全体表示

[ リスト ]

2019年6月の映画

イメージ 1

2019年6月の映画
は、6本。今年は都合52本。体調と気力の減退でやっと6本。昨年比+1、一昨年比△15本
1.パラレルワールド・ラブストーリー 2.ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
3.長いお別れ 4.町田くんの世界 5.メン・イン・ブラック インタ―ナショナル
6.アマンダと僕
1は題名からSFと思い期待しましたが、実際は脳神経科学の人体実験の話。東野圭吾さん原作でそれなりの面白さ。2はアメリカ製のゴジラだけあって、顔がただただ怖い。モスラ、ラドン、キングキドラなど懐かしい。シンゴジラの張り子の子ゴジラやつまらない対策会議などがなく、こちらの方が数段面白かった。続編を示唆。 3の“長いお別れ”とはボケがひどくなり続くこと。山崎努さんがその役、その周りを蒼井優さん、松原智恵子さんが固める。痴呆が入り娘(蒼井優さん)がまだ幼少の時に戻ったとき、また妻(松原智恵子さん)と付き合いだしたころに戻るシーンで、この家族の温かさが。ボケたとひどい仕打ちが多い中、やさしいやさしい作品でした。 4の町田くんの世界は、世にも希な優しい心、純な心を持った高校生のお話し。あいての恋心にもなかなか気づかず、ヤキモキ。主演は無名の役者さんですが、脇は主演級がずらり。
5は、がっかり。このシリーズのびっくりするような展開がなく、なにもメン・イン・ブラックでのストーリーではない漢字。リーアム・ニーソンさんも相変わらずの暗い印象で、これには向いていません。 6は母を亡くした女の子とその若いおじさんとの心温まるお話。映画上ではハッピーエンドでしたが、そのあと一体どうなるのかな?


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事