全体表示

[ リスト ]

【今日は何の日】 9月8日 白露 ニューヨークとカルチャーショック
 一年365日、毎日が何かの日です。
  季節を表す日もあります。地方地方の伝統的な行事やお祭りなどもあります。誰かの誕生日かも知れません。歴史上の出来事もあります。セミナーや展示会もあります。
  これらをキーワードとして、私たちは自分の人生に、自分の仕事に、自分自身を磨くために何かを考えてみるのも良いのではないでしょうか。
  独断と偏見で、エッセー風に徒然のままに書いてみました。皆様のご参考にと毎日続けていこうと・・・というよりも、自分自身のために書いてゆきます。
   詳細 ←クリック
今日は何の日インデックス】  日付を指定して【今日は何の日】を閲覧できます
 白露(年により日付が異なる)
 
 今日は、「白露」、二十四節気の一つで処暑から数えて15日後に当たります。
 白露とは、露を美化した表現で、夜に降りた露が、草木の葉に白い露の玉を宿すことを指します。
 しかし、綺麗の表現の割には、現実の世界では台風が来たり、秋雨前線で天候の悪い日が多かったりします。
 
【Wikipedia】 白露 
  『暦便覧』では、「陰気やうやく重りて、露にごりて白色となれば也」と説明している。
 
 
 ニューヨークの日 ニューヨークとカルチャーショック
 
 1664年9月8日に、イギリスのヨーク公に因んで、それまでニューアムステルダムという名前のマンハッタン島が、ニューヨークに改名されました。
 それを記念して「ニューヨークの日」として制定されました。もともとオランダの西インド会社の支配下にありましたが、イギリスの支配化になりました。
 

 余談になりますが、私は、1970年12月にニューヨークに所長として赴任しました。
  その時のカルチャーショックについては、これまでもブログでいろいろとご紹介してきました。
  その中のひとつが、雨が下から降るということをはじめて体験し、驚いたのです。
  今日、高層ビルは日本でも処々にありますので、それを体験したことのある人は多数いらっしゃるでしょうが、当時の私にとっては驚き以外の何ものでもありませんでした。
  若い方には「摩天楼」という言葉は馴染みではないかもしれませんね。
  高層ビルやその地行きを摩天楼といいます。  英語で「skyscraper」といいます。
  すなわち、摩天楼とはskyscraper、「sky 空」を、「scraper 擦る」物なのです
 スクレーパーは、日本ではあまり馴染みがありませんが、日常生活で結構使っています。
 べっとりついて固まったガムをこそげ落とすときに使うのがスクレーパーです。
  原意にとらわれず、skyscraperを「摩天楼」という言葉を当てはめた最初の人は、すごい発想力ですね。
 
(ドアノブ)
【経営コンサルタント(志望者)へのお勧めブログ】
 
 since 1951 特定非営利活動法人・日本経営士協会
 
 ◆【ブログ 経営コンサルタントの育成と資格付与】
 日本経営士協会は、特定非営利活動法人として内閣府による認証を受けた経営コンサルタント団体です。1951年に誕生し、経営コンサルタント育成と経営士・士補資格付与活動を1953年から積極的に行ってきている、日本で最初に設立され、約65年もの永きにわたりまして社会貢献をしてきています。  このブログは、主に次のような方々を対象に、時宜に即した情報を毎日、原則として複数本のブログをお届けしています。経営というのは、根底に流れいるものは、下記のいずれにも共通し、視点を変えるだけでそれを応用することができるという信念を基に、あえて三兎を追っています。
  ◇ 経営者・管理職の皆様   ◇ 経営コンサルタントを目指す人   ◇ プロの経営コンサルタント
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事