全体表示

[ リスト ]

2018年11月の映画

イメージ 1

2018年11月の映画
は12本。今年は都合96本。昨年は123本。従って、マイナス27本。
1.華氏119 2.ヴェノム 3.ビブリア古書堂の事件手帖 4.スマホを落としただけなのに 5.パウロ愛と赦しの物語 6.ボヘミアン・ラプソディ 7.人魚の眠る家 8.ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲 9.ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生 10.おかえりブルゴーニュへ 11.ボーダーライン ソルジャーズデイ 12.くるみ割り人形と秘密の王国
松竹・東宝が切り替え月と言うこともあり12本。
“パウロ・・”はよく分からない作品でしたが、他はよかった。
今月のベストは、“ボヘミアン・・・”で仕方なし。テンポよく運んで、少々中だるみがあった感じですが、無駄なくエンディングへ。往年のファンには堪らない作品でしょう。“ボーダー”は緊迫感が続く面白い作品でしたが、ラストがそれまでの事件の結末を全く追わないで、急に終わりに。何かあるだろうとエンドクレジット終了まで待ちましたが何もなし。“ジョニー・・”は、“ミスタービーン”の主演者が演じましたが、ミスターのわけのわからないギャグではなく、日本人ファンにもわかる王道のがギャグでOK。“ヴェノム”
のSF侵略物は、先のプレデターと同じく侵略エイリアンにも絶対悪とそれを抑えようとする者が出てきて、単純な戦いではないあたらしいSF。“華氏・・”は僕が知らない、米大統領の裏側と最近の米上下院の様子を見ることができ、知らないことを楽しく教えてもらいました。“スマホ・・”は、ひねりすぎのところもありましたが、とにかくスマホに依存している僕も含めた社会に警告をしている作品です。FBなど社会とつながりすぎていることが怖くなりましたが、そうその警告です。“ビブリア・・”は、最近出ずっぱりの黒木華さんがとてもよかったですね。とてもぴったりの役柄でした。“人魚・・・”は、社会へのいろいろな問題提起を含んでいますが、僕は自分のために一所懸命がんばってくれた人への感謝の気持ちにとても打たれました。“ブルゴニュ”はクラピッシュ監督作品らしく家族にありがちな問題と言うか出来事を結果的には穏やかに描いた作品で、いいですね。“くるみ割り・・”は、知っているストーリーとはかなり異なった感がありますが、さすがディズニー作品、色彩豊かで、演技も楽しく、分かりやすく、ナイトレイさんの悪役も最初から予感させるメークで、この役にはまっていました。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事