スト5 弱ガイルとゲームブログ

弱ガイルのブログです。スパ4の攻略とスト5のこと書いてます。ほとんど自分のためのメモかもww
引越し先が決まりました。
こちらのURL。



FC2ブログへ移行。

ブログ引っ越しサービスもあって、
ヤフーで書いた記事も、そのまま残せました。
とりあえず一安心。

せっかく書いた記事やから、残ってたほうがうれしいもんね。

今後はFC2ブログのほうに書いていくので、こちらはお休みしますね。
ヤフーブログさん、今までありがとうございました。

使いやすくてよかったのになぁ。
でも、仕方ないですね。

それでは、ここはこのままにしますね。
それではまた。

開く コメント(0)

ブログ移転予定。

なんと、Yahooブログのサービスが終了することになりました。
それに関連して、ブログも引っ越ししようと思います。

引越し先が決まったらこのブログで紹介しますね。

ただ、ここのブログの記事についてはかなり多すぎてログを残すつもりはないので、
消える予定です。
残したい方・・・っているかわかりませんが、コピペでもしておいてくださいw

攻略記事も古いバージョンだと通じなかったりしますし。
新しいところで気が向いたときにまた攻略記事書きたいと思います。

あ、でも・・スト5でのキャラ対策くらいはコピペで引っ越ししてもいいかなぁ。

Yahooのサービスは12/15に終了するようなので、それまではここも残っています。

つたない文章でつたない攻略でしたが、
読んでいただいてありがとうございましたっ。

今回はこんなもんで。

開く コメント(0)

久しぶりのランクマ。

1つ前に書いたことを踏まえて、ランクマやってみた。

なんと少しだけLPアップ^^
それがこれ。


まだできていないところあるけど、相手が飛ぼうとしてるのか、
飛びを落としたから地上牽制狙ってるのか、それを考えつつソニック撃ってます。

あとは前にやってたキャラ対策(弾抜け技とか注意しつつ)を思い出しながら、
戦ってます。

700位くらいの是空さんに勝てたのはうれしかったなぁ。

あ、リュウ戦で、中足→波動、をサマーで切ろうとしたら、波動拳に落とされた。
調べてみたら、シーズン4で、サマーの無敵が変わってたんですね。
弱サマーは、対空技無敵。
弾抜けは大サマーらしい。

それは勉強になった。
その他、調べたら変更点結構あったけど、
・弱サマーが対空技無敵
・大サマーが弾抜け無敵
・ソバットの発生が遅くなった+硬直長くなった
・ソニックの全体動作フレームが増えた
・弱ソニックブレイドの弾速が早くなった→追っかけをしにくくなった
が、調べて覚えてるところ。
その他、細かい調整はあるけどね。

ちなみに、ランクマやってて、課題持ってやってるから、イライラしなかったw
集中するから、疲れるけどね。
やっぱり格闘ゲーム好きやなぁ。

今回はこんなもんで。


開く コメント(0)

久々の更新。

久々の更新。

嫁さんの腰の調子は、手術してから少しよくなったけど、
あまり長時間は歩けず。
1時間とかくらいなら歩けるようになったけどね。

まぁ、仕事にも行けるくらいにはなったし、
日常生活に戻ってきた感じ。

ってことで、最近、スト5にまた戻ろうかと思ってます。

まぁ、平日休みの日に少しやるくらいやけどね。
その前に。

PS4のコントローラの、Rボタンがゆるゆるになったw
大PにRボタン割り当ててるんですけど、
対空で無駄に力入ってRボタン押してるせいかとw

やから、意図せず大Pが出てしまったりする。
でも、とりあえずなんとかできるから、そのまま使ってる感じかなぁ。

PS4のコントローラ高いし。
大人とはいえ、こづかいでやりくりしてる身なので6500円は痛い。
こづかいためて買おう。


格ゲーで勉強になったこと。
YOU TUBE見てるんですけど、
「弾撃ちの考え方」みたいなのがあって。
リュウの波動拳の考察動画だったんですけど、簡単にまとめると
・波動拳は、飛ばれると大ダメージ食らうので、基本的に弱い
・ただし、ジャンプや弾抜け技がない前提だとものすごく強い
・弾撃ち=相手を飛ばすためなので、相手が読んで飛んでくるなら、撃たなくていい
こういう感じかな。すごく大雑把に言うと。

んで、ガイルの話。

スト2時代からガイルやってたからか、攻めの起点は必ずソニックから、が身についていて。
ゲーセンに入り浸っていて、うまい人からガイルの使い方教えてもらったんやけど。
それが、スト5でも癖がついていてね。
ソニックから開始、ってのが癖になってるらしく、相手が近くても、ソニック撃っちゃう。

