ここから本文です
ブログ始めました!

書庫全体表示

<チャンスを与えられればこれら二国はイギリスの足跡をたどりEUを去ることができる>

26.04.2019 SputnikInternational

 

欧州議会が実施した、2019年春ユーロバロメーター2019世論調査は、EU加盟国間のユーロセプティックと承認感情に関する明らかなデータをもたらした。

EUブロックの一部であることは、大多数のEU諸国で一般大衆にとって有益であると見なされている一方で、国民投票が祖国で開催されればEUに留まることに投票するであろうイタリアとチェコ共和国回答者数は減少した。世論調査の結果によると、半分以下、イタリアで47%、チェコ共和国で49%が、EU域内に留まることを支持するだろう。さらに、これらの国々では回答未定者数が増えている。「イタリアの回答者は最も不確実であり、32%が自国のEU加盟に対する国民投票の場合にはどう投票するかわからないと回答した」と世論調査は述べた。

研究者らは、「20195月の欧州選挙への準備段階におけるEUにとって政治的に困難な時期」に「不確実性の高まり」を当てている。イタリアとチェコ共和国は、過去数年間でユーロ懐疑主義者の台頭を経験し、イタリアの副首相などの政治家やリーグ党のリーダーであるMatteo Salvini、そしてチェコ国民民主党などの政党によって支持された。

世論調査はまた、英国の大多数は物事が正しい方向に向かっていると信じていないことを示唆した - 彼らの国でもEUでも。 英国は329日にブロックを去ることになっていたが、撤退に関して合意に至らず、しかし、現在、欧州議会選挙が5月末に行われた後にのみEUを去るための新たな期限に直面している。

英国も含めたEU13カ国全体で、回答未定者数が増えている。このような不確実性の高まりは、20195月の欧州選挙への準備段階におけるEUにとって政治的困難な時代のしるしであり、これらの選挙の挑戦がEUの将来にとって本当に重要であることの確認として見ることができる。 欧州が5月の投票準備を整えるにつれて、ブロックの成功についての全体的な雰囲気はフランスとギリシャで落ちると報告されている、そこでは回答者の66%はEUでの物事が「正しい方向に向かっていない」と述べた。「国民投票は通常政治選挙で行われ、彼らはEUの国民であると感じている;欧州議会の投票で物事を変えることができると考えているため、EUや政党を支持したいため」を含め、5月に投票することが重要だと考えた理由はいくつかあると世論調査は示した。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事