全体表示

[ リスト ]

2019年7月の映画

イメージ 1

2019年7月の映画
は、7本。今年は都合59本。昨年比+3、一昨年比△18本
1.COLD WARあの歌 2つの心 2.今日も嫌がらせ弁当
3.旅の終わり世界の始まり 4.ザ・ファブル 5.存在のない子供たち
6.天気の子 7.ゴールデン・リバー
1.は冷戦時のポーランドの芸術劇団のスター女優と監督の恋。西側に渡った監督と東に残った女優との東西を隔てた時を経た恋の行方。ラストでは夫も子供も捨てた女優が監督のもとに。監督と西に逃げる約束を守っていれば、東西を隔てた物語もなかったのに。
2.は八丈島の反抗期の女高生と母親の毎日作るアイデアいっぱいのお弁当を介したバトル。ラストは女高生が母親の苦労と気持ちを理解して、東京へ巣立つ。
3.前田敦子さん主演のタジキスタンを舞台にしたロードムービー。当地でのドキュメンタリー番組のレポーターがスタッフとの旅を経て成長する。サマルカンド、タシケントと井上靖先生の西域物で夢をはせた年が舞台なので楽しめた。
4.は稀代の殺し屋が殺しを封じられも、やくざの世界で活躍するコメディー。岡田准一さんが劇中劇の感じで演じるので、演技が演技そのもので繊細さがなくちょうどよかった。
5.レバノンの極貧家庭での子沢山そして法律上の届けを出さなので、“存在しない子供”の話。極貧なので最愛の妹は金持ちに売られ、反発した男の子は当てもなく家出、難民のシングルマザーに助けられたり苦労を重ね、家に帰るが妹の死を知り、その仇を討つ。その裁判で両親を“自分を生んだ罪”で告発。ラストでは知り合いの助けもあり、法律上の身分を獲得してハッピーエンド。
6.は新海誠監督の“君の名は。”に続く作品。雨が降り続く東京を舞台に、家出をしてきた少年と祈った場所での晴をもたらす少女との物語。東京に普通の天候をもたらす代わりに自分の命をささげた少女は、少年の東京は雨が降り続いても良いという強い願いで地上も戻される。これは二人の間ではハッピーエンドだが?君の名は、の時のあのたとえようもない美しい空は少女の祈りで健在、反対に雨が降り続く、暗い世界も描いている。
7.はシスターズと言う名を持った男二人の殺し屋兄弟が、殺すはずの金塊科学者と行動を共に。弟(J・フェニックス)が金を欲張ったために、片腕を失ったりするが、最後は母親の元に戻って、家族で暮らす穏やかなラスト。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事