ここから本文です
ブログ始めました!

書庫全体表示

記事検索
検索

Sunkara(その3)

Bhaskar Sunkara “The Socialist Manifesto:
The Case for Radical Politics
in an Era of Extreme Inequality”

「8chap Return of the Mack

(その3

そのため、2007年に定期的な景気後退がはるかに深刻な問題になったとしてもそれほど驚くことではない。住宅価格は数十年ぶりに下落し始め、市場を浮揚させた架空の資金の流れは一晩で蒸発した。これは大恐慌以来の最悪の金融危機と、米国史上最大の銀行破綻を招いた。当時の3,000億ドル以上の価値をもつシアトルのWashington Mutualは、ハワイの贅沢な会社別荘で幹部が「大金が好きでうそをつけない」とデスクを叩き、士気溢れる活動を開始したわずか2年後に完全に崩壊した。Washington MutualJPMorganに吸収され、その会長は1,100万ドルを受けた。確かに大金! 「潰すには大きすぎる」銀行は、連邦政府から公的資金の救命注射を受け、このパターンは金融セクター全体で繰り返された。

略奪的貸し手の犠牲になった人を含む普通のアメリカ人は、そのような救済を受けなかった。借金を受けた住宅所有者を家から追放することですぐに銀行はポートフォリオを再構築しようとしたー2008年の抵当権実行率は81%以上に急上昇し、その年、320万件の差し押さえ通知がなされた。大打撃を受けた都市の人々は政治的指導者たちに助けを求めるキャンペーンを組織し、不満の鳴動がいくつかあった。

2009年夏、銀行が救済資金の一部を使って年末に100万ドル以上の賞与を約5000人の幹部に支払ったことが明らかになり、大衆の抗議が一気に爆発した。それでも、震える怒りにもかかわらず、アメリカ人は他の何よりも怯えた。

人々が政治にインスピレーションを見出した限りでは、彼らはバラクオバマの2008年大統領選挙でそうした。 ジョージ・W・ブッシュ政権の8年間とは対照的に、オバマは「希望」と「変化」のメッセージを持っており、それは連立維持のために十分に柔軟であることが証明された。オバマ自身が言ったように、「自分はまったく異なる政治的派の人々が彼ら自身の見解を投影する空白のスクリーンとして機能する」。しかし、彼への支持は全く同じだった 最初の黒人大統領の選挙は、黒人奴隷の搾取から築き上げられ、アフリカ系アメリカ人に対する差別を特徴とする国にとって分水嶺だった。

オバマの台頭と景気後退は「New New Deal」の話と一致した。 Paul KrugmanJoseph Stiglitzを含むコメンテーターは歴史的な連邦政府の景気刺激策を要求し、政治のあらゆる分野の人々がケインズ経済学の国民的舞台への復帰を歓迎した。Timeは、その表紙にFDRのような格好をした新大統領の写真を掲載し、1965年の記事「We Are All Keynesians Now」を更新し「The Comeback Keynes」を祝った。左翼の社会主義労働者でさえも、目新しさを理解するのに少し時間がかかった:ビジネスエリート、民主党、そして世論もオバマが提案した景気刺激策を支持するために集まり、「世代を超えて遡る保守的な支配の最終的終わり」 を歌った。それは1990年代の勝ち誇る市場自由主義と、社会保障さえも民営化しようとするビル・クリントンのような第三の道民主党の試みからはかけ離れたものだった。  2008年後半のシカゴのRepublic Windows and Doors工場の労働者による仕事は、何十年にもわたって見られなかった労働交戦状態を予見するように思われた。

結局、その希望や他の多くは実現されなかった。オバマ政権は、ヨーロッパの多くの政権とは異なり、極度の緊縮財政措置を回避するのに必死で、そして回復した。失業率は2009年に最高10%に達していたが、オバマ大統領の第2期末までに2007年水準にまで低下し、GDP2011年の早い時期にその危機前の水準に戻った。もしあなたが高層 オフィスタワーから下を見下ろしていたバンカーなら、おそらく経済の奇跡的な転換についてのすべての話を信じていただろう。

