憲広★53オフィシャルブログ 「トラ吉番長!!」

シーズン中は、阪神ネタも書いていく予定^^それ以外は、プライベートのことを書く予定^^

全体表示

[ リスト ]

「交流戦、日本ハム5−4阪神」(10日、札幌ドーム)

 敵地に虎党の大歓声が響きわたる。2−3で迎えた八回1死二、三塁。打席にはここまで2安打の阪神・高山だ。日本ハム・マーティンが投じる150キロ超の真っすぐに食らいつく。6球目、内角のカットボールに対しうまく腕をたたみ、捉えた。

 「追い込まれていたので『なんとかして』という気持ちだった」

 左翼線を破る逆転の2点適時二塁打。終盤の劇的な一打に、札幌ドームのボルテージは最高潮まで達する。片岡打撃コーチも「最近バテ気味に見えたけど、(逆転打は)内の変化球をしっかりと前でさばけていた」と成長を感じる一打だった。

 価値あるセットアッパー撃ち。高山は「前の打席どうこうよりも、あの打席でしっかり結果が出たことだけです」と手応えを感じていた。その手の感触を、絶対に忘れてはならない。

 二回1死一塁の場面では左中間へ先制の適時三塁打を放ち、四回2死は変化球を中前にはじき返した。5月21日・広島戦以来、チーム最多今季5度目の猛打賞を記録。課題の内角打ちを完全に克服できれば、さらにアベレージは上昇していく。

 7日からの地元・千葉でのロッテ3連戦は、11打数2安打と低空飛行。この日の試合前練習のティー打撃では内角球を想定し、インパクト時のポイントを前にして振り込んでいた。目の前の壁を乗り越えるため、連戦の中必死にもがいている。

 全てはチームの勝利のため。連敗に苦しむ新生タイガースにも浮上のきっかけはある。ルーキーの一打を、今後の戦いにつなげていく。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事