全体表示

[ リスト ]

今日の日デポ・アミノ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

2014年8月24日(日)
 今日はアミノと日デポ合同練習。120人くらいかな。
練習内容は16Kペース走。4Kに一回と給水に注意。
僕の担当は、6分/kグループのサブ。
今日のリーダーが僕と異なりきちんとしたペース設定を守りましたので、
会員さんも戸惑うことがないようでした。
 ただ、相変わらず皆さん、楽すぎるペースで、ラスト1kは急激にペースアップしました。
まあ、できればもう少し速いペースで、ラスト1kが全力近いペースでいければ、
練習効果も倍増するのですが。
これは涼しくなっての課題ですね。
 
 Saコーチ本人は相変わらずの右腰横の張りを訴えていましたが、
この写真を見る限り、会員さんのお手本として最適な腰の高さと、
脚の運びを見せています。
ただ、流しを行なう時などは、前週のようにかなりの違和感を感じるのだと思います。
デポ、アミノのコーチには実業団出身のランナーが多いので、
長年の猛練習での古傷があると思われるので仕方がないのかもしれません。
(腕ふりも参考にしてください。腕を後方に引きすぎて、前進力を失わないように、
腹部・胸部の前に腕を持ってきて、できるだけ腕が後方内側に行かないようにしています。)

 また、実業団は駅伝中心でしたので、どちらかと言うとレベルの高いスピード練習が中心で、
僕のように25k以上のペース走、1000mインタバル中心の練習とは若干の相違がありますので、
練習時間がない中でのフルマラソンへの対応は難しい面が感じられます。

 その中でも、Saコーチの力を極力使わない走りは、
少ない練習でフルへの対応を十分感じさせてくれます。
走りの神髄は、力を感じさせないことです。
そういう意味で、瀬古選手はランニングの名人でした。
Saコーチは25k以上のペース走を、それもジョグの速い程度で、1週間に3回できれば、
こんなに軽い練習でも、実業団時代の1万mの素応力から考え、
間違いなく2時間半は当たり前に切れます。
まあ、25k以上のペース走3回は実業団からいえば、練習のうちに入らないのでしょうが。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事