ここから本文です
ブログ始めました!

書庫全体表示

Sunkara(その6)

Bhaskar Sunkara “The Socialist Manifesto:
The Case for Radical Politics
in an Era of Extreme Inequality”

「8chap Return of the Mack

(その6

これは、人種差別的な法執行機関の廃止を求めた全国的な黒人のための運動(MBL)発足の瞬間だった。MBLは、黒人アメリカ人が直面している、国家による暴力と嫌がらせについて容認された現実に挑戦した。Fergusonの後、武装していない人々が米国警察の手で殺害され続けた − その一部は携帯電話カメラで捕らえられた − 同様な抗議がボルチモア、バトンルージュ、シカゴ、ニューヨークのような都市を揺るがした。Fergusonの抗議者たちと国中で対応している人々が、警察免責の撤廃や黒人地域での貧困緩和プログラムの創設を含めて求めた要求は、広く社会民主主義的で広範囲にわたる共感を得た。

黒人の市長、警察署長、さらには黒人大統領さえもいた公民権運動以降の紛れもない進展と、黒人系アメリカ人の社会的および経済的状況が依然として嘆かわしいという事実との間で抗議者たちは緊張していた。当時のMBLは地元の民主党機関と黒人有権者を当然のこととした全国党への挑戦だった。しかしOccupyのように、MBLの拡散的な組織的性質は強さから弱さへと進んだ。実際に政策を変える道を模索して、運動の一部はエリートNGOと民主党の世界に向けられた。その主要人物の多くはFergusonBaltimoreに集まった人々から遠く離れたプロの管理職クラスのレトリックと興味を表すようになった。

今日では、社会的平等と国家暴力終焉の要求は、ブランド的活動や、専門的階級のより個性的な特権 − 物質的再分配でなく代表のための − と衝突している。急進的なものが取り残されている間、リベラルな基盤が運動の最も卑劣な声を高めるのを助けたのは当然のことだ。結局、MBLの軌跡は、抑圧に対するいかなる深刻な闘争も、エリートから貧困層や労働者階級への権力と富の大規模な再分配を要求しなければならないことを思い起させる。

BERNIE SANDERS2016年大統領選挙キャンペーンは、空っぽの国立公園でのいくつかの無計画な発言から始まった。BERNIEは演壇の後ろに静かに立っていた、不平等についていくつか述べ、そして何も起こらなかったかのようにステージを降りた。

Sandersの政治的生活は、アメリカ社会主義党の死にゆく名残の中であいまいに始まった。その若者支部の大学生として彼は実際の世界理解に至った:金持ちは道徳的に混乱せず、むしろ他人搾取に既得権を持っていた。力は彼らから力で奪わなければならない、あるいは何も変わらないだろう。Sanders1960年代を通して公民権と労働闘争に身を投げた、しかし10年後までにネイティブのNew YorkerVermont州の田舎生活に退いた。

彼の軌跡は彼の世代の多くの左翼の軌跡のようだった。彼はVermont州のNortheast KingdomStannard200人より少ない町に住んでいた。学校、郵便局、舗装道路はなかった。しかし彼は小さなコミュニティ生活を受け入れ、他の人々と生き残り協力する方法を学んだ。Stannardの道徳的、人生教訓は確かにより広い政治の代替にはならなかった。幸いなことにSandersは数年以内に元に戻った。彼は、民主党から自由であることを約束した地元の左派グループ Liberty Union Partyと連絡を取った。彼の選挙政治への最初の進出は、1972年の上院特別選挙で、アメリカ左派に馴染みのある結果、投票の2.2%を得た。

しかしSandersは粘り強く、彼のメッセージは単純だった:彼は「Richard Nixonの世界、そして彼が代表する億万長者」を非難した。当時も彼は観客に思い出させていた、「これはアメリカで個人的に保有された富の3分の1以上を所有する人口の2%の世界だ」。

彼のメッセージはあまりにも明瞭で重要なので共鳴しないわけがなかった。彼の選挙記録には1970年代を通じて高貴な失敗が点在していたが、彼はレーガン主義絶頂の1981年にBurlington市長のための、独立社会主義者としての彼のキャンペーンで勝利した。それ以来約40年間、Sandersのメッセージは変わっていない:アメリカの不平等は大きく開いた割れ目だ、働く人々の連合だけがそれを閉じることができる。2016年の大統領選挙キャンペーンで、彼がこのメッセージをMedicare for All、授業料無料の大学、そして15ドルの最低賃金という具体的なプログラムに結びつけたとき、それは数百万人の支持を勝ち取った。彼らのほとんどは社会主義についてあまり聞いたことがなかったが、彼らのニーズを中心とした政治への準備ができていた。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事