ここから本文です
ブログ始めました!

書庫全体表示

Huaweiと韓国(その2)

<急進的な米国政治家によって人工的に膨らまされたHuaweiの脅威     専門家>

Sputnik International  25.05.2019

(その2

韓国は、無人公共交通システムの導入など、5G技術をさまざまな公共インフラに積極的に導入することを計画している。誰かが悪意コードをネットワークに侵入させたりDDoS攻撃を実行したりすると、これにより全国のネットワークが麻痺する可能性がある。しかし、Chung Jae-hungによると、これはHuawei社の機器供給とは無関係だ。

「これが本当に国家安全保障に影響を与える問題であるならば、政府は、企業間取引の自由な実施を妨げないであろう枠組みの中で潜在的な脅威を排除する方法を探すべきだ。国家が事前に脅威を排除するためには、さまざまな分野のさまざまな国から専門家ワーキンググループを作成することが得策だ。すべての関係者がそのような問題に対する説得力のある解決策の探求に参加できるように。」

結局のところ、韓国が米国の願いに屈服しファーウェイに対する制裁に加わった場合、韓国は中国からの対応を恐れている。韓国はアメリカのTHAADミサイル防衛システムの配備に関する中国の厳しい対応を今でも覚えており、ロックと困難所間で二度と捉えられたくはない。中国市場の閉鎖は韓国経済に打撃を与えるだろう。Huaweiだけでも、年間100億ドル以上の製品を韓国企業から購入している。

サムスン電子レポートによると、今年の第1四半期内でHuaweiは韓国の半導体の主要な買い手のリストの中で4位にランクした。さらに、多くの中小企業が、中国の通信大手企業向けにプリント基板、指紋認識モジュール、マイクロフォン、アンテナ、リピータ、および交換機を製造している。

Huawei問題に対する米国の他国への圧力も、民間企業に大きく依存しているためあまり効果的ではない。そして、すべての国がビジネスへ彼らの意思を指令できるわけではない。そして何よりもまず、ビジネスはあらゆる行動の経済的実現可能性を気にかけている、と中国人民大学のChongyang金融研究研究所の上級アナリストZhou Rong氏は述べた。

「一部の企業は米国の命令に従ってHuawei社のボイコットに参加した。これはごくノーマルなことだ。しかし、ここで私は毛沢東の言ったことば引用したいと思う。 「帝国主義とすべての反動主義者は紙の虎だ」。

当時、中国ははるかに複雑な国際環境中にあった。当時、世界のほとんどが中国の経済的孤立化政策を追求していた。しかし中国はそれらの時代を生き残ることができた。そして中国の現在の強さで、それは簡単に耐えることができる。まず第一に、いわゆる反中国陣営はまだ形成されていない。そして近い将来、ビジネスは主に利益を上げることを重視するので、それが形成されることはほとんどない。それゆえ、多くの会社は、自身が米国によって命令されることを可能にするために利益を犠牲にして行動することはないだろう。彼らはより有益なものを分析し始める:アメリカをなだめるか、またはHuawei社ボイコットを放棄するか。そして彼らは徐々に、米国の指示に従うことが善よりも害を及ぼすであろうという結論に達するだろう。そして彼らの行動は変わる。

私の意見では、多くの国はもはやアメリカの介入を考慮に入れていない。例えば、ヨーロッパ諸国の立場は非常に明白だ。数日前、私はヨーロッパの科学者と話をした;彼は私に、ヨーロッパはアメリカと中国の中間の地位を見つけたいと言っていた。つまり、一方では米国の制裁可能性を回避し、他方ではファーウェイとの通常の貿易と経済関係を維持し続けることだ。

これはEUの国々の間で全く共通の見方だ。日本、韓国、インドも同じ原則に従う。これはしばらく続くと思う。現在、Five Eyes同盟のパートナー国は主にアメリカが主導権を握っている。イギリス、カナダ、オーストラリア、そしてニュージーランドだ。しかし、これらの国々の他に、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、ラテンアメリカで残りの国々はHuaweiに対する制裁に参加することに同意することを望んでいない。

いくつかの先進国によって行われたいくつかのステップの後に、Huawei社ボイコットの波が世界中に広がることは、今では言うまでもない。同時に、今我々はHuawei社からのより多くの対応を見るだろう。実際、多くの国は中国の企業何をするかを待っている。彼らはHuaweiが彼らにさらなる協力を可能にし、彼らが米国制裁下に置かれるのを回避するような解決策を提供することを望んでいる。

しかし、日本などの特定の企業文化を発展させてきた米国の親密な同盟国は外部からの圧力を受けやすい、と北京の中国外交大学の日本専門家であるZhou Yongsheng教授は述べた。

「もちろん、日本の起業家はアメリカ政府の影響を受けている。彼らはHuaweiとの取引関係を止める可能性が高く、彼らにとってアメリカ市場は事業開発と取引の最も重要な源であるためアメリカとのビジネスを維持する。そうは言っても、日本当局はアメリカと矛盾しないだろう。だからこれは非常に複雑な関係だ。日本にとって、Huawei社を放棄することはクイーンを救うために歩を犠牲にしている。

Huawei脅威のトピックは、多くのアメリカの過激派政治家によって人工的に膨らまされていることを忘れないでほしい。トランプによって解雇された元顧問であったSteve Bannonは、対立の雰囲気をかき立てて今や再び政治的ポイントを得ようとしている。

彼は最近、Huaweiは他の中国企業と同様に米国だけでなく他のすべての国にとっても国家安全保障脅威であると述べた。彼は、Huawei社放棄はいかなる貿易協定よりもはるかに重要で、金融市場を含むすべての西側市場から同社を追放する必要があると述べた。

それに応じて、Chinese Global Timesの編集長Hu Xijinは、中国では最も悪名高い過激派でさえAppleMcDonaldを市場から追放する要求をしていないとツイートした。Hu Xijinによると、Bannonのような政治家はアメリカを経済的ファシズムの国に変える。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事