Sunkara(その2)

Bhaskar Sunkara “The Socialist Manifesto:
The Case for Radical Politics
in an Era of Extreme Inequality”

「8chap Return of the Mack

(その2

今日、シリコンバレーの達人たちは、宇宙旅行、3Dプリント、人工知能、自動運転車といった未来の新しいビジョンを提示している。しかし、そのような諸問題のすべてに対処する大量雇用の約束がなければ、彼らは、ロボットが我々の仕事を盗む懸念を起こすことよりも多くの懸念を喚起する。我々全員が「innovation clinic」に行って自分のアプリを立ち上げることはできない。これは、業界の新キャプテンがその魅力を政治的領域に広げようとするのを止めなかった。Mark Zuckerbergと他の技術指導者や慈善家は、自分たちの財産を課税から守ることで資金過小評価を維持する一方で、彼らの擁護と寄付で公共部門を崩壊させることを目指している。何百万人もが悪夢のような「便利屋サービス」経済で稼ぐ苦労していても、自助教祖としての多くの夜間アルバイトは、人々が「好きなことをする」よう哀願している。

下からの脅威のない投機的資本に拍車をかけられた2008年の景気後退は、少なくとも一時的に勝利主義を破った。 明らかに、資本主義のイデオロギー的基盤はぐらついた。多くの大学教育を受けた人々でさえ失業し負債している。冷戦時代の記憶と既存制度への忠誠心から解放された18歳から29歳までのアメリカ人は、資本主義よりも社会主義に対してより好ましい意見を持っている。若者が社会主義として何を理解していることは明確ではないが、右翼によって基本的な福祉プログラムでさえ「忍び寄る社会主義」として非難されているとき、多くがそのプログラムの考えを支持しているのは不思議ではない。

痛みは一世代に限らない。それは広く感じられている。アメリカでは時給は1979年以来0.2%上昇した。イギリスではさらに悪く、経済生産性がほぼ同じ量増加したとしても、2007年から2014年間に賃金が約10%低下した。そして両国では、欧州全体の他の「post industrial」経済と同様、雇用主の柔軟性向上は労働者の不確実性増大を意味している。

イギリスでは、パートタイム労働者の約9%2008年にフルタイムの仕事を見つけることができなかったと報告されており、その%は2013年までに2倍以上になった。戦後見られなかった「非自発的パートタイマー」または「税非控除者」は、今や、我々経済状況の特徴だ。

あなたはこのような時代に社会主義運動は避けられないと思うかもしれない。あなたは正しいだろう。

2007 - 2008年の金融危機は大きな抗議行動を引き起こさなかったが、それはたくさんの悪党を提供した。1980年代以降の情報技術の進歩と金融業界の規制緩和により、銀行は大きなリスクを負うことがなくなった。1990年代後半までに、住宅価格が年々高騰する中で、民間住宅ローン会社はリスクを公衆に移す一方で、多大な利益を享受する機会を得た。

闇の産業が全国の投資銀行の小部屋とコーナーオフィスで発展した。住宅ローン会社は書類を印刷できる範囲で法外な価格の住宅ローンを絞り出した後、その負債を第三者に売却し、将来の収入の見込みをさらにローンを組成することができる流動資産に変換した。住宅ローンは、研究者 Kathe Newmanが「post- industrial小道具」と呼んだものになった:ローンは転売のためだけに生成されたので、住宅ローンはすぐにまとめられ、つなぎ合わされ、大きな束にまとめられ、実際の家から、そしてその中に住んでいた本当の家族から数千マイル離れた投資家に販売された。

Sunkara(その1)

Bhaskar Sunkara “The Socialist Manifesto:
The Case for Radical Politics
in an Era of Extreme Inequality”

