全体表示

[ リスト ]

2018年8月の映画

イメージ 1

2018年8月の映画は8本。
今年は都合64本。昨年同月11本、88本でしたので24本の減。
観賞順に、1.“ミッション・インポッシブル”、2.“センセイ君主”、3.“二重螺旋の恋人”、4.“コード・ブルー”、5.“オーシャンズ8”、6.“ウィンド・リバー”、7.“マンマ・ミーア”、8.“ボルグ/マッケンロー”
“オーシャンズ8”、“センセイ・・”以外は合格点。オーシャンは、サンドラ・ブロックさんがもう無理、センセイは、浜辺美波さんが良さを全く出していません。ミッションは、奇抜性を抑えながらシリーズ最高の面白さ。ボルグは、一時代前とはいえ大スターの裏側と真実をスリリングに。二重螺旋は、理解不能な点もあったがF・オゾン監督で美しい女優さんと神秘的な物語。ウィンドは、J・レナーさんの最高作ともいえるサスペンス。でも、“マンマ・ミーア”が前作をしのぐ踊り、歌のシーン、特にラストが素晴らしい。と言うことで8月のベストは“マンマ・ミーア ヒア・ウィ・ゴー”


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事