ここから本文です
ブログ始めました!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

クロスロード

こんにちわ、まだなんとか生きてます、ギターのkeichiです。
帰国してから、かなり脱線してました。音楽から。長かった。もう音楽やめようかと思った。やめれないけど。
アイデアが枯渇していたかもしれない。またなにか復活して来た。
ギター持てばなんか楽しいのは変わらない。これはたぶん一生モノの病気かもしれない。
かの有名なブルースギタリストのロバートジョンソンが自分のギターテクニックはある日十字路で悪魔に魂を売って得た物だ、という逸話があり それを題材にし本人によって作られた名曲『クロスロード』はいまでも数多くのギタリストが好んで演奏しますが、そのクロスロードが何だったのか想像がつくようになってきた、多分それは覚悟を超える というような意味だったんじゃないかと思う、音楽で身を立てるなんていつの世でも並大抵の努力ではできないこと、普通に汗水たらして働いているひとから言わせればバカげたことかもしれない、そうしたほうが安定も余裕も手に入る、それは彼の時代でもおなじ、彼はそこで知ったのかもしれない、ただその覚悟がないとそこにたどり着くまでの完全なオリジナリティーは身につけられないのかもしれないと。
かなり個人的な話、こないだ小学校からの幼なじみでもちろん血は繋がってないけど兄弟と思えるやつに説教された。そいつとおれは昔から意味のないことで意味のない共通点を探しだし互いに爆笑するつぼをいつも探したりして、よくわからない関係だったが、おれの考えがかっこわるくなってると、おれらしくないと。やっぱりただ、ちょっとひよっていただけかもしれない。この大規模な経済危機のせいにするのはもはやフェアーじゃないと思うし、逆に変えて行くには絶好のチャンスと取ろう。

実際まだ何も決まってないんですが、来年、ニューヨークに再び帰り音楽やろうと思います。It's my best way!
あの町で全世界のひとを相手におれの音を聴いてもらいたい、そういう思いはまだ消えていません。むしろ燃えてきました。
再出発。そんな感じです。


この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事