教室

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

フォーム

イメージ 1

2014年8月18日(月)
 この写真は、世羅高校女子ランナーのインタハイ3000mの際の写真です。
FBで知り合いになりました神田敬州さん提供です。
写真中央が世羅の選手ですが、どうです、素晴らしいでしょう。
キックし終わった左脚はまだ推進力を感じさせ、
前に出た右脚はもう一伸びして、着地寸前にトラックを蹴る動作に入り、
入ったと同時にブレーキを掛けることなく、拇指球部で着地し、
トラックを戻る力でキックします。
 比較しては申し訳ないのですが、No.1番の選手と前に出た二人の右脚、
特に腰部から足首を結ぶ線を比べてみてください。
ブレーキがかかりやすいか、ブレーキが全くなく戻る力で地面をキックするかがはっきり出ています。
ただ、No.1の選手はいったん脚(膝)が伸びきりブレーキ状態になっていますが、すばやい動作でブレーキを避けています。(この写真最後から2番目の選手は腹部がへこみ、上体と脚が、“くの字”状態になり、さらにブレーキがかかりやすくなっています)
とは言え、ここに出ている選手は女子高校のトップクラスですので、“欲を言えば、ここを修正して”と言うところですが。
 日本の女子も、ここまでのフォームで走れることに驚きを感じます。
3000mで8分台は出していないようですが、出ないのはおかしい印象です。
ただ、ラスト勝負(200m、特に100m以内)になった一瞬のスピードは、
フォームが大きくきれいなだけに現状は弱点になるかもしれません。
大きく美しいフォームのランナーはこの点が課題です。
 それにしても、この写真は素晴らしいと思います。カメラマンに拍手ですね。

 昨日のランデポでは、佐々木コーチの不調をかなり感じました。
いつもの腰高で、スムーズに前に膝が出て、遅れて足首つま先が出て、ストライドを稼ぎ、
つま先が出来る寸前に返しに入り、拇指球でブレーキなしに着地と同時にキックに入る、
いつも生徒さんにお手本にしてくださいと言うフォームがかなり崩れていました。
 と言うのは、膝、特に足首・つま先の前に出る強さが弱まり、その代わり上蹴りになっていて、
キックしている割には、ストライドの伸びがありませんでした。
 これは僕も腰の状態が悪いときによくおきます。着地するときに、バタバタ音がしたら、
ストライドが伸びず、上蹴りになり、足が真上から落ちてくる感覚になっていると思ってください。
佐々木コーチに、“今日のフォームは珍しく、いつもの良さが出ていませんね”と声を掛けたところ、
さすがにご自分でも分かっていてすっきりしないと話されました。
休暇中に車の長距離運転が続き、やはり腰がかなり張った状態だそうです。
やはり問題は腰にありました。
 佐々木コーチは若いのですぐ元通りになりますので、これまでどおり、
お手本にしてください。


 白根コーチは逆に調子のよさが見て取れました。
肩−腰−膝裏・踵の線が安定して、腕振りが上手にマッチしていました。
穏やかなキック力も感じられ、スピードは出していなかったのですが、
推進力もスムーズに出ていました。
“今日は、素晴らしいですね”と話しかけたところ、
“昨日までの脚のギクシャクした感じが全くなくなり、
最近、練習を計画的に増やしている効果が出ているようです”と話されました。
 白根コーチは、膝の上がり方は少ないのですが、
天才的にキック(地面を引っぱってくる力)が強いので、
一般ランナーはお手本にしても速く走るのは、とても難しいと思いますが、
安定して長く走ろうと言うランナーには最適です。

佐々木、白根両コーチの共通点は分りますか?
それは、余計な力が入っていないことです。
二人とも軽い感じで走っているでしょう。
余計な力が入ると、腰が落ち、太もも前面の筋肉を使います。
チェックポイントは、太もも前面上部に力が入っていると感じるのが、
着地した時、また、これから地面をキックして後ろに持っていこうと言うときに
力が入っていたら、腰が落ちて、余分な力を使っている証拠です。
後ろへのキックが始まった後に、その部分に力を感じるのならばOKです。


僕は自分のははっきり分からないのですが、他のランナーの調子の良し悪し、
またランナーの特質(トラックかマラソンか)、ランナーの素質と言うものは、
はっきりフォームに現れることを再確認しました。

今日のデポ

イメージ 1

イメージ 2

2014年8月10日(日)
 今日のランデポは、金沢区の金沢文庫駅〜片吹〜京急光の街分譲地
〜能見台〜氷取沢〜金沢文庫をめぐるランニング。
7k×2、9k×2の2コース。
アップダウンがきついコースは、僕の自宅近く。
殆どが、僕の現役時代によく走ったコース。
最初はひどい暑さでしたが、台風の雨・風が暑さを忘れさせてくれました。
きつい練習だったらm途中で自宅へ帰ってしまったかも。
 金沢区は八景島にも近く名所も多いので、このような練習も楽しく
実施できますね。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