「8chap Return of the Mack

(その1)

20世紀の社会主義について私たちが言える最高のことは、それが誤った始まりだったということだ。しかし、それはその時点では明らかになっていなかった。 アメリカのジャーナリストLincoln Steffensは、スターリンのソビエト連邦を訪問したとき「未来は明るい」と考えた。  Nikita Khrushchev は、1980年までに共産主義が「主要に」構築されると言ったとき正直だった。少なくとも、他の種類の社会主義は、旧植民地化された世界の低開発からの唯一の脱出や、旧植民地者のための福祉国家の繁栄を提供するように見えた。

社会主義の自信は1980年代に破壊された。90年代初頭までにマルクス歴史理論は逆になった:資本主義支持者たちは、彼らの「歴史の終わり」に達したと確信していた。大学の教室外でさえMarx(彼は革命的扇動者の代わりにヒューマニストの哲学者としてますます登場した)を見つけることができれば、それは厚顔なトレーダーが孫武を置き、グローバリゼーションの予言者として古臭いドイツ人を伝えたWall Streetにあった。

資本主義は確かに中国やインドのような国々で非常に大きな進歩をもたらした。1991年に、インドの財務大臣Manmohan Singhがインド経済自由化計画を発表したとき、彼はVictor Hugoを引用した:「地球上の誰も時が来たアイデアを止めることはできない」。 向こう25年間でインドのGDP1,000%近く成長した。

中国ではさらにもっと印象的なプロセスが繰り広げられ、そこでは小平は、彼が毛沢東時代の政策を覆し「中国の特徴を持つ社会主義」と呼んでいたものを提供し、世界の他の国々は国家管理の自由化として理解したものを提供した。中国はラテンアメリカのように根本的に不同等だが、過去30年間で5億人を超える中国人が極度の貧困から脱却している。

今が人類歴史の中で生きるための最良時期であると言うほど楽観的である必要はない。しかし、インドと中国をもっと詳しく見ると、労働者は彼らの尊厳と権利を守り、彼らが生み出した富の一部を取り戻すために大規模なストライキの波に従事していることがわかる。そして、実質賃金が世代を超えて停滞し、何百万もの人々が取り残されてきた先進国では、資本主義の魅力は、それに代わる実行可能な選択肢がないように思われることが大部分だ。

20世紀半ば、資本主義と社会主義が未来を争っていたことを忘れがちだ。1939年のニューヨークで開催された世界博覧会で、企業は新しい技術 −ナイロン、エアコン、蛍光灯、これまでにない素晴らしいView-Masterを展示した。 しかし、単なる商品以上に、理想的な中流階級の余暇と豊かさが経済低迷と不足で疲れた人々に提供された。 世界博覧会での「未来ビジョン」は、新しい高速道路や開発プロジェクトを描き、変貌した風景のミニチュア版を通して、つまり近未来世界を描き参加者を集めた。

第二次世界大戦後、このビジョンの一部は現実のものとなった。しかし、1970年代戦いが始まって行き、社会民主主義とそれに匹敵するアメリカの平等が打ちのめされ、広く共有された繁栄の夢が薄れ始めた。新興のネオリベラリズムはインフレを抑制し成長を回復させたが、それは労働者階級に対する悪質な攻撃を通してのみであった。それ以来、実質賃金は停滞し、債務は急上昇し、そして両親よりもより良い生活を送ることを望んでいる新世代の見通しは暗い。

1990年代の技術ブームは古いFordistの職場を置き換えるものの、翻案された「新経済」という話をもたらした。しかし、それは1939年の万国博覧会で約束された未来からはほど遠いものだった。集団的行動のための道がほとんどないので、人々はマルクス主義者が期待するのと同じくらい合理的に行動した:彼らは頭を下げできることを繕おうとした。仕事が見つからない? 履歴書を再フォーマットし握手に取り組む。あなたの工場は外注されているか? 泣き言をやめ再編成クラスを受けよう。ある人気のある自由主義者タイトルがいうように、あなたはなりたくて貧乏になっている。

