75億分の1の幸運

出会いの数 (人間は自分の「未知」の部分を、出合う相手によって、発見する!)

全体表示

[ リスト ]

 新しいコントロール技術紹介のニュース

 !\(◎o◎)/! 考えてる事が、解っちゃう !\(◎o◎)/!

 脳の血流から、それを電気信号に変える技術

 って、結構色んな事に使えるのでは無かろうか?

 ウソ発見器

 「痛い」と言う痛みの感覚の判定

 出来てくれたら、助かるね

 尤も、浮気や悪い事も全部バレバレ、隠す事が無意味になるかも(笑)

 一寸見れば、超能力の「念動力」

 時代は、どんどん進んでいる様である。

 究極のリモコン>考えるだけで作動 脳内の血流量を測定
                          1月9日15時10分配信 毎日新聞

 身体の運動機能を完全に失った難病患者でも、頭の中でしたいことを考えれば
 テレビのチャンネルも変えられる――。
 日立製作所基礎研究所がこんなシステムの基礎技術の開発に成功した。
 人の思考に伴う脳内の血流量の微妙な変化をコンピューターで測定し、
 その信号をネットワークで電子機器に送る仕組みで、
 将来は電動ベッドや車イスなどの福祉機器への応用も検討している。
 このシステムは、人体に安全な近赤外光線を頭皮上から照射し、
 思考によって脳内の血流がどこでどの程度、変化するか画像化できる
 脳機能測定法「光トポグラフィ」がベース。
 専用のキャップ(帽子)状の血流測定器を人にかぶせて脳活動の状態を測定する。
 05年には、病状が進行した難病のALS(筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症)患者が
 「はい」「いいえ」の意思表示ができる装置が実用化されている。
 日立基礎研の研究チームはこの装置をさらに発展させ、
 06年秋には小型列車模型を使って、人が動かなくても暗算や暗唱をすれば列車が動き、
 やめれば止まる実験を成功させた。
 暗算の際に脳内で「前頭前野」が活発に働くことに着目し、
 「光トポグラフィ」でその部分の血流量の変化を測定。
 電圧信号に変換し、暗算を「やる」「やらない」で
 模型列車の電源のオンとオフを切り替えられるようにした。
 思考だけでテレビなど電子機器を動かす技術はこれをさらに応用・発展させるもの。
 将来的にはテレビのスイッチをオン・オフさせるだけでなく、
 見たいチャンネルに切り替えられるようにしたい考えだ。
 開発担当の小泉英明フェローは「リモコンは今後1、2年で試作機を作りたい。
 脳科学の成果を、人に優しいIT(情報技術)機器として結実させたい」と話している。

転載元転載元: 75億分の1の幸運


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事