ここから本文です
ブログ始めました!

書庫全体表示

Sunkara(その5)

Bhaskar Sunkara “The Socialist Manifesto:
The Case for Radical Politics
in an Era of Extreme Inequality”

「8chap Return of the Mack

(その5

若いOccupiersの精神は、それが容易に理解可能なポピュリストの魅力と結ばれていたので、都市の野営地に決して参加しないであろう何百万という人々と共鳴した。Occupyの最も過激に聞こえるサウンドの攻撃のいくつかでさえ、主流、さらには上品なルーツを持っていた。「我々は99%、彼らは1%」というスローガンは、マンハッタンのダウンタウンにあるZuccotti Parkでその羽を見つけたかもしれないが、その起源は、引退した世界銀行のエコノミストJoseph Stiglitzによる20115月のVanity Fairの記事にある。その呼びかけは大衆の不満を捉え、議会予算局でさえOccupyが始まってから約1ヶ月後に発行された報告書の中でそのフレーズを使った。

「我々は99%」はある理由で共鳴した。1979年から2007年の間に、最も裕福な1%の米国人の収入は平均で275%、または新年収で合計70万ドル増加した。一方、私たち残りの賃金はインフレよりも遅く、米国人の下層90%は実際には年間約900ドルのマイナスを経験した。1928年以来、米国人トップ1%がそのような大きな国民的パイの大部分を捕らえたことはなかった。

Occupyの開放性と未定義の特徴はアナキスト運動の水平主義的傾向に大きく起因していたが、これらの特徴のいくつかは結局不利なった。 1つには、1970年代にJo Freemanが指摘したように、自発性を促進するため構造を放棄することは政治的行動を困難にするだけでなく、多くの場合、それをより民主的でなくする。首尾一貫した組織や社会的基盤へのリンクがなければ、その運動はそれ以外の場合よりも早く失敗した。

しかし、初めて政治化された若者が組織を構築し、広範囲にわたる改革を実現することができると期待するのは少し非現実的だ。Occupy Wall Streetの本当の遺産は大衆抗議の形の復活と緊縮と不平等問題の重要性をアクセスできる形で復活させたことにあった。公正さと民主主義に基づく単純なメッセージが広範囲の支持を得ることができるのはWisconsinの蜂起よりも輝き、より明白であった。

Occupyの数年後、別の運動が米国民主主義の失敗を無視できなくした。201489日、Missouriミズーリ州、St. Louis郊外Fergusonで、Darren Wilsonという白人警官が黒人のティーンエイジャーMichael Brownを銃撃した。たった2年前、フロリダから来た17歳黒人のTrayvon Martinは近所を歩いている間に白人自警団員によって殺害され全国各地で憤慨された。彼を殺した男GeorgeZimmermanと自称した近所の警備員は、彼が痩せたティーンエイジャーを恐れていたと言い、そして自衛行動したと主張することによって罰を逃れた。

今や歴史はFergusonで繰り返されているように見えた:Wilsonは彼がBrown's"Hulk Hogan" 隣の「5歳児童」のように感じたと繰り返し、命を守るために銃撃したと言った。1日も経たないうちに、警察がデモを解散しようとしたときにFergusonは夜間に激しい対決に変わった大規模な抗議行動にとらわれた。この行動は何週間も続き、全国各地の都市で連帯の抗議行動が促された。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事