ここから本文です
ブログ始めました!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

<共和党がトランプが愛する関税について不平を言うので、貿易戦争は2020年のレースを台無しにする恐れがある>

By Toluse Olorunnipa and Seung Min Kim

May 7 The Washington Post

(その2

 

トランプは中国製品に対する新関税計画を発表することで彼の欲求不満を公に表明したため、今週、米国と中国間の貿易協議は失敗した。 

「中国との貿易協定は継続しているが、彼らが再交渉を進めようとするので、遅すぎる」と、トランプは日曜日に中国製品の全輸入品に関税を課すと脅迫した後ツイートした。「No!」

米国当局者は、中国が過去1年間で10ラウンド会談でのこれまでの約束に反論していると非難した。ワシントンと北京での会議で、トランプ政権は市場アクセス、知的財産権と貿易赤字を含む問題に関して中国からの重要な譲歩を押しまくってきた。

大統領の最高貿易交渉担当者であるRobert E. Lighthizerは、月曜日に記者団に対し、中国当局は以前の約束を撤回したが米国は依然として協議を進める計画を立てていると語った。政権は今週ワシントンで討論を続けるために中国副首相劉彼が役を果たす事を期待している。トランプは、これまでの関税が北京をテーブルに着かせたと信じてきた、しかし中国は米国農産物の関税に打撃を与えることで報復した。 EU、カナダおよびメキシコからの関税、その他の報復的課税は、トランプの2016年勝利確保を助けたコミュニティを通して経済的衝撃波を送った。

共和党議員たちは大統領の貿易政策と彼らの州に対する関税の影響についてホワイトハウスへの懸念をますます表明している。

多くがトランプの中国に対する厳しい姿勢を称賛しているが、彼らはまた、忍耐力が薄れており大統領が重要な大統領選挙を左右する諸州で農民の支持を失う危険を冒しているとも述べている。「もし彼が契約を結ぶなら、すごい。そうでないなら打撃になる」と 2016年にトランプが勝った州で来年の再選を控えているJoni Ernst上院議員は言った。農民は「忍耐を失っている、そうだ、しかし彼らは 取引を見たがっている」

John Thune上院多数党議員は、共和党上院議員が関税に対して政治的な議論をすることを試みたが、それは聞く耳を持たれなかったようだ、と言った。

「農民は彼が正しいことをしていると彼は思っているので、農民は彼と一緒にいると信じている」とThuneは述べた。そして、「概して、それは本当だ。しかし農場を失いはじめるとその計算は少し変わる。」

Pence副大統領が火曜日に上院GOP昼食会に出席したとき、彼はトランプの貿易アプローチの政治的な影響について怒鳴り声の不満を言った上院議員がいた、とPat Roberts 上院議員(R-Kan)は言った。

「田舎では、このビジネス全体の中で歩として利用されている、という多数の感情がある、もし良い取引ならば我々は非常に大きな利益を得ることになるので、我々は大統領と一緒だ。別々にぶら下がっていない」と彼は言った。

Penceは、貿易協定を交渉しようとしているときに党の結束欠如について不平を言ったトランプに上院議員が付いていくよう促した。トランプの選挙運動顧問は、大統領の貿易政策が中国へ製造業仕事を失ったラストベルト州の有権者とのつながりを助けると確信していた。

トランプ選挙運動のスポークスウーマンKayleigh McEnanyは、中国が米国にとって「競争ではない」と言った前副大統領Joe Bidenを名指しして、「前任者とは異なり、トランプ大統領は中国の不当な取引慣行を取り上げる勇気を持っていることを証明した」と述べた。 「他の政権が中国との対決について良いゲームを話している間、トランプ大統領は、中国が知的財産を盗むこと、技術移転を強制すること、通貨操作すること、そして市場に鉄鋼ダンピングをすることを阻止するための取引に取り組んでいる。」

トランプはこれまで貿易協議は順調に進んでおり中国習近平と直接会談して契約をまとめる予定であると述べていた。これらのポジティブなコメントはここ数週間、高騰している株式市場と一致した。

しかしホワイトハウス当局者は、トランプは中国との取引が妥結しないことに時々イライラが増幅したと述べた。最近、貿易当局から米国が望んだ条件で交渉が妥結することはまずないとのメッセージを受け、彼は、新関税を課すことが中国にテーブルを押し戻すと考え決定した、と述べた。

ある高官は、中西部の農民から支援を得るためには2020年以前に取り引きが必要であることをトランプ氏は認識していると語った。

大統領は、彼の厳しいアプローチが中国経済に打撃を与えていること、そして北京の世界的地位が低下していることを顧問に繰り返し自慢している。彼の近くにいる何人かの高官やアドバイザーが、中国が政治的により強い立場から交渉しているのではないかと心配しているにもかかわらず。しかし、貿易闘争が大統領に政治的打撃を与える前に、米国がどれだけの経済的苦痛を呑み込むことができるかについてもホワイトハウス内で意見の相違がある。

Pillsburyは、「経済が大幅に伸びるという大統領の主張を弱体化させる可能性があるため、市場が下落することを彼らは恐れている」と述べた。The Dow Jones工業株価は、2,000億ドル中国製品関税を10%から25%に引き上げるという彼の脅しを踏まえて、投資家がトランプの見通しを計り、火曜日に473ポイント(1.8%)下落した。トランプは市場を注意深く見守り株式に対する政策の影響を追跡した。

大統領は、力強い経済が中国との包括的取引を推進する力を彼に与えると主張した。米国経済は第1四半期に3.2%という驚くほど堅調な成長率で成長し、失業率は先月、50年ぶりの最低水準まで低下した。

トランプの2016年キャンペーンの元鉄鋼幹部兼貿易顧問であるDan DiMiccoは、大統領の地盤はたとえ短期間の経済的逆風を引き起こしても彼が貿易に関して厳しい立場を維持することを望んでいると述べた。

「彼は、完全に関連しているので、貿易問題は経済と同じくらい重要だと考えている」と彼は言った。「彼は両方で進めることになるだろう」

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事