米国大統領選挙(1)

Blogger:これまでロシアとBRICSについて若干翻訳してきたが、少し停滞気分なので、米国の大統領選挙にむけた問題を考えてみようと思う。その点で面白いのは、Bernie Sandersで、なぜ彼はSocial DemodratでなくDemocratic Socialistを名乗って民主党から立候補しているか、という点だ。米国のSocialistとはどんな人々?


そこで、最初に、最近出版された以下の著書を(部分的に)読んで見たい。著者Bhaskar SunkaraはGeorge Washington大学学部生時代2010年にJacobin(現在発行部数4万部の雑誌)を創設、編集者。New York Times, Le Monde, the Guardian, Washington Post等に執筆。




Bhaskar Sunkara “The SocialistManifesto:

The Case for Radical Politics

in an Era of Extreme Inequality

(1)

Preface

物事が変化していることは明白だ。自分が高校時代に社会主義者であると人々に話したとき、彼らは私を狂っているかのように見ていた。私が今日、社会主義者であると人々に話すとき、彼らはただうなずくー肉体的嫌悪感の表れではない。

私は社会主義にほとんど偶然出会った。私の両親は私が生まれる直前に4人の子供たちと一緒にトリニダード・トバゴからアメリカに移住した。私の母は夜間のテレマーケティング担当者、私の父は下層専門家として最終的にはニューヨークの公務員として働いていた。

少し移動した後、我々は良い学区がある郊外の町で借家した。多くを持たなかったけれど、自分には充分だった:十分な家、素晴らしい教育、バスケットボールコート、そしてあまりにも多くの青春を過ごした公共図書館があった。 私の人生は、両親が生まれた世界、あるいは年上の兄弟の人生よりもはるかに快適だった。それは、私の家族のたゆまぬ努力、そしてそれ以上の私の周りの環境だった。そしてその環境は国家がなければ不可能だっただろう。

我々はアメリカ合衆国に社会民主主義を持っているーしかし、それは排除的で、累進的固定資産税によって賄われている(両親の場合、賃貸はちょっとした抜け穴だった)。13歳の時でさえ、私はアメリカの最高の意味で、高質公共財へのアクセスと自身を献身的なリベラルと見なす考えとのくい違いを見た。

私の社会主義への転換は系統的だったかもしれないが、確かに目覚めではなかった。私の前の多くの中流階級の子供のように私は本を通してradicalismを見つけた。私の地元の図書館にはたくさんの社会主義文献があり、それらのほとんどは米国共産党支持者やユダヤ人文化協会によって寄付されたものだった。

偶然にも、小学校7年生の後の夏にLeon TrotskyMy Lifeを取り上げた、特に好きではなかったが(今でもそう)、それは、 Isaac DeutscherTrotsky伝記、そしてMichael HarringtonRalph Miliband、そして最終的にはmysterious Karl Marx自身を含む民主的社会主義思想家の作品を読むのに十分な興味をかきたてた

私は、心で社会主義者であると言うが時とともにプラグマティックになり穏やかなリベラルになるという人の声を聞く。私は逆だったかもしれない。私は日々の改革の重要性を認識し、私自身がその勝利の恩恵を受けたーマルクス主義が頭に残った。

9/11攻撃とそれに続く「テロとの戦争」はこれらの傾向を強めるだけだった、私と私の世代の多くが反戦運動を通して大規模な抗議行動を起こした。マルクス主義は、なぜ資本主義内部で獲得された改革がそれほど持続するのが難しいのか、そしてなぜ豊かさに満ちた社会でそれほど多くの苦しみがあるのかを理解する枠組みを提供した。

