伸張 「倒扁運動」の予期せぬ”効果”
 が、むじな氏のブログから出ている。
続きは以下で。
http://blog.goo.ne.jp/tike_hiko2000/e/0496c9a49dda7cea6d885ec543c81864

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(1)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事