敬応学園幼稚園オフィシャルブログ

入園案内など情報を発信しております。

よくある質問

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

よくある質問

入園に関するQ&A
イメージ 1



Q 3年保育で入園を考えていますが、まだおむつがとれていません。入園までに取れるか不安です。

A 年少児は一応おむつがとれていても、そそうをしてしまうものです。それが当然と考えています。毎年おむつをしたまま登園される方がありますが、自然と取れていきます。年長児の様子を見ていっしょにお手洗いに入って真似たり、促されてクラスの友だちと行くことで、刺激を受けて自らお手洗いでしようとする姿も見られます。それが集団生活をすることから得られる効用です。無理に外そうと焦ったり、そそうを叱ったりすることが失敗の原因にもなります。又汚されては困るという惰性からさせたままという場合もあります。焦らず、失敗を恐れず、気にしないことでいつの間にかすんなり取れるものです。


Q 入園前の面接で落とされることはあるのでしょうか?

A ありません。面接を行うのは主にクラス編成をする上で、同じクラスに同じタイプの子どもさんが集まらないようにする資料程度です。これも年少児は月齢にもよりますし、面接後半年間での成長も著しいものがあります。参考程度のものですので、なまえが言えない、返事をしないといって気にされることはありません。

Q アレルギー体質で食事制限がありますが、給食で対応してもらえるのですか?

A アレルギーやアトピー体質で食事制限といっても、個人差のあるものですので4月当初に申告していただいております。食べてはいけないものを翌月の献立表からチェックしていただき、除去していただくケースもあります。当園では、ご飯給食の場合はご飯の量を個々に調整ができますので、どのような方法が最良かを保護者と担任の相談で決めています。

Q 近くにバス停がないようですが、来年度は来てもらえるのでしょうか?

A バスルート地図をご覧いただき、近くにない場合はご相談ください。

Q バスに乗っていたのですが徒歩に変わってもいいのでしょうか?料金はどうなるのでしょうか?

A バスを利用される方は1年契約になり、途中で止められても利用料はお支払いいただくこととなりますのでご了承ください。途中よりバス利用されたい方は申し出てください。乗られる月よりお支払いしていただきます。
Q 通園バスが近くを通っていないのですが、直接送迎してもよいのでしょうか?

A 保護者が送迎の場合、8時30分〜9時30分の間に登園してくだされば、差し支えありません。お迎えは、降園時間から15分以内にお越しいただければ結構です。

Q 仏教園としての特色は?

A 当園は浄土真宗本願寺派の仏教園として誕生し、宗教的環境を大切にしています。幼い時より、人に感謝する気持ちや、よいこになろうと努力する子どもさんを育てることが願いです。我々が今ここに生きているのは、多くの「いのち」をいただき、多くの「いのち」に支えられてのことあり、親やまわりの人々 そしてもののお陰で自分があることを知ることはとても大切なことです。静かに手を合わせる素直な気持ちを育てたいと考え、園では朝の仏参を行っています。5月のはなまつり・11月の敬応寺へのお参りを行事の中にも取り入れています。普段の保育では、「ありがとう」「ごめんなさい」が素直にいえるように指導しています。毎月のお誕生会では<人間に生まれてよかった>と感謝の気持ちで、お祝いをします。

Q グランドや会館を借りての運動会や発表会を行わないのはなぜですか?

A 行事はあくまで通過点、普段の保育の延長線上にあるという基本的な考え方から、特別な場所や豪華さではなく、子どもさんの経験活動の積み重ねによって導き出された日々の活動を、ありのままに見ていただくという気持ちで取り組んでいます。子どもさんが主体的に楽しく活動している普段の園生活を発揮するのは、慣れない広い会場やグランドで不安な状態に置かれるよりも、日ごろ使い慣れた場所で行うほうが ずっと本来の力を発揮することが出来るのです。保護者の立場で広い場所をというよりは、子どもさんの輝きを失わずにできる場所をと考え、すべて当園で行っています。

Q お茶のおけいこがあると聞きました

A 日本人であるわたしたちですが、和室の作法を知らない、畳の部屋がない家庭の子どもさんが、近年増えています。園内のお茶室で、年少・年中は簡単なマナーを身につけます。敷居や畳の縁を踏まずに歩く、きちんと正座し挨拶の仕方を知るなど、静かに話を聴き心を鎮めてお茶室の雰囲気を味わっています。年長になると簡単な茶道の手習いに入ります。それまでに身に着けた基本のおかげで、スムーズに稽古され 他の時間でも落ち着いて物事に取り組めるというよい点がたくさんあります。


Q 天然木(無垢材)の床の効果は何ですか?

A 木は人にやさしく安全で快適な環境を作り出すパワーを持っています。当園では、床材に赤松や桐を用いています。天然木は調湿作用があり、空気をきれいに快適にたもつことができます。そのため夏さわやかで、冬はほんのりとした温もりを感じることができます。またダニ、カビ、細菌類の増殖を抑え、アレルギーや喘息の原因であるダニにも効果があります。子どもさんがよい環境下で過ごせるようにと選ばれた床材で、快適に過ごしていただけます。

Q 役員会はあるのですか?

A 本園は以前、母の会という役員会を組織して、1年間活動していただいておりましたが、近年は一切廃止しております。一部のお母様方の負担も大きく、してくださる方を選出することも大変だったからです。その代わり行事ごとにお手伝いを必要とする場合は、そのつど募ってお願いしております。7月の夏祭り、10月の運動会、11月のバザーなどがそれにあたります。年度によっては、お手伝いをいただかずに済む行事もあります。お声がかかりました折には、積極的なご協力をいただきたいと思います。

この記事に

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事