ソニックはスト5でも強いのは確かなんやけど、
問題は相手の動き関係なく撃っちゃうこと、ってことにその動画を見ていて気づいたw

相手がソニック読んでジャンプしてくるなら、ソニック撃たずに対空意識していればいいわけで。
落とされる、って意識させることが大事。
んで、落とされるから飛べない、って意識付けさせたら、ソニックが生きてくる。

今までランクマしてたときに、LPが自分より高い人より、低い人のほうが戦いづらいな、って感じがあったのよね。
それって、上級者って、飛んだら落とされるって身についてるから、飛んで来る人が少なくて、
対空する必要なくソニック打てたから楽やったのかな、と。

ということは、ソニックのメリハリを練習すれば、安定してもう少し勝てるようになるのかな。
もう、半年以上スト5休んでて、カジュアルマッチでも当たる人が自分より上ばかりやから、
全然勝てないけどw

今日少しやったんやけど、相手キャラは何してくるのかな、とか、相手がジャンプしてくるか、とか
ジャンプしてこなければソニック多めでもいいかな、とか意識しながら対戦してます。

あ、そうそう。
また話変わるんやけど、スト5で負けると、ものすごくストレスやったのよね。
なんで自分て下手なんやろう、とか、なんでこんなに覚えられなくてアホなんかな自分、とか。

それって、自分を攻めてしまうのは、自分は相手に負けたらいけない、って思い込んでるから、って気づいた。
心理学が好きでいろいろ心理学のこと勉強してるからかもしれんけど。(趣味の範囲で)

もちろん、勝つのが楽しくてやってるんやけど、格闘ゲームの楽しさって、
「相手がこの技出してくるけど、どうやって対処したらええんかな」って試行錯誤して
勝てるようになった時なんよね。
試行錯誤して考えてるときが楽しい。

やから、勝ち負けって、本来は二の次で本来はええと思うんやけど、
リアルで友達があまりいない分、ゲームで存在感を示さねば、とか無意識で考えてて、
そうなると、負けると自分の価値がなくなる、みたいな。
そういう無意識が働いてたな、って最近気づいた。

勝って自分の価値をあげよう、って思い込んでた場合、
勝つと、自分の価値が上がったみたいで楽しいんやけど、
負けた時に「自分なんか価値がない」って考え込んじゃうみたいな。

それに気づいたので、ゆっくり意識を変えながらスト5に向き合って行こうかな、と思う。

あと、久々にやって気づいたのって、「俺って今まで、相手の動き全然見てない」ってこと。
相手がどうしてくるから、俺がどう動こう、じゃなくて、「相手がこう動く想定で、俺はこう動こう」みたいな。
ニュアンスの違い伝わるかな。

今までは、「希望的観測」で動いてたから、ハマれば勝てるけど、予想がはずれれば勝てない。
かつ、相手の動きから考えてるわけじゃないから、予想もはずれやすい。
やから、自分のクセが出やすい。(投げ抜け、ブッパのタイミングとか)

なので、YOU TUBE見るときも相手の動きを予測しながら、見てます。
クセつけるのは難しいかもやけど、慣れてくれば勝てるようになってくるはず。

うまい人って、久しぶりに対戦してもなかなか負けないのは、駆け引きに関するそういう意識付けの部分もあるかな、と。

俺は半年以上ぶりにやったけど、とりあえずコンボはしっかりつながったし、
クラカンからしっかり攻められたし、久しぶりな割にはがんばった。

気まぐれにしか更新しないのに、このブログ見てくれる人がいてくれてすごくうれしいです。
いつもありがとうございます。

ってことで今回はこんなもんで。

開く コメント(0)

最近。

久々の更新。

最近はスト5ほとんどやってないw
たまぁぁぁにカジュアルマッチをやる程度。
前から配信してた名残で、いちおう配信はやってたりする。
20分とか30分とか短いけどね。

テレビ使うゲームはそれ以外は、たまにスプラトゥーン2をちょこっとやる程度かな。
その他は、VITAでYOUTUBE見たり、3DSやったり、みたいな感じです。

やっぱりスト5って、続けて対戦しないと、キャラ対策覚えないんよね。
それで、例えば 1週間に1回30分対戦したところで負けるに決まってるw

やからやってないんですね。
スト5とか、スプラトゥーン2のガチマッチなんかをやってるときに、嫁さんに話しかけられたりすると、
イラッとして夫婦仲に影響がありw

そういうことでほとんどやってないんですね。

まだ当分はスト5できそうにないけど、うまくなりたい意欲はなくしてない。
あぁ、あせっても仕方ないんで、色々と俺でもできることをやろう。

今回はこんなもんで。

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事