ここから本文です
ブログ始めました!

書庫全体表示

Sunkara(その4)

Bhaskar Sunkara “The Socialist Manifesto:
The Case for Radical Politics
in an Era of Extreme Inequality”

「8chap Return of the Mack

(その4

しかし、普通の人々の観点からすると ー おそらく地元の求人広告、わずかな給料、または住宅ローンの請求書を見下ろすと ー このバラ色の写真は現実と一致しなかった。

オバマは不安定な経済を安定させたかもしれないが、彼は強固なビジネス利益に立ち向かうためにほとんど何もしなかった。オバマの著名な達成 ー the Affordable Care Act (ACA)、医療保険をMedicaidを通じて何百万ものアメリカ人に拡大し既往症を持つ人々を保護した ー でさえ、営利目的の医療制度に対する攻撃ではなく、 それとの大きな妥協案だった。

この期の最も激しい政治的反乱はACAに対して来た、しかしそれは左から来なかった。むしろ、それは反政府の Tea Partyの形で、右から来た。Tea Partyは主に共和党陣営の中に既にしっかりと存在し、その激怒がPartyを右に押し進めるのに役立っていた憤慨した中流階級の白人で構成されていた。より広範な人にとっては、オバマの方針は就任後2期目を正当化するのに十分だった。

それでも、賃金停滞と機会減少の傾向は続いた。 それだけでなく、民主党は誤った管理と無視によって内部から侵食された。オバマ政権の間、民主党は13の知事支配を失い、党は1920年以来最低の16知事を残した。民主党員たちはまた、州議会に対する統制がオバマ大統領選挙開始時の59%から終了時の31%に劇的に低下したことを確認した。

減退は多くの共和党が支配する州で本格的に始まった。最も重要な引火点は、Wisconsin州の1世紀にわたる労働者の勝利を全滅させようとした Scott Walker知事の試みだった。2011年、Walkerは公共部門の労働者の団体交渉を違法にすることによって組合を妨害する予算修理法案を導入した。それは、メディケア、環境保護、さらには公教育を含む重要な社会プログラムへのカットを提案した。その措置は抵抗を引き起こした ー 州の首都で行進した10万人以上の人々、ストライキ禁止規則を回避するために「病欠」を組織した教師、抗議者たちは2週間半にわたってWisconsin州議会議事堂を占拠し Walker退陣を求めた。

しかし、最近の記憶で最も急進的な人気急上昇として始まったものはすぐに民主党の政治計算の変数となった。州全体の国民投票が直近の知事選挙のやり直しとなり、すぐに何千人もの公共部門の労働者とその同盟者が首都に集まることを導いたエネルギー源泉は厄介なキャンペーンにリダイレクトされた。結果は予測可能だった:乱暴なレースの後、Scott Walkerが以前よりもさらに大きな差で勝った。彼の労働者に対する攻撃は続いた。2015年、彼は2011年に失敗したことをやることに成功した:その年に通過した壊滅的な改革の中で、公教育への3億ドル削減とWisconsinの組合を根絶する「労働権」法の導入だった。

Wisconsin州での戦いは、州の市民や労働運動復活を模索している人々にとって非常に興味深いものだったが、国民的共鳴は限られていた。対照的に、不平等と金融勢力に対する反乱である占領運動はメディアの注目を集めた。それは本来破産すべきという考えだった。1990年代後半から2000年代にかけての反グローバリゼーション運動の同じ伝統から、さらに具体的には、北米の小さなアナキスト運動から占有運動が生まれた。社会主義者たちが別のWisconsinを待ち、小さな単発課題の組織をめざし、あるいは単に彼ら自身の間で議論している一方、アナキストは行動を起こした。左が失うものが何もなかった瞬間だった。

20119月、反消費者主義誌Adbustersからの電子メール爆発で動き出した運動は全国的な動きへと成長した。国中のあらゆる主要都市で作られた陣地。特にNew YorkOaklandのような都市での警察との衝突は、スペインのIndignados運動やエジプトのTahrir Square蜂起に参加した人々を含む国際的抗議者への同調をさらに広める光を当てる事件であり、運動の輪郭をさらに拡大した。やがて、所得格差は国家的政治問題となった。抗議行動が始まって1ヵ月足らずで、世論調査はOccupy Wall Streetが全国的に54%の承認を得たことを示した、Tea Party評価の2倍以上だった。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事