ここから本文です
ブログ始めました!

書庫全体表示

記事検索
検索

全113ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

移転

Yahooブログが閉鎖になるということで、このブログを以下に移転させました。

Sunkara(その7)

Bhaskar Sunkara “The Socialist Manifesto:
The Case for Radical Politics
in an Era of Extreme Inequality”

「8chap Return of the Mack

(その7

米国のほぼ左翼全員がBernie Sandersの運動を受け入れたが、彼が自身を民主的社会主義者と呼んだとき、彼が何を意味するのかについて疑問があった。上院議員はすぐに続いてEugene V. Debsとデンマークの福祉国家を援用する。しかしSandersまさに現代の社会民主主義者から遠く離れ、改革への道はエリートとの対決によるものであると信じていた。私達全員がより良いアメリカを作るために共に働くつもりだったと言うよりは、むしろ、Sandersは、彼が半世紀前に非難したのと同じく "ミリオネヤー"(そして今、”ビリオネヤー”)から権力を握るつもりであると宣言した。このように、彼は法律を可決するために同盟しなければならなかったリベラルの改革者よりも、すべての時期で社会主義者とより密接に連携している。Sanders はそれを初原に戻すことによってアメリカ社会主義に命綱を与えた:階級闘争と階級基盤。

2016年のキャンペーンは、ほぼ完璧な敗北に対抗してSandersは立ち上がった。エスタブリッシュメントの候補としてHillary Clintonは彼女の完全なメッセージを仕立て上げ、同類者にフィードバックするように見えた。Sandersが言っているように、「Clintonのアプローチはウォール街利益と企業アメリカを中流階級のニーズに合流させることを試みることで − 不可能な課題だ。」しかし、Sandersの戦い分野は民主党第一候補にあった; 彼は独立社会主義の候補者として地位をそれほど前進させることはできなかっただろう( Green党のJill Steinとリバタリアン候補者Gary Johnsonの悲壮な姿を考えよう)。

その最高水準でも、民主党はヨーロッパの労働党および社会民主党よりもつねに首尾一貫していなかった。労働者階級の利益はそれ自身の独立した政治を奪われたが項目の中に持ち込まれた、しかし1930年代のNew Deal1960年代のGreat Societyプログラムの最盛期でさえ、党の議題の多くは常に同盟したビジネス利益によって設定された。1つの結果は、戦後初期でさえ、アメリカが他の工業諸国に匹敵する福祉国家を決して持っていなかったということだった。

ネオリベラル時代には、民主党は自らを変動させなければならなかった:それは今や限られた物財しか労働者に届けることができず、代わりに共和党より卑劣さの少ない選択肢として、抑圧された諸グループ − 黒人、女性、 LGBT、他の人々 − を支援する勢力として自己を表出した。(LGBTにとっての公民権の実質的勝利は民主党の取り組みではなく草の根動員によるものだったが) Clintonのキャンペーンはこの戦略を採用した;彼女は15ドルの最低時給提案を嘲笑し、同時に「インターセクショナリティ」の学術的レトリックを受け入れた。

Sunkara(その6)

Bhaskar Sunkara “The Socialist Manifesto:
The Case for Radical Politics
in an Era of Extreme Inequality”

「8chap Return of the Mack

(その6

これは、人種差別的な法執行機関の廃止を求めた全国的な黒人のための運動(MBL)発足の瞬間だった。MBLは、黒人アメリカ人が直面している、国家による暴力と嫌がらせについて容認された現実に挑戦した。Fergusonの後、武装していない人々が米国警察の手で殺害され続けた − その一部は携帯電話カメラで捕らえられた − 同様な抗議がボルチモア、バトンルージュ、シカゴ、ニューヨークのような都市を揺るがした。Fergusonの抗議者たちと国中で対応している人々が、警察免責の撤廃や黒人地域での貧困緩和プログラムの創設を含めて求めた要求は、広く社会民主主義的で広範囲にわたる共感を得た。

黒人の市長、警察署長、さらには黒人大統領さえもいた公民権運動以降の紛れもない進展と、黒人系アメリカ人の社会的および経済的状況が依然として嘆かわしいという事実との間で抗議者たちは緊張していた。当時のMBLは地元の民主党機関と黒人有権者を当然のこととした全国党への挑戦だった。しかしOccupyのように、MBLの拡散的な組織的性質は強さから弱さへと進んだ。実際に政策を変える道を模索して、運動の一部はエリートNGOと民主党の世界に向けられた。その主要人物の多くはFergusonBaltimoreに集まった人々から遠く離れたプロの管理職クラスのレトリックと興味を表すようになった。

