ここから本文です
ブログ始めました!

書庫全体表示

<米国の戦争の新しい顔はロボット:

人工知能は、我々が観念的に戦争を考えることをより容易にし、そして戦いを止めることをより難しくする>

By Allegra Harpootlian and Emily Manna
29/04/2019 The Nation

(その5

ハイテク企業は、自分たちの立場から、ペンタゴンや諜報機関が自社のAIシステムをどのように使用しているかについて一切の責任を負わないことを明らかにしている。2018年のAspen Security Forumで、アマゾン・ウェブサービス副社長Teresa Carlsonは、政府の技術使用に関して同社が「レッドライン」を引いていない、そして米国の法執行機関、防衛機関、および諜報機関コミュニティへの支持は堅いと述べた。Carlsonは、Amazonが「実際にツールを利用しているもののすべてを知っている」とはしばしば言っていないが、政府は、敵対勢力に惑わされないように、最も「革新的かつ最先端のツール」を利用可能にすべきことに同意した。

AIの拡張現実感のあるヘッドセットを陸軍に提供するという同社の契約に抗議するために書かれた手紙の中で、マイクロソフト従業員はこの説明責任問題の本質を明確にした: 「それは戦場で展開され、戦争を模擬”ビデオゲーム”に変えることに機能する;それは、戦争の厳しさと流血の現実からさらに遠く、兵士たちを遠ざける」

結局、ドローン・プログラムの場合のように、軍用司令官と戦場の間にAIシステムを配置することは、暴力がさらにより多くなるだろう。米国兵士を戦闘地帯から遠く遠ざけ(そして米国人死傷者を少なくする)ながら、ワシントンが軍当局者の戦闘決定をする技術に頼るほど、伝統的な戦争コスト −(米国人以外の)人々の生命と説明責任 − は安くなるだろう 言い換えれば、それが海外での諸行動に対する政治的およびその他の制止を減らすだろう。結局、政治的説明責任の欠如が、今、米国の戦争が、最近のペンタゴン用語で、「限りない」戦争になっている主な理由だ。

政治家や専門家は、米国のテロとの紛争を鎮圧し、軍隊を帰国させるための最善策と同様に、大国間競争への転換にますます焦点を当てている。それは立派な目標だが、ますますAIを活用した世界では、それが実際にこれらの戦争の将来の急増を意味するのであればどうなのか?結局のところ、他国で爆弾をまだ落とし、人々がまだ死んでいる限り、我々の戦争は「終わった」のでなく、米国人にとってまさに無視しやすいものになった。

理論的には国をより安全に保つことを目的とした技術追求においては、国家安全保障国家が終わりのない戦争を公衆の目から隠し、戦争の責任を説明できないマシンに移すことを簡単に遂行させない保証をすることが重要だ。トランプ大統領が実際に提案しているのは、8カ国に爆撃を続け、世界のほぼ半分にわたって秘密の対テロ作戦を続けながら、最も目に見える側面(軍隊)を単に削除することだけなのだ。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事