ここから本文です
ブログ始めました!

書庫全体表示

Huawei危機説は本当?

Blogger:最近の、日本で溢れているHuawei危機説報道は一面的でないのか? 疑問に思う。


Microsoftは中国のHuaweiに対する米国の厳しい取り締まりが裏目に出かねないと懸念>

28.05.2019 SputnikInternational

 

今月初め、 Information Technology andInnovation Foundationの報告は、米国の技術輸出抑制により、今後5年間で560億ドルもの輸出収入と74,000人の雇用が危険にさらされるという警告を出した。

 

米商務省への書面による提出で、米国の技術大手マイクロソフト社は、ワシントンが提案した中国企業を対象とした規制は、国際的な研究協力から国を外し米国の利益を妨げる危険性があると警告した、とBloombergは報道している。

Huawei Technologiesに対する米国取り締まりをきっかけに、Microsoftは中国企業の多くのデバイスに対するWindowsオペレーティングシステムの供給を停止するよう求められた。

Technalysis Researchのコンサルタント会社のBob O'Donnell氏は、禁止はMicrosoftに影響を与えるだろうと述べた。「オープンソース版がないためどのバージョンのWindowsMicrosoftから提供されている。」

GEはまた、次のような注意書きを発表した:「人工知能は非常に広い概念であり、あまりにも広く定義された輸出規制は、アルゴリズムが疾病や玩具のスキャンに使用されている医療画像のようなものを一掃する可能性がある。」

ワシントンを拠点とするセキュリティソフトウェア会社OmelasCEOEvanna Huはブルームバーグに次のように語った:

「我々が絶えず経済戦争を国家安全保障上の利益と密接に結びつけるほど、我々はすべてを国家安全保障と見なし始める。ハンマーを持っているとすべてが釘のように見える。」

先週、米国商務省はHuawei Technologiesとその約70社の関連会社をブラックリストに載せ、政府許可なしに米国のパートナーから機器を購入することを禁止した。

この動きは、グーグル、マイクロソフトを含むいくつかの米国企業、そしてインテル、クアルコム、ザイリンクス、ブロードコムなどの大手半導体メーカーに、ファーウェイとの提携を断念させることになった。

米国の諜報機関は以前、Huaweiが自社のデバイスに「バックドア」アクセスを設け、中国政府の利用者スパイ活動を支援していると非難してきた。しかし、北京とファーウェイは、この主張を強く否定している。

米国政府がHuawei社を攻撃した主な理由の1つは、ほぼすべての産業で多数の最先端技術をサポートする能力を誇る5G技術だ。

Bloombergの報道によると、世界の5Gインフラの大手サプライヤーである中国の技術大手を切り離すことで、米国は5Gの拡大を遅らせるだけになるという。

Huaweiへの弾圧は、数ヶ月間衰えずに続いている米中貿易戦争の結果として起こった。

履物会社からハイテク巨人に至るまで、米国中の産業はトランプ大統領政権に対し、一定の制限を緩和し中国との激しい貿易戦争を終結させるよう促している。

521日、173の靴会社がトランプ宛ての公開書簡に署名し、それをFootwearDistribution and Retailers of America's websiteに掲載した。 MicrosoftGeneral Electric Co.GE)、そしてGoogleの親会社であるAlphabet Incがワシントンの輸出規制に対する懸念を表明した。

狼狽した諸企業は、中国との経済戦激化は彼らが有利な市場で競争するのを妨げ、米国企業は世界規模の技術サプライチェーンに非常に密接に関与しているので米国の革新的動機を無力にすると主張する。

今月初め、Information Technology and Innovation Foundationの研究者らの報告によると、米国の技術輸出抑制により、5年間で560億ドルもの輸出と74,000人の雇用が危険にさらされることになるという。

トランプ政権は、510日に2,000億ドル相当の中国製品に対する関税を引き上げ、中国の輸入品の追加リストで約3,000億ドル相当の関税を脅かし、引き続き厳しい動きを見せている。

Huaweiへの攻撃と北京の報復的な関税引き上げにもかかわらず、両国間の貿易交渉は完全には放棄されていない。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事