ここから本文です
ブログ始めました!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

Sunkara(その7)

Bhaskar Sunkara “The Socialist Manifesto:
The Case for Radical Politics
in an Era of Extreme Inequality”

「8chap Return of the Mack

(その7

米国のほぼ左翼全員がBernie Sandersの運動を受け入れたが、彼が自身を民主的社会主義者と呼んだとき、彼が何を意味するのかについて疑問があった。上院議員はすぐに続いてEugene V. Debsとデンマークの福祉国家を援用する。しかしSandersまさに現代の社会民主主義者から遠く離れ、改革への道はエリートとの対決によるものであると信じていた。私達全員がより良いアメリカを作るために共に働くつもりだったと言うよりは、むしろ、Sandersは、彼が半世紀前に非難したのと同じく "ミリオネヤー"(そして今、”ビリオネヤー”)から権力を握るつもりであると宣言した。このように、彼は法律を可決するために同盟しなければならなかったリベラルの改革者よりも、すべての時期で社会主義者とより密接に連携している。Sanders はそれを初原に戻すことによってアメリカ社会主義に命綱を与えた:階級闘争と階級基盤。

2016年のキャンペーンは、ほぼ完璧な敗北に対抗してSandersは立ち上がった。エスタブリッシュメントの候補としてHillary Clintonは彼女の完全なメッセージを仕立て上げ、同類者にフィードバックするように見えた。Sandersが言っているように、「Clintonのアプローチはウォール街利益と企業アメリカを中流階級のニーズに合流させることを試みることで − 不可能な課題だ。」しかし、Sandersの戦い分野は民主党第一候補にあった; 彼は独立社会主義の候補者として地位をそれほど前進させることはできなかっただろう( Green党のJill Steinとリバタリアン候補者Gary Johnsonの悲壮な姿を考えよう)。

その最高水準でも、民主党はヨーロッパの労働党および社会民主党よりもつねに首尾一貫していなかった。労働者階級の利益はそれ自身の独立した政治を奪われたが項目の中に持ち込まれた、しかし1930年代のNew Deal1960年代のGreat Societyプログラムの最盛期でさえ、党の議題の多くは常に同盟したビジネス利益によって設定された。1つの結果は、戦後初期でさえ、アメリカが他の工業諸国に匹敵する福祉国家を決して持っていなかったということだった。

ネオリベラル時代には、民主党は自らを変動させなければならなかった:それは今や限られた物財しか労働者に届けることができず、代わりに共和党より卑劣さの少ない選択肢として、抑圧された諸グループ − 黒人、女性、 LGBT、他の人々 − を支援する勢力として自己を表出した。(LGBTにとっての公民権の実質的勝利は民主党の取り組みではなく草の根動員によるものだったが) Clintonのキャンペーンはこの戦略を採用した;彼女は15ドルの最低時給提案を嘲笑し、同時に「インターセクショナリティ」の学術的レトリックを受け入れた。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事