今日では、社会的平等と国家暴力終焉の要求は、ブランド的活動や、専門的階級のより個性的な特権 − 物質的再分配でなく代表のための − と衝突している。急進的なものが取り残されている間、リベラルな基盤が運動の最も卑劣な声を高めるのを助けたのは当然のことだ。結局、MBLの軌跡は、抑圧に対するいかなる深刻な闘争も、エリートから貧困層や労働者階級への権力と富の大規模な再分配を要求しなければならないことを思い起させる。

BERNIE SANDERS2016年大統領選挙キャンペーンは、空っぽの国立公園でのいくつかの無計画な発言から始まった。BERNIEは演壇の後ろに静かに立っていた、不平等についていくつか述べ、そして何も起こらなかったかのようにステージを降りた。

Sandersの政治的生活は、アメリカ社会主義党の死にゆく名残の中であいまいに始まった。その若者支部の大学生として彼は実際の世界理解に至った:金持ちは道徳的に混乱せず、むしろ他人搾取に既得権を持っていた。力は彼らから力で奪わなければならない、あるいは何も変わらないだろう。Sanders1960年代を通して公民権と労働闘争に身を投げた、しかし10年後までにネイティブのNew YorkerVermont州の田舎生活に退いた。

彼の軌跡は彼の世代の多くの左翼の軌跡のようだった。彼はVermont州のNortheast KingdomStannard200人より少ない町に住んでいた。学校、郵便局、舗装道路はなかった。しかし彼は小さなコミュニティ生活を受け入れ、他の人々と生き残り協力する方法を学んだ。Stannardの道徳的、人生教訓は確かにより広い政治の代替にはならなかった。幸いなことにSandersは数年以内に元に戻った。彼は、民主党から自由であることを約束した地元の左派グループ Liberty Union Partyと連絡を取った。彼の選挙政治への最初の進出は、1972年の上院特別選挙で、アメリカ左派に馴染みのある結果、投票の2.2%を得た。

しかしSandersは粘り強く、彼のメッセージは単純だった:彼は「Richard Nixonの世界、そして彼が代表する億万長者」を非難した。当時も彼は観客に思い出させていた、「これはアメリカで個人的に保有された富の3分の1以上を所有する人口の2%の世界だ」。

彼のメッセージはあまりにも明瞭で重要なので共鳴しないわけがなかった。彼の選挙記録には1970年代を通じて高貴な失敗が点在していたが、彼はレーガン主義絶頂の1981年にBurlington市長のための、独立社会主義者としての彼のキャンペーンで勝利した。それ以来約40年間、Sandersのメッセージは変わっていない:アメリカの不平等は大きく開いた割れ目だ、働く人々の連合だけがそれを閉じることができる。2016年の大統領選挙キャンペーンで、彼がこのメッセージをMedicare for All、授業料無料の大学、そして15ドルの最低賃金という具体的なプログラムに結びつけたとき、それは数百万人の支持を勝ち取った。彼らのほとんどは社会主義についてあまり聞いたことがなかったが、彼らのニーズを中心とした政治への準備ができていた。

Sunkara(その5)

Bhaskar Sunkara “The Socialist Manifesto:
The Case for Radical Politics
in an Era of Extreme Inequality”

「8chap Return of the Mack

(その5

若いOccupiersの精神は、それが容易に理解可能なポピュリストの魅力と結ばれていたので、都市の野営地に決して参加しないであろう何百万という人々と共鳴した。Occupyの最も過激に聞こえるサウンドの攻撃のいくつかでさえ、主流、さらには上品なルーツを持っていた。「我々は99%、彼らは1%」というスローガンは、マンハッタンのダウンタウンにあるZuccotti Parkでその羽を見つけたかもしれないが、その起源は、引退した世界銀行のエコノミストJoseph Stiglitzによる20115月のVanity Fairの記事にある。その呼びかけは大衆の不満を捉え、議会予算局でさえOccupyが始まってから約1ヶ月後に発行された報告書の中でそのフレーズを使った。

「我々は99%」はある理由で共鳴した。1979年から2007年の間に、最も裕福な1%の米国人の収入は平均で275%、または新年収で合計70万ドル増加した。一方、私たち残りの賃金はインフレよりも遅く、米国人の下層90%は実際には年間約900ドルのマイナスを経験した。1928年以来、米国人トップ1%がそのような大きな国民的パイの大部分を捕らえたことはなかった。

Occupyの開放性と未定義の特徴はアナキスト運動の水平主義的傾向に大きく起因していたが、これらの特徴のいくつかは結局不利なった。 1つには、1970年代にJo Freemanが指摘したように、自発性を促進するため構造を放棄することは政治的行動を困難にするだけでなく、多くの場合、それをより民主的でなくする。首尾一貫した組織や社会的基盤へのリンクがなければ、その運動はそれ以外の場合よりも早く失敗した。