2014年8月3日(日)
 今日のアミカナ2014は、デポと合同で8時練習開始。
内容は、8Kペース走(5分休)+3kペース走(5分休)+1kフリー。
会員さんはアミカナ2014とデポの皆さん。
暑い中、給水に気を付けながら、特にラストを走っている会員さんに注意しながら、
走りましたが、ラストの会員さんも設定タイム6分10秒(8k)、5分55秒(3K)を大幅にクリアー。
女性のアミノ会員さんで二人目立ちましたが、お二人ともジョグスパの会員さんとのこと。
また、デポの会員さんはさすがに安定した走りをしていました。
 いつものことながら、会員さんは自分の走力を過小評価。
集団練習の難しいところは。コーチが見極めない限り、特に初心者の会員さんは、
自分の力を安全に安全にと判定します。
 今回の練習の結果を次回の練習に生かしてほしいですね。

 今日のアドバイスは、“疲れてきたら足は前に出すことを考えるよりも、後ろに蹴れ”

マラソン練習の基本」

2014.7.9改訂
マラソントレーニングの基本

1.毎日練習
 〃邊崛躓離の確保:カロリー消費増による体脂肪の低減
 筋肉疲労の除去・・・週2日は積極的休養として40分くらいのジョグを行なうこと(その日はジョグのみ)により血液の流れを活発化し、疲労素を除去する。特に強い練習、レースの翌日には努めてジョグを行なわなければならない。
2.1日2回練習
(2回練習といっても、1回目の練習は本練習ではありません)
 )槊習の効率化:1回目の練習(ジョグ)により筋肉・関節の動きを良くする
 ∩案からの疲労のチェック、故障の防止・・・早朝ジョグにより筋肉の状態をある程把握し、状態が悪い場合は当日の練習計画の変更を行なう。また筋肉を一度温めることにより筋肉・関節の動きを滑らかにし、本練習への導入をスムーズにし、練習の効率化とともに故障の防止を図る。
3.スピード・持久力・積極的休養の組合せ
 〇藩僂垢覿敍部位の違いにより集中的な筋肉疲労を防ぐ
 ¬槁献譟璽垢紡个掘△修譴茲蠶垢さ離を走ることによる持久力の確保、それよ  
  り速いスピード練習による記録短縮の可能性の向上
 40〜60分ジョグにより筋肉疲労を軽減し、関節の動きを滑らかにすること。反対語が完全休養
4.練習内容(組合せ、距離、スピード)のシーズン制
 ’間最大目標にあわせ練習内容をシーズンに分け変化させる
 ■粥腺況遏Д好圈璽秒羶(例:朝8kジョグ、昼8000m変化走(または夜1000m×5~7、月最大距離650k))7〜8月:持久力オンリー(月平均900〜1000k。毎週50k走×1)、9月:スピード中心(1000m×5〜7、5000mTT等、月最大距離650k)、10〜11月:ペースの確立(10月毎週フルペース走×1=2時間40〜48分、11月20k以上レース出場。月最大距離750k)12〜3月:レース期間・・このように組み立て走力全体のバランスを向上させる。
5.個人別に重点練習は異なるので画一的トレーニングはマイナス面も出てくる。
この考えを基本として考えています。・・・スピード系、スタミナ系と長距離ランナーには特徴があり、また得意な適した練習があります。それがやる気の向上、故障の低減延いては記録の向上につながります。従って、大学生等ある程度の人数で練習する場合、20,000mペース走等ポイントになる練習、また両者の接点になる練習は、特にグループ分け(持ちタイムでのグループ分)は行ないませんが、インタバル、持久走の場合グループ分けを考え、練習内容・強度をより適したものにするよう検討します。
特に市民ランナーで一段上の記録を目指す場合は、長所を伸ばす練習に重点を置いた方がベターと考えています。
6.積極的休養について
  毎日走り、高度の練習を繰り返す選手は筋肉疲労の軽減のために、ジョグをし   
  てマッサージ効果を得る必要があります。出来れば通常の練習の走りと、着地・リズム・キックを意識的にはかり、リフレッシュ効果をより多くすることを頭に入れます。
以上

イメージ 1

2013年6月23日(日)
 今日は、アミノバリュー神奈川、本年度初日。
デポの皆さんには物足りなかったかもしれませんが、
初日から3時間走。もちろん自分の状態に合わせて、
1時間〜3時間の間で、自分の状態に合わせて走っていただきました。
 僕のチームは11名。8分/Kで3時間走でした。
それにしても、皆さん凄い。2時間はもたないだろうと考えていましたが、
11名中、5名が3時間を走りきりました。
それも僕かから見て、余裕がありました。
スタミナも驚きですが、70歳の男性の生徒さんは、
とても素晴らしいバネを持っていました。
少々体重が重めの男性もゆっくりペースになのに、
大きなストラドで走りきりました。
最も若い女性も、もうダメかなと思いましたが走りきりました。
頑張りすぎかな?
デポの生徒さんでもある女性は素晴らしいリズムを持っていました。
もうひとりデポの生徒さんも足を痛めながらもしっかり走れました。
こちらは今日のアミノからの生徒さんですが、腕振りを胸の前で交差する腕振りで、
うまく全景して、うまく前進力を引き出していました。
あと、女性ランナーが3人でしたが、みなさんしっかりした走りで、
このまま走りを継続していくだけでOKです。
特にK林さんの走りは良かったですね。脚の運びももちろん良いのですが、
腕振りでリズム、全新緑を生み出し、これほど腕振りが綺麗な人も珍しいという印象です。

 初日から3時間走は厳しかったとは思いまが、
また来月、一緒に走りましょう(#^.^#)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事