憲広★53オフィシャルブログ 「トラ吉番長!!」

シーズン中は、阪神ネタも書いていく予定^^それ以外は、プライベートのことを書く予定^^

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

Today's Tigers 6/10 交流戦

イメージ 1

日本ハム 5-4 阪 神(札幌D)

審 判

球 審:秋 村
塁 審(一):有 隅
塁 審(ニ):村 山 
塁 審(三):小 林

▽試合時間 3時間18分 
▽観衆 27852人

勝利投手:[ 日本ハム ] 宮 西(2勝0敗0S)

敗戦投手:[ 阪 神 ] 藤 川(2勝4敗2S)

セーブ

本塁打

[ 阪神 ]

[ 日本ハム ] レアード 19号(9回裏2ラン)


バッテリー

阪神バッテリー

岩貞 、高橋 、ドリス 、藤川 - 梅野


日本ハムバッテリー

メンドーサ 、谷元 、マーティン 、宮西 - 大野


日本ハムが劇的な逆転サヨナラ勝ち。日本ハムは、1点を追う6回裏、中田の適時打で同点とする。その後3−4で迎えた9回には、無死一塁からレアードの2ランが飛び出し試合を決めた。4番手・宮西が今季2勝目。敗れた阪神は、4番手・藤川が痛恨の一発を浴び、泥沼の5連敗。

シュウマイ…

今夜は


シュウマイ…


もぐもぐもぐ…


ごちそうさん!!


ヨ・ロ・シ・ク!!
「交流戦、日本ハム5−4阪神」(10日、札幌ドーム)

 阪神が逃げ切りに失敗し、今季ワーストの5連敗で、借金は4に膨らんだ。抑えの藤川が打たれ、今季6度目のサヨナラ負けとなった。

 2−3の八回、1死一、二塁から、高山がこの試合3安打目となる左翼線2点二塁打を放ち、逆転に成功。八回はドリスが無失点に抑え、九回は藤川がマウンドに上がった。

 しかし先頭の田中賢に遊撃への内野安打を浴びると、続くレアードに左翼席へ19号逆転サヨナラ2ランを運ばれた。藤川は4敗目(2勝、2セーブ)を喫した。藤川がサヨナラ弾を浴びるのは2011年8月3日の巨人戦(東京ドーム)で古城に打たれて以来で、通算4本目。

 日本ハムは貯金3。サヨナラ2ランのレアードは、計3安打の活躍。お立ち台では日本語で「最高でした」と言って、ファンを沸かせた。サヨナラ弾の場面は、フォークを仕留めたといい「いいピッチャー(藤川)ということで、自分が強く打てる球を待っていた。フォークが決め球と聞いていたので、待っていた。打った瞬間、入るかなと思って、最高の気分でした」と振り返った。最後は再び日本語で「すし大好き!」と絶叫し、大歓声を浴びた。

「交流戦、日本ハム−阪神」(10日、札幌ドーム)

 阪神が、ドラフト1位・高山(明大)の二塁打で逆転に成功した。2−3の八回、この回から登板した日本ハム3番手・マーティンを捉えた。先頭のゴメスが右前打、続く福留が右越え二塁打を放ち、無死一、二塁。今成が一ゴロに倒れて1死となって、高山が打席に入った。

 フルカウントからの6球目の内角球を、腕をうまくたたんで左翼線にはじき返した。ゴメスに続いて二塁から代走・大和も生還した。

 高山の安打はこの試合3本目。二回に先制の左中間適時三塁打、四回に中前打を放っていた。3安打を放ったのは5月21日の広島戦(甲子園)以来。

「交流戦、日本ハム−阪神」(10日、札幌ドーム)

 阪神先発の岩貞が、七回途中で降板した。負傷したもようだ。

 岩貞は四回まで無安打投球。しかし2−0の五回、2死走者なしからレアードの左前打、大野の左越え適時二塁打を浴び、2本の安打で1点を失った。六回は杉谷のスクイズを自らの好フィールディングで阻止したが、2死一、三塁から中田に同点の左前適時打を許してしまった。

 そして2−2の七回、先頭のレアードに左越え安打を浴びると、犠打で1死二塁。代打・矢野に左前打を浴びた。この直後、足を気にするようなしぐさを見せ、トレーナーと共にベンチ裏へ。そのまま降板となった。

 代わった高橋は中島を遊ゴロに打ち取ったが、併殺崩れの間に1点を勝ち越された。岩貞は6回1/3を5安打3失点だった。

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事