しかし、初めて政治化された若者が組織を構築し、広範囲にわたる改革を実現することができると期待するのは少し非現実的だ。Occupy Wall Streetの本当の遺産は大衆抗議の形の復活と緊縮と不平等問題の重要性をアクセスできる形で復活させたことにあった。公正さと民主主義に基づく単純なメッセージが広範囲の支持を得ることができるのはWisconsinの蜂起よりも輝き、より明白であった。

Occupyの数年後、別の運動が米国民主主義の失敗を無視できなくした。201489日、Missouriミズーリ州、St. Louis郊外Fergusonで、Darren Wilsonという白人警官が黒人のティーンエイジャーMichael Brownを銃撃した。たった2年前、フロリダから来た17歳黒人のTrayvon Martinは近所を歩いている間に白人自警団員によって殺害され全国各地で憤慨された。彼を殺した男GeorgeZimmermanと自称した近所の警備員は、彼が痩せたティーンエイジャーを恐れていたと言い、そして自衛行動したと主張することによって罰を逃れた。

今や歴史はFergusonで繰り返されているように見えた:Wilsonは彼がBrown's"Hulk Hogan" 隣の「5歳児童」のように感じたと繰り返し、命を守るために銃撃したと言った。1日も経たないうちに、警察がデモを解散しようとしたときにFergusonは夜間に激しい対決に変わった大規模な抗議行動にとらわれた。この行動は何週間も続き、全国各地の都市で連帯の抗議行動が促された。

両刃の剣のHuawei制裁

Huaweiに対するあらゆる種類の動きは、多くの点で両刃の剣だ:アナリスト>

30.05.2019 SputnikInternational

Huaweiは、いくつかの制限に対して法的な問題を起こし、世界中の何十億もの顧客が同社に対する米国の制裁措置によって害を受ける可能性があると述べている。Surrey大学のアジア太平洋スペシャリストである Tom Harperは、5Gネットワークのような産業の発展に米中貿易戦争がどのような影響を与えるかについて説明した。

 

SHuaweiを貿易ブラックリストに載せるという米国の動きは何十億もの消費者に害を及ぼすだろう「危険な先例を作る」と同社の最高法務責任者は述べた。 これはどれほど真実であり、これらの最新のステートメントにおける重要性は何か?

H:それには2つの点がある。一方では、米国市場と一部の米国同盟国から企業の閉じ込めがあり、同様に、Huawei社が最大の力を発揮しているのは5Gのリーダーで、実際、彼らはしばしばこの技術のリーダーである会社として識別されており、またこの問題は非常に大きな消費者基盤であり、あらゆる種類の企業がそれに依存していることだ。それらに対するあらゆる種類の動きは多くの点で両刃の刀だ。

 

S:米国からHuaweiに反対してとられたことから、もしあるとすれば、他にどんな動きが見られるか?

H:彼らは中国の大手ドローン製造業者をブラックリストに載せることについて話してきた、そして実際に私たちが見ることができるのは、すでに起きているが、彼らのインフラストラクチャの一部としてそれを使わないという米国同盟者への圧力だ。これまでのところ、それは限られた成功だ。それが将来起こると思う、そして実際、それは以前に80年代にHuaweiと同様の立場にあった東芝で起こったことによって確立された一種の先例に続く、そしてもちろん 半導体テクノロジの主要なリーダーとしてセキュリティ手段を活用して、それらの地位を弱体化させる。

S:ワシントンのHuaweiに対する弾圧は米国と中国間に広がるより広範な紛争の一部だ。ここ数カ月の間に米国は、次世代5Gモバイルネットワークでその製品を使用することの潜在的なリスクで中国企業を禁止するように同盟国を説得するよう推進してきた。この米国と中国間の貿易戦争は5Gネットワークのような産業の発展にどのような影響を与えるか。

H:多くの点で、それはゼロサムメンタリティの危険性であり、一方では、他者を傷つけようとする動きはそれを所持する人を傷つけることができる。例えば、中国が語ることができるレバレッジのいくつかは、防衛技術を含む多くの技術の重要な構成要素である希土類鉱物の独占である。実際、我々は彼らがそれを第三の核の選択肢の一つとして使うと威嚇しているのを見た。皮肉なことに、私たちが別のIron Curtainのアイデアではなく、インターネットの「バルカン化」のサーバーを見るかもしれない、そこでは国内インターネットはいくつかの異なるブロックに分割され、皮肉なことに、おそらく最大の課題は「Made in China 2025」プログラムに反対する動きを見せるだろう、それは事実上中国の技術的リーダーシップ、さらにはOtakiBlogger:不明)であり、そして最近の動きはそれらをさらに推進させるかもしれない。したがって、やはり、これらすべての対応が必ずしも同じ結果になるとは限らない。

全113ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事