ここから本文です
ブログ始めました!

書庫全体表示

<共和党がトランプが愛する関税について不平を言うので、貿易戦争は2020年のレースを台無しにする恐れがある>

By Toluse Olorunnipa and Seung Min Kim

May 7  TheWashington Post

(その1)

トランプ大統領の攻撃的な貿易政策は、彼の再選運動に真っ向に向かっている。

トランプが経済に乗り出す準備をしている中、中国からの輸入品に対する関税引き上げに対する彼の脅しは株式市場の急降下を招き、一連のポジティブな経済ニュースを切り下げた。すでに中国の報復関税の矛先を負っている米国の農民と輸出業者は、トランプが再選に勝つ必要がある岐路にある貿易戦争拡大の見通しに今直面している。

貿易戦争はまた、ホワイトハウス内および大統領の同盟者の争いを露呈した  − 一部の当局者は2020年前に市場を落ち着かせるための迅速な解決を推進し、そして他の者は中国との軟弱な協定は彼を政治的に脆弱にする可能性があることを警告する。

「私の警告は、2020年の選挙年度が貿易問題に関して中国との激しい摩擦になることを望んでいないことだ。」とHudson研究所の中国専門家、貿易に関しトランプ政権に助言したMichael Pillsburyは述べる。 21人の民主党の主要候補者全員をまとめる1つの方法は、来年、中国が不正行為に巻き込まれたとき、大統領が迅速ではあるが欠陥のある契約を締結するなら、それは必然的にもめ事につながる」。

しかし、よく知られている人々によると、 内部の議論でSteven Mnuchin財務長官と国民経済評議会長Larry Kudlowは、迅速に中国との交渉に到達し、2020年に本格的な貿易戦争からの政治的後退を回避するよう大統領を促した。

ホワイトハウス当局者は、トランプは2020年まで中国との間で強固な関係を築く準備ができていると語った。トランプは、中国や他の国々と交渉し政治的便宜のための取り決めに署名することを余儀なくさせる関税の力を強く信じている、と内部戦略を議論するため匿名で語った2人の関係者は語った。

両高官はまた、政府内の意見不一致の程度についても、トップアドバイザーたちは不公正な貿易慣行をめぐる中国への対応必要性について大部分合意していると述べた。

民主党員がウィスコンシン州、ミシガン州、ペンシルベニア州などの輸出に依存した州で彼の経済的メッセージに挑戦し彼と競争しようとしているので、トランプの貿易課題は2020年のレースで中心的な役割を果たす可能性が高い。 大統領はまた、いくつかの共和党議員が米国の同盟国からの鉄鋼とアルミニウムの輸入に対する関税の継続的行使に反対しているので、彼の再交渉した北米自由貿易協定に議会で支持を得るのに苦労している。

一部の民主党の大統領候補は、トランプを混乱させ経済に関する彼のメッセージを過小評価することを試みるため、貿易交渉の周りの混乱を利用している。

Kamala D. Harris 上院議員(D-カリフォルニア州)は、「これは彼が一人で試みようとしたときに起き、彼は全く手段を持たない。それで、彼はツイートを通してこの種の手段を作らなければならない。我々は味方と共にそのテーブルに座っているべきだ。」と述べた。

この問題に詳しい人々によると、トランプ選挙運動関係者は最近、multistate surveytrade messagingを調査した。 貿易と移入民は、大統領が今後数カ月のうちにキャンペーンを強化する中で焦点を当てている2つのテーマである可能性が高い、と当局者は語った。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事