にっぽんの「たいだ」な生活通信

怠惰に流されないようにと思いつつ・・・・・・

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

タイ国のキッチン窓の窓は1枚ガラスではなく複数の長方形の板ガラスが重なり合うようになっていて、それをハンドルで開閉する仕組みです。

だから完全に閉まることはありません。

ハンドルいっぱいに回しても各硝子同士が重なり合うので「密閉」は不可能なのです。

何故このような窓に待ったのでしょうか?

私見ですが、これは換気扇の代りでしょう。

窓を開ける角度を調整すると、ほぼ0度から90度までは板硝子が動きます。

これによって換気扇の役目、室内温度の調整などを兼ねているのだと思います。



日本と違い網戸が硝子戸の内側にある不合理さを前にも書きました。

じゃあ、自分の都合のいいように直せばいいじゃないか・・・・
と、誰かは言いますがそこは「店子」の弱み、現状維持です。


網戸の外に「格子」があります。防犯用です。


その外にやっと「変形硝子戸」があります。

しばらく掃除をしていなかったので汚れ放題です。


内側から、外側からスプレー式洗剤を使ってきれいにしました。

きれいになると気持ちがいいものです。


でも、分不相応に広いこの借家全部の徹底掃除は僕一人ではどうにもなりません。


買っておいたがしばらく登場の場がなかった「脚立」も大活躍をしてくれました。

この記事に

閉じる コメント(2)

広いお家うらやましいです。
うちはレンタルユニットですが、2ベッドルームとリビングだけ。
子どもが2人になってからは持ち物も増え、なんだか狭い!!

2009/9/30(水) 午後 6:36 [ 雲子 ] 返信する

顔アイコン

借家ですが半分お分けします。(なんてできっこないよね)
日本の家は子供が独立して2階は全く使っていません。老人になった適度に狭い家がいいのですが・・・
今はそうはいきませんよね。

2009/10/1(木) 午後 0:42 [ kusaretamakura ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事