私は40年ほどもそれを書いており、いつかその大部分を修正したいと思うかもしれない。私が確信しているのは、我々が極端な不平等、不必要な苦しみと困難を特徴とする世界に住んでいること、そしてより良いものを構築することができるということだ。世界が変わらない限り、言い換えれば、我々がそれを変えることができない限り、その信念は変わらないだろう。

我々の現在の政治はまったく未来を提供していないようだ。我々の選択は、一方では社会的包含のレトリックを含むが平等ではないテクノクラティックな新自由主義と、他方では最悪の方向へ怒りを導く右翼ポピュリズムの間にあるように見える。今日社会主義者であることは、民主主義が社会の病気を解決するのに役立つと信じていること、そして普通の人々が自分たちの生活を形成するシステムを作り上げることができると信じることだ。

ロシアとBRICs(その23)

Russia, Brics, and the Disruption of GlobalOrder

Rachel S. Salzman  2019/4/1

23

5章 ブリッジから防壁へ(再度、後退)>

<ウクライナ危機発生後のロシアとBRICS

(その8

<ウクライナ危機(201314)>

<ウクライナ後のBRICS内実情>

制裁措置が課され決議68/262が可決されたことで、ロシアは西側とその同盟国の多くの孤立キャンペーンの標的となった。それに応じてロシア政治的指導部は、西側諸国が残した政治的および経済的な空隙を埋めるためにBRICS諸国およびBRICSグループ全体に個別に目を向けた。

警告にもかかわらず、BRICSはウクライナ危機の発生後、ロシアにとって活動上有用になった。BRICS諸国がロシアとのビジネスと首脳会談方に従事する継続的な意欲は、西側がロシアを政治的、経済的にも孤立させようとする試みに対する強力な対抗策である。G20からロシアを除外することについての/ 262またはハーグの声明への投票のような象徴的な国際的な動きだけではない。このようなジェスチャーは短期間支援には適しているが持続可能な救済を提供するものではない。ロシアと中国間の20145月の4,000億ドルのガス取引、あるいはプーチンの「反制裁」によって禁止されたEUの肉の代わりにブラジルからの肉の輸入を代替する可能性のようなものがもっと重要だ。2015年中のロシアに関するBRICS関連の一連の出来事は重要でなかったわけではない:彼らは西欧のレトリック的な非難と経済制裁がロシアを孤立させるという目的に失敗したと高姿勢に表現した。

コンサルティング会社Eurasia Groupの社長であるIan Bremmer20156月のツイートが状況をうまくまとめた。Bremmerは「世界はロシアを孤立させている。世界がそのように見ている限り」というキャプションを付けて地図にツイートした。Bremmerがつぶやいた地図にはアフリカのすべて、アジアのほとんど、およびアメリカ大陸でテキサス南部のすべてが欠けている。確かにそれは、いくつか追加されているが基本的にNATOの地図だ。世界はロシアを孤立させていない;西欧諸国は孤立化させているが、その原因に非西欧諸国を引き付けていない。

制裁措置はロシア経済に影響を与えており、BRICSとの貿易は制裁措置による予算不足と原油価格下落を補うには不十分だ。さらに、中国および他のBRICSとの予想される貿易増加は実現していない。これは、一部には、制裁に直接違反するプロジェクトに携わることを中国が躊躇しているためだ。それはさらに、商品価格崩壊、中国市場の混乱、そして新興市場における全体的な景気減速の副産物だ。それはまた、ロシアのビジネス環境が依然として問題を抱えていること、そしてBRICSビジネスが西欧諸国よりも財産権および投資収益率について懸念を抱くことも少なくないためだ。それにもかかわらず、Bremmerの地図が鮮やかに示しているように、ロシアにはパートナーがいないわけではない ロシアのBRICSへの関心は歴史的に主にその集団の光についてであったことを考えると、進行中の政治的および経済的パートナーシップのこれらの光がロシアにとって操作上重要になったことは